商品紹介

新着アンティークメダイ&ロザリオ

春ですね。
ここ、フランスのリヨンではイースター休暇の真っ最中。
時折お天気がかわるものの、青空の広がるいいお天気で初夏のような陽気です。

さてさて、そんな中銀色アンティークは新商品をUPしております。
今回はアンティークメダイとアンティークロザリオ。
各18点ずつと、まぁまぁの見ごたえです。

特にロザリオはメダイパーツやクロスパーツが純銀製のものが多数あり上質ぞろいですので、写真を眺めるだけでも是非どうぞ♡
銀色アンティーク WEB SHOP

ROS084-2ROS087-2 ROS079-5

ROS092-3 ROS089-4 ROS091-1

ロザリオは仕入れの際にすてきな色合いのもの、純銀パーツのものなど選りすぐっているのですが、理想的なお品に出会えるのはなかなか難しかったりします。
カトリック信者が祈りをささげるための道具ですので、数珠のように持つのが本来の使い方。
なので、ネックレスのように使おうと思っても頭が通らないサイズのものがあるのです。
とっても素敵なパーツでお手頃価格であっても、頭が通らなければ使いづらいのではないか…と仕入れをあきらめた良品もこれまで何点もありました。

そして試行錯誤する事、数年…
せっかくの良品をあきらめるのはもったいないと、首を通らないサイズのものも仕入れることに。
代わりに、留め金を加工して取り付けるサービスを始めました。
元々完成されたロザリオを一か所分解して取り付けることになります。
取り付けをご希望されない方もいらっしゃると思いますので、ご注文の際に備考欄に「留め金の取り付け希望」と記入していただきまして、承ってから加工をさせていただきます。
ロザリオをご購入いただいた方には無料で取り付けをサービスさせていただきますので、どうぞお申し付けくださいね。

000a

きらきらと涼しげに輝くクリアカラーのガラスパーツのロザリオは夏に向けてぴったりのアイテムです。
ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

銀色アンティーク WEB SHOP

 

プチポワンアンティークがまぐちバッグ

蚤の市の片隅でひっそりとたたずんでいた小さなバッグ。
一目ぼれしたのは言うまでもありません。

mo200b

プチポワン (Petit Point) (プチポアン)は刺繍の一種。18世紀のウィーンで編み出された技法で、拡大鏡を使用して手刺繍で 1 平方センチあたり 121-225 目のテント・ステッチ(ハーフクロスステッチと似ており、布地の裏に多く糸を渡して刺す技法)を施した物をさす。
目が細かいことから、通常のクロスステッチと異なり、絵画的な表現を行うことができる。ウィーンの伝統刺繍だが、近年では、安価な韓国製機械刺繍のものが多く出回っている。
マリー・アントワネットをはじめ、ハプスブルク家の女性たちが好んだと言われている。 by wikipedia

 

一センチ四方のステッチ数に定義があったりするのですが、最近では小さな刺し目でステッチされたこのようなスタイルのものを総称してプチポワンと呼ぶことも多いようです。

mo200c

留め金の細工も美しく手が込んでおります。
古びた金属の色合いが味わい深く、見れば見るほど魅力的。

mo200d

内部は内ポケットがついており、実用的にも便利です。

 

mo200e

使い込んだ風合いが温かみを出しているように思います。
どことなく古風な懐かしさがたまりません。

mo200f

くすんだ色合いもアンティーク感があふれていて素敵。
鮮やかすぎないのが大人びたセンスの良さを醸し出しています。

mo200g

細かいステッチ。
隙間なくびっしりと刺されています。

mo200a

チェーンがついた使いやすい形。
見ているだけでも楽しいですが、せっかくのなので実用的にお出かけに連れて行きたくなります。

柔らかな色合いやノスタルジックな雰囲気は和装にも違和感なく合いそう。
むしろ和服にこそぴったり似合いそうな気もします。

何でも売っている時代になりましたが、この時代を超えた手仕事のワザと、歴史が作り上げたアンティークの風合いだけは新品では表現しきれないものだと思います。

プチポワンアンティークがまぐちバッグ [#mo200]

ちなみにクロスステッチを刺すのは私の趣味の一つでもありまして…
無料で公開されている素敵なチャートをWEB上で取集するのが楽しみです。
一生かかっても刺しきれないほどのたくさんのチャートをすでに集めていますが、それでもまだまだ日課のように探しています(笑)
もし私がプチポワンを刺すのであれば…このようなチャートが素敵だな…と選んでみました。

Gallery.ru / Фото #30 - 63 - uni4ka

Berlin work floral pattern

(1) Gallery.ru / Foto # 34 - 237 - miroslava388 #cross stitch #Afs 5/5/13

無心になって升目を埋めていくように刺す刺繍は、はまる人にははまります。
そして自分でやってみると、小さなバッグを作るのにどれほどの手間と時間が費やされたかを考えずにはいられません。

