BLOG, フランス蚤の市, 雑記

蚤の市日記 2020/02/02

このところ、毎週日曜日が雨の予報ですが蚤の市が開催される限り足を運んでいます。
体の芯から冷える冬の雨の日は気分的にもどんよりしてしまいますが、それでも巡回してきました。
雨の日に傘をさしての買い付けはなかなか見づらいものです。
売主側も濡らしたくないためか、商品少なめです。
それでもなぜか休む気になれないのは、そんな中でもなぜか良品との出会いがある(かもしれない)からです。

2月になり、日の出時間がだんだんと早くなってきました。
12月は夜明け前の出動でしたが、同じ時間でも2月はようよう明けゆく空、といった感じです。
バス停でバス待ち時間に、向かいのキオスクの写真を撮るのが、なんとなくの習慣となってます。

毎週日曜日の同じ時間にバスを待っていると、同じ面子を見かけることもあります。
中には行き先が同じ人たちもいて、蚤の市会場でいつもバス停であう人と出会ったりするとちょっと親近感を覚えます。
また、毎週必ずいるおじさんがたまにいないと、風邪でも引いたのかな?と心配になったり。

雨の蚤の市。
小雨程度なら気にせずに、露天は開きます。
この日は小雨から本降りに、雨脚が強まり早々に撤収するスタンドが多く。
お天気ばかりはどうしようもありません。
仕方がないとはいえ晴れの引き寄せを持ち合わせていない事に悔しさを覚えたり。

ちらほらと、パラソルを広げて営業していたスタンドも雨が本降りになり続々と撤収されていきます。
いつもは「雨の蚤の市には福がある♪」と公言してる私ですが…
今日ばかりは収穫がほとんどないまま、一回りの巡回を終えてしまいました。

しかし、せっかく出向いたのでなじみ店の店主の顔でも見ていくことに。
レース屋のマダムのお店はアーケード内の屋根ありスペースなので雨でも安心です。
新着品を尋ねたものの3枚だけしかないと言われがっかりでしたが…
しばらくおしゃべりしてるうちに「あ!そうだわ」と思い出して持ってきてくださった小さな箱の中にはフリルのかわいらしいチュールレースがざくざくと入っていました。

収穫なしかと思いきや、思わぬ出費でレース屋を後にしたのでした。

雨の日も地面にディスプレイ。
商品の取り扱いが残念極まりない。
それでも、この適当さが蚤の市の良いところなのかもしれません。

雨脚が強まり、多くの店が撤収となったため、私も早めに帰宅したのでした。
雨の日の蚤の市。
福があるという持論に変わりはありませんが、じんわりと濡れて冷え切った足先で、ちょっとせつない帰路なのでした。

来週は晴れるとよいな…
とみた週間天気予報、次週も日曜日は☂マーク涙。

2020-02-03 | Posted in BLOG, フランス蚤の市, 雑記Comments Closed