BLOG

2019/08/03-04 豊中の隠れ家、イグレックマニで展示販売します♬

夏休み恒例になってきました、出張銀色アンティークです。

8月の3日(土)、4日(日)の二日間、豊中の隠れ家ショップ、イグレックマニさんで展示販売させていただきます。

今回もアンティークレースを中心に、アンティーク古着などを準備させていただきました。

半額のセール商品もありますのでお楽しみに♬

今年もアンティーク好きの皆さまとお話できるのが楽しみです!

期間: 2019年8月3日(土)、4日(日)
時間: 11:00〜17:00
場所: イグレックマニ
アクセス: 阪急宝塚線 豊中駅から徒歩5分
(北改札、9番出口出て高架下を進む方向)
住所: 大阪府豊中市本町2-5-29

2019-08-01 | Posted in BLOG, お知らせ, 出店(委託)履歴, 銀色ニュースComments Closed 

 

蚤の市で宝箱に出会う法則

早いもので、今年で10周年を迎える銀色アンティークです。

10年間の間に、イベント参加や委託販売、夏休み中の店舗販売などなど…マイペースに楽しみながらの発展がありました。

アンティークファンの皆様に支えられての10年間でしたが、蚤の市の仕入れで出会った骨董商の人々との交流も印象深く心に残っています。

この度、10年の節目というわけではありませんが、蚤の市でのエピソードを綴った電子書籍(kindle)を出版させていただきました。

「蚤の市で宝箱に出会う法則」というタイトルで、アンティークディーラーさんとの駆け引きや、交渉術を中心にあれこれと思うことを書いています。

よろしければ、Amazonストアよりご覧くださいませ。読んでいただいた方にはレビューを書いていただけたらとっても嬉しいです♬

蚤の市で宝箱に出会う法則: 銀色アンティークのブロカント日記

2019-07-21 | Posted in BLOGComments Closed 

 

2019/07/13〜08/16 北堀江シャムアで「フランスのアンティークレースとアクセサリーと古道具展」開催中です♬

大阪北堀江の雑貨屋さんシャムアさんにて、アンティークレースの展示販売させていただいています。

シャムアと言えば、若かりし頃よくかわいい雑貨を求めて立ち寄らせていただいた、懐かしい思い出がよみがえるお店でもあります。

カフェ🍰☕️スペースのあるお店の上階に秘密?!の小部屋があり、可愛らしい展示スペースになってます。

小部屋におさまりきれないくらいたくさんアンティークレースを持ち込んだつもりですが…

ありがたいことに初日からたくさんの方が見にきてくださって、開催三日目ですでに追加させていただきました!

レースの端切れは大変お手頃価格にてご覧いただけます♬それ以外にも大判のリネンやアンティーク古着もたくさんです。

地下鉄四ツ橋駅Ⓜ️からすぐ、北堀江の大変便利な場所ですのでお買い物のついでなどに、ぜひお立ち寄りくださいね💝

余談ですが…

シャムアさんのカフェスペースでは夏限定の桃のタルトを味わっていただけます🍑

みずみずしく何度でも食べたくなるやみつきスイーツで、私も在店の際はこれを楽しみにしています。

ぜひ遊びに来てくださいね♬

フランスのアンティークレースとアクセサリーと古道具展

2019/07/13〜08/16

12:00〜19:00 日曜日定休日

北堀江 シャムア 大阪市西区北堀江1-6-4 欧州館3階(展示スペースは上階)

06-6538-9860

 

2019/07/24~09/01 わくわく!素材蚤の市にアンティークレースをお届けします。

2019/07/24(水)から鎌倉のアトリエショップ葉っぱ小屋 さんで「わくわく!素材蚤の市」が開催されます♬

大人気のアンティークレースセットは今回も大・小をご用意しております。
小さなモチーフや、希少性の高いポワンドガーズレースの端切れもお手頃価格でご用意できそうですので、アンティークレースファンの方はもとより、ちょっと興味がある方にも楽しくご覧いただけるかと思います!
お近くの方はぜひ遊びに来てくださいね