2015-03-06 | Posted in BLOG, 商品紹介No Comments » 

 

アンティークアクセサリー、新着です。

今年2度目の新商品はアンティークアクセサリーです。
小出しになってしまいますが、準備が整ったものから随時ご覧いただくスタイルにしております。

ACC219-1 ACC220-2 ACC221-4

今回のアクササリー、特徴としましては指輪が3点なかなかの輝きでそろっております。
上の写真中央はチェコスロバキアの刻印が内側に刻まれております。
今は存在しない統合時代の国名が記されたものをコレクションしている蒐集家さんが世界中で増えてきているそうです。

ACC227-1 ACC228-3 ACC229-2

そして、このようなブロンズカラーの丸いものが3点も、偶然ですがそろいました。
このような整然としたデザインのものが個人的に好きな私。
おそらく、無意識のうちに集めに入っていたのでしょう…
これは左と真ん中はブローチ、右はペンダントトップに改造されています。
控えめな輝きで上品な雰囲気を添えてくれるお品です。
この3点、今回の推し商品です♪

ACC231-2

そしてそして!
今回の一番目立っているお品は何と言ってもこちらのペンダントトップです。
ブロンズ製でト音記号を象った曲線がなんとも気持ちの良い弧を描いています。
アンティークのアクセサリーではありそうでなかったモチーフ。
古びた風合いと共に個性的で、目立つこと間違いなしです。

アンティーク商品は全て一点もの。
気になるアイテムを見つけられたらどうぞお早めに。

お買いものは銀色アンティークWEBショップからどうぞ。

 

アンティークボタン、新着

2015年最初の新着商品はアンティークボタンです♪
銀色アンティークの原点に返り、心ときめくボタンを取り揃えてみました。

B795-1 B793-2 B788-1
B791-1 B790-1 B789-1
B785-1 B781-3 B782-4

セット商品が中心で、15点UPしています。

希少なパリスバックやメタルのユニフォームボタン、可愛らしいガラスボタンなど…
世界のコレクターさんにも人気のものばかりです。
これらは、蚤の市に足しげく通い少しずつ少しずつ集めたもの。
お手に取ってご覧いただけないのがとっても残念なくらい、写真以上のときめきをお届けできる自信があります。

私のおすすめベスト3

第3位 メタルボタン7個セット 
B793-2

シンプルに「S」の文字がデザインされた真鍮ボタン。
何かの制服についていたものだと思われますが、とにかく潔い雰囲気がたまりません。
男性でも違和感なく身に付けていただけます。

 

第2位 メタル・ガラスボタン6個セット
B785-1

メタル&ガラスボタンのアソートセット。
一つずつ種類の異なるボタンをセットにしたのですが、これが6個ともはずれナシのかわいらしさ。
全てがメイン商品です。
どれも1センチに満たない小さなミニチュアなボタンです。

 

第1位 メタルボタン3個セット
B782-4

上品な銀色と細工の繊細さ、立体的なフォルム…
どこをとっても文句の付けようがなさそうな、19世紀のアンティークボタンです。
細部まで手を抜いていない装飾。
このボタンを見ていると当時の貴婦人が着ていたドレスが思い浮かんで来るような気がします。
まるでジュエリーのような素敵なお品です♡

 

銀色アンティークの原点ともいえるアンティークボタン。
ショップを始めた当初はもう少しチープでかわいらしいヴィンテージものが中心でした。
カラフルな樹脂ボタンやおばあちゃんのお洋服についていそうなレトロなボタンなど。
そして月日は5年流れ…
仕入れに通う日々の中で目も養われてきました。
皆さまに「やっぱりフランスのアンティークは違うな…」と納得していただけるものをお届けしようと頑張っております。

お買いものは ↓ こちらからどうぞ♪

¥25,000以上のご購入で卸売販売いたします。

 

蚤の市と冬の生牡蠣

とある日の蚤の市…
少しずつですが納得のいく仕入れができて大満足。
19世紀の刺繍布、ブロンズ製のアクセサリー、銀のお皿、宮殿風のタッセルetc…

g_antique04 g_antique05 g_antique g_antique03

 

そしてそして、お楽しみはその後です。
Les Halles de Lyon で牡蠣を食べよう♪ の集いに行ってきました。

Les Halles de Lyon は食の都リヨンの胃袋とも言われる屋内市場。
一年中美味しいものが並ぶ名所です。
特にこの季節はノエルのごちそうのために買い物に訪れる人々でにぎわっています。

