BLOG

アンティーク古着、どうでしょう?

量産された洋服が友人や職場の同僚、たまたま電車の同じ車両に乗り合わせてた見知らぬ人などとかぶってしまい、なんとなく気恥ずかしい思いをすることってありますよね。 (さらに…)

2018-10-12 | Posted in BLOG, 雑記Comments Closed 

 

大判リネン・レース類

このところ大判アイテムが大人気。
貴重な大判レースはもちろん、ひんやり気持ちの良い肌触りの大判リネンクロスも多くリクエストいただきます。

ヨーロッパでは大昔から愛用されてきたリネン。
下着からおしゃれ着、装飾用の高価なレースも古いものはリネン素材のものが珍しくありません。 (さらに…)

2018-09-25 | Posted in BLOG, アンティークレース, 銀色ニュースComments Closed 

 

9月、フランスの新学期に気持ちを新たに

今年も新学期が始まりました。
長い夏休暇のあと、通常のリズムに戻るのはなかなか大変ですが気持ちを新たに勤しみます。
年度が変わったり新年にはついつい目標を掲げてしまうのですが… (さらに…)

2018-09-22 | Posted in BLOG, 雑記Comments Closed 

 

2018/11/13-18 La vie en France Ⅵにご来店ありがとうございました。

※このイベントは終了しました

今年もLa vie en FRANCE の季節が近づいてきました。

6回目を迎えるこのイベントがまた11月に開催されます。
銀色アンティークのライフワークにもなってきた秋の楽しみの一つです。 (さらに…)

2018-09-21 | Posted in BLOG, 出店(委託)履歴, 銀色ニュースComments Closed 

 

2018/09 卸売利用規定改正のおしらせ

この度、利用規定を改定することになりましたのでお知らせします。

これまで、商品代金25000円以上のお取引を卸売割引の対象としておりましたが、このたび商品代金30000円以上のお取引が対象と規定改正させていただきます。

蚤の市価格に近いお買い物をご提供できればと思い運営しておりますが、かねてからの仕入れ価格の高騰により苦渋の決断となりました。
いつもご贔屓にしていただいております皆様に感謝と共に、ご理解をお願いいたします。

なお、割引率などはこれまで通り変更ありません。
初回の卸売お取引-15%、二度目以降の卸売お取引からは-30%です。

2018-09-01 | Posted in お知らせ, 銀色ニュースComments Closed 

 

【終了しました】京都ル・マルシェいよいよです

※こちらのイベントは終了しております。
ご来場ありがとうございました。

三連休の中日、7月15日日曜日に京都ルマルシェへ参加します♬

アンスティチュ・フランセ関西で、パリ祭と合同開催される、フランス🇫🇷好きにはたまらない夏の風物詩のお祭りです。

フランスでも各地で花火が上がりお祭りムードので盛り上がりますが、京都も負けてはいないようです! (さらに…)

2018-07-13 | Posted in BLOGComments Closed 

 

少年たちのレースファッション

凝ったデザイン、上質のレースで飾られたドレスをアンティーク市で見かけると「お!!」と胸が高鳴りますが、 (さらに…)

2018-06-17 | Posted in BLOG, 雑記Comments Closed 

 

刺繍のお勉強 コーネリー刺繍

刺繍はクロスステッチくらいしか経験がないにもかかわらず、毎日素晴らしい手仕事の技を眺めているうちにだんだんと「目年増」になってきました。

今日は自分で刺す方ではなく、ステッチの呼称と用語、違いについてのお勉強。
お題は「コーネリー刺繍」です!
(さらに…)

2018-06-11 | Posted in BLOG, 雑記Comments Closed 

 

マドモワゼルの夏の装い

夏が近づくと、バカンスの計画を立てそわそわと浮足立つのは今も昔も変わらないようで…
1872年7月21日(日)発行の「RENUE DE LA MODE」にはお嬢様の夏の装いの最新情報が載っていました。 (さらに…)

2018-06-04 | Posted in BLOG, 雑記Comments Closed 

 

レースのパニエ、収納も簡単♡

蚤の市の片隅で丸いドイリーのようなレースを見つけました。
テープブレードを使って作られた、いわゆるバテンレースのような、ぱりっとした手触りのレースです。
レース自体はよく見かけるタイプでさほど珍しさはなく、年代もやや新し目。
アンティークというよりもヴィンテージの域を出ない比較的現代に近いものです。
スルーしそうになりながらも、桃色の裏布のようなものがついているそのレースにがなぜか妙に気になり、手に取ってみました。 (さらに…)

2018-05-21 | Posted in BLOG, アンティークレース, 雑記Comments Closed