「わくわく!素材蚤の市」07/24〜09/01 (委託販売)

葉っぱ小屋
鎌倉駅西口 左へ100歩(御成通り)
11:00〜18:00 火曜休、不定休
8/11(日)~20(火)はお盆休みですが、常設スペースで素材蚤の市の商品もご覧いただける予定です

2019-06-12 | Posted in BLOG, お知らせ, 出店(委託)履歴Comments Closed 

 

カットワーク刺繍の地道な道のり

大判のクロスや手ごろなサイズのリネンマットでよく見かける技法、カットワーク刺繍。

布地にボタンホールステッチで模様を描き、囲まれた部分をカットしてレースを作り上げていく手法です。

想像しただけでも時間と手間がかかりそうなこのカットワーク刺繍ですが、いちど自分でチャレンジしてみた経験がある私。

ほんの簡単な、単純な小さな山を仕上げることすら出来ませんでした。ステッチの不揃いさに嫌気がさして途中放棄したわけです。

そんな途方もない時間と技術が必要なカットワークレースですが、時折作られた方が途中で挫折したのかと思われる作品を見かけます。

かつての私のように刺繍自体が途中で放置されているもの。刺繍は仕上がっているのにカットを途中で止めて放置したようなもの。

後カットするだけなのに…と言う状態のカットワーククロスを見かけると密かに心がワクワクします。

せっかくの刺繍を台無しにしてしまわないようにそーっと丁寧にカットしていく楽しさは、カットワーク経験者にしか味わえないものかもしれません。

これがもし、自分で刺繍をしたものであればその楽しさは倍増したことだと思います。しかし技術の足りない私はどなたかがしてくださった刺繍部分をありがたく引継ぎカットの楽しさだけを味わわせていただいてます。

カットするだけでも、不慣れだとなかなか進まず…

いつの日か私もステッチから自力で大作を完成させることを夢見ています♪

2019-04-29 | Posted in BLOG, アンティークレースComments Closed 

 

2019/04/24~ 葉っぱ小屋「手仕事市」にご来店ありがとうございました

こちらのイベントは終了しています。ご来場ありがとうございました。

2019/04/24(水)から鎌倉のアトリエショップ葉っぱ小屋 @happa_coya さんで「手仕事市」開催です♬

大人気のアンティークレースセットは大・小をご用意しました。
またかわいらしいレースモチーフなど、手仕事のアイデアが膨らみそうなお品もお届けする予定です。
お近くの方はぜひ遊びに来てくださいね

「手仕事市」04/24〜 (委託販売)

葉っぱ小屋
鎌倉駅西口 左へ100歩(御成通り)
11:00〜18:00 火曜休、不定休

2019-04-12 | Posted in お知らせ, アンティークレース, 出店(委託)履歴Comments Closed 

 

アンティークレースコレクションを懐かしむ

商品の写真を日々大量に撮影するため、写真整理は半分趣味のような日常ワークとなっています。
過去の写真を見ると懐かしく、つい一枚一枚じっくりと見てしまい作業が進まないのが難点ですが…
とても楽しいつかの間のトリップです。
子供が赤ちゃんだったころの写真を見る感覚に似ています(笑)

de462b.JPG mo091a.jpg mo104a.jpg

de430b.JPG de422b.JPG de391b.JPG

de385a.JPG de377b.JPG de1786a.jpg

de1863a.jpg

レースファンの皆様は年々目が肥えてきてますので、過去の商品より最近のものの方が上質だったり希少だったりと、価値の高いものが増えてきています。

それでも過去のレースたちを眺めていると、昔は昔で良い仕事してたな私…と感心する素敵なものも(笑)
レース職人さんの良い仕事なわけで、私はそれを発掘しただけですが。

また、アンティークの品とは言えその時期その時期に流行り廃りがあり、以前にとても人気が高かった種のものが今は別の人気レースにとって代わっていたり。
「アンティーク品の流行り廃りって」意味が複雑でうまく説明できませんが、年代を超えた商品化と思われがちなアンティーク品にも旬の時期があるように思います。