ここで、冬ならではの美味しい生牡蠣を市場価格で味わえるとなっては美味しいものの噂に敏感なフランス人たちが押し寄せないわけはありません。
行列に並び、私たちもしっかりと堪能してきました。

日曜日も開いており、蚤の市帰りに立ち寄れるが嬉しい、市場グルメなのでした。
Photo : 友人撮影

 

 

2014年11月の新商品をUPしました

お待たせいたしました、新商品のお知らせです。

201411

アンティークレース、アンティークパーツ、アンティーク雑貨、アンティークメダイ等、約50点です。
今回は珍しく革のバッグなどを扱っております。
また紙モノとしまして、書庫でも人気のファッションプレートと古いカタログが目玉です♪
どれも一点モノですので、気になる商品を見つけられた場合はお急ぎくださいね。

お買いものはこちらから⇒銀色アンティークWEBショップ

 

1800年代のファッションプレートは11月18日より開催のLa vie en France Ⅱの会場でも数点置いております。
大変人気のアイテムですので、蒐集されている方はお早めに!

CCF20141018_00000

 

La vie en France Ⅱ1800年代のファッションプレート

来週18日火曜日から始まるLa vie en France Ⅱ。
今回ご提供する紙モノのいちおしは、1800年代のファッションプレートです。
本当は、自分のコレクションにしておきたかったお品です(笑)
庭園やサロンで語らい合う貴婦人たちの優美なドレスやファッションが当時の様子を伝える貴重な資料でもあります。

 

dl003-06 dl003-02

dl003-04  dl003-01

dl003-05

 

現地でも探せば探すほど状態の良いものが見つからなくなってきているファッションプレート。
実物を手に取ってご覧いただける絶好の機会ですのでぜひLa vie en France Ⅱに足をお運びくださいませ。

CCF20141018_00000

 

 

2014-11-15 | Posted in BLOG, 商品紹介, 銀色ニュースNo Comments » 

 

La vie en France Ⅱ 希少品ロザリオパーツ

来週18日(火)より、いよいよ始まります、La vie en France Ⅱ。
銀色アンティークがご提供するアンティーク商品の中から、今日は希少なロザリオパーツのご紹介です。

IMG_7922

蚤の市の片隅でこのロザリオパーツを見つけた時には、一人秘かに心が躍るような気分になりました。
1930年頃に製造されたロザリオ用のガラスビーズです。
形が少し不揃いだったりするのも当時のお品ならではと思えば愛着がわいてきます。

お写真はピンク系ですが、その他ボルドー系、クリア&ホワイト系のものをご用意しております。
アクセサリーを作られる方や古いパーツをお探しの方はぜひ足を運んでご覧ください。
※こちらの商品は後程ショップサイトでも販売を予定しております。

 

 

IMG_7921

きらきらと輝きすぎず、落ち着いた風合いのガラスビーズ。
なかなか手に入らない希少なお品ですのでご興味のある方はぜひLa vie en France Ⅱに足をお運びください。

また、遠方でお越しいただけない方は当ショップにお問い合わせください。
お問い合わせ

CCF20141018_00000

 

La vie en France Ⅱ レース類が豊富です

来週から始まるLa vie en France Ⅱで銀色アンティークがご提供する商品のご紹介です。
今回もレース類を中心にお届けする予定です。

IMG_7934

ハンドメイド材料に最適な古いテープレース。
デッドストックのもの、古いドレスの裾を大事に取っておいたものと様々なストーリーを持った可憐な佇まいのものばかり。
現行品にはないくすんだ色合いとくったりとした手触りを、是非実際に手に取ってご覧ください。

 

 

IMG_7935

レースのリネン類もございます。
どなたかのお嫁入り道具に丹念に手刺繍されたものや、現代では見られない細かな手仕事に心が惹かれます。
古いものですのでピカピカの新品としては使えませんが、使い込んだしなやかさやほころびもまた味わいです。

 

 

IMG_7936

IMG_7937

 

CCF20141018_00000

2014-11-11 | Posted in BLOG, 商品紹介, 銀色ニュースNo Comments » 

 

La vie en France Ⅱの商品が到着しました

今月18日より開催されるLa vie en France Ⅱ用の商品が無事に日本に到着しました。
レース類はもちろん、アクセサリーやがまぐちバッグ、ロザリオビーズパーツや紙モノ等々。

img01

今回、希少な1930年ごろのロザリオパーツをプチプライスでご提供しています。
アクセサリー作りをされる方に一度使ってみてほしいアンティークガラスビーズです。

この他にも、自信を持っておすすめできる紙モノも充実してます。
後程詳しくご紹介させていただこうと思っています。

CCF20141018_00000

ワークショップなども充実したイベントです。
詳しくはこちらで♪

2014-11-04 | Posted in BLOG, 商品紹介, 銀色ニュースNo Comments »