などと感傷に浸りながら、アンティークレースの写真整理をする雨の午後なのでした。

2019-01-13 | Posted in BLOG, アンティークレースComments Closed 

 

2019年1月、謹賀新年&郵送料金改定のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。
2019年、幸多き一年となりますよう願っております。

2019年一月、送料改定しました

お正月恒例のLa posteさんの送料改定ですが、今年も新料金が発表されています。
MONTIMBRENLIGNE – TARIFS AU 1ER JANVIER 2019

料金改定はわずかな場合は、当ショップの料金は据え置きで大丈夫なのですが、今年は大枠が少し変更されていたこともあり、新料金を適用させていただくようにこちらも改訂いたしました。

新料金は下記の表のようになります。

 

それと、これまた恒例となってきましたが…
改定直後に、WEBシステムが作動しないトラブルが伴っておりまして発送ができずに滞っております。
大変ご迷惑をおかけしておりますが、La posteさんのWEBの復旧次第、発送手続きを順次行いますのでご了承ください。

同時に、フランスから日本へ荷物を送る のページも更新しましたのでご利用ください。
海外のショップでのお買い物の際に、配送のご心配がある方はご一読いただくと詳細がはっきりとするために、不安が解消されると思います。

2019年、10周年を迎えます

銀色アンティークは今年で10周年を迎えます。
まだよちよち歩きの長男を抱っこしながらOPENしたことがつい最近の事のように思えます。
あっという間の10年でした。

これまで支えてくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです♡

2019-01-05 | Posted in BLOG, 銀色ニュースComments Closed 

 

ジュエリーにレースを纏わせて…

街中がきらきらとクリスマス気分に溢れている12月のフランス、LYONです。
クリスマスにちなんだわけではありませんが、煌びやかなアンティークジュエリーが多数入荷しています。

ゴージャスなデザインのものもアンティークならではのひかえめな輝きで、フォーマルにも普段使いにも個性が光るアイテムばかりです。 (さらに…)

2018-12-13 | Posted in BLOG, アンティーク-メダイ・ロザリオComments Closed 

 

パリで人気の猫皿の原型は19世紀にあり

フランス通の方なら、パリの人気ショップASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)をご存知の方は多いと思います。

パリの陶器工房で職人さんが一つ一つ手作りしている器は、現代的なテイストの中にどこか懐かしさのあるアンティークな雰囲気があります。

それもそのはず。
アスティエの器は18世紀、19世紀に流行した古い陶磁器やアンティークのオブジェを模したり、インスピレーションを受けてデザインされているからと聞き、納得です。


先日蚤の市で、どこかで見たことあるような猫ちゃんに出会いました。
しっかりとこちらを見つめる目線と合って、連れ帰らずにはいられませんでした。
IMG_8452.JPG

さて、改めてゆっくりとこの猫ちゃんを眺めていて、どこで見たことがあったんだろう…?
と考えていたところ、思い出したのが上記のアスティエです。

たしか、猫の顔のお皿を売っていたような気がするなと調べてみたところ…
やはりありました♪

CPBCHT3.jpg

Coupelle Chat

私の連れ帰った猫ちゃんは真鍮製のずっしりと重みのあるタイプで、19世紀に流行したシリーズです。
同シリーズで犬の顔のものも見かけたことがあります。

アスティエの陶器はこのようなアンティークの器などを原型として作られていたことを思い出しました。
しかし、真鍮製と陶器の猫ちゃん。
同じ顔なのに雰囲気全然違いますね。

アスティエの猫プレートは日本でもセレクトショップなどで扱われているようです。
ユナイテッドアローズのWEBショップにもありました。
<ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)> CAT PLATE 9cm

小皿にしてはとってもユニークなデザインのように思えますが、実は古い時代に一度流行した猫ちゃんだったのですね。
そんな猫皿の原型となった、真鍮製の古い小皿は銀色アンティークWeBショップで販売中です。
真鍮製猫のトレー [z089]

 

2018-11-27 | Posted in BLOG, アンティーク雑貨Comments Closed