フランス蚤の市

心のゆとりとアンティーク…

フランスの冬はどんよりとした曇り空が多く、気がめいる日が続きます。
なんでも日照時間が少ないのが原因でうつ病になる人が多いそうです。
やはり太陽の光を浴びるってとても大切なんですね。

そんなどんよりした空模様のなか、真冬の蚤の市へ行ってきました。
日照時間とは関係ありませんが、諸事情でここひと月ほど睡眠不足が続いており心身ともにどんよりした中での仕入れでした。
疲れた体に鞭打って早起きし、寒い中行ってまいりました。

毎週仕入れに行く蚤の市へ向かう道のりはこんな道です。
何の変哲もない、さほど情緒もない普通のフランスの国道。

g_antique

途中で橋を渡るのですが、この季節は寒々とした風景です。

g_antique04

蚤の市会場では氷点下の気温にもかかわらずたくさんのスタンドとお客さんが…
寒いけどお天気の良い日だったので、人々の顔も明るく感じました。

g_antique03

手足が凍りつくほど寒くても、私は冬の蚤の市が大好きです。
観光客や冷やかし客が多い夏の蚤の市も賑やかで良いのですが、やはり店主さんたちとのおしゃべりは冬に弾みます。
そして不思議な事に寒ければ寒いほど、お天気がひどければひどいほど、値引きをしてくれる店主さんが多いです。
「もー、寒いからまけとくよ!」的な、嘘みたいな価格で掘り出し物が買えたりするのもこの季節が多いです(笑)

蚤の市会場を歩き回っていると、かわいいもの、面白いもの、不思議なもの…いろんなものに出会います。
そしてなじみの店主さん、初めて見るお店、居合わせた他のお客さん…いろんな人と出会い話します。
日々の雑念を忘れて、アンティーク雑貨に心を奪われるうちに、何だか気分が明るくなってくるように感じました。
体は芯まで冷え切ったけど心は温かく、気持ちは弾むような感覚が戻ってきました。

蚤の市に通う事は今の私にとって欠かせないライフワークとなってきています。
こうやって元気を取り戻し、また毎日を楽しく乗り切って行く力が湧いてくるような気がします。

そして…常々思う事ですが、疲れ切った心ではアンティーク雑貨の古さの魅力や可愛らしさに心がときめかないように思います。
心にゆとりがなければ、些細な面白みや美しさを感じる心のアンテナが鈍るのではないでしょうか。
銀色アンティークのアンティーク雑貨に目を留めてくださる皆さまは、きっとアンテナの精度が良く、心にゆとりがある方々なのだと思います。

新しくてかわいくてお手頃価格のものがたくさんの現代に、わざわざ古いものを愛でる事、それこそが心のゆとりというものなのかもしれませんね。

g_antique05

銀色アンティークWEBショップ

2015-01-20 | Posted in BLOG, フランス蚤の市No Comments » 

 

蚤の市と冬の生牡蠣

とある日の蚤の市…
少しずつですが納得のいく仕入れができて大満足。
19世紀の刺繍布、ブロンズ製のアクセサリー、銀のお皿、宮殿風のタッセルetc…

g_antique04 g_antique05 g_antique g_antique03

 

そしてそして、お楽しみはその後です。
Les Halles de Lyon で牡蠣を食べよう♪ の集いに行ってきました。

Les Halles de Lyon は食の都リヨンの胃袋とも言われる屋内市場。
一年中美味しいものが並ぶ名所です。
特にこの季節はノエルのごちそうのために買い物に訪れる人々でにぎわっています。

ここで、冬ならではの美味しい生牡蠣を市場価格で味わえるとなっては美味しいものの噂に敏感なフランス人たちが押し寄せないわけはありません。
行列に並び、私たちもしっかりと堪能してきました。

日曜日も開いており、蚤の市帰りに立ち寄れるが嬉しい、市場グルメなのでした。
Photo : 友人撮影

 

 

蚤の市日記、会場風景。

初夏の日差しが気持ち良い5月、6月。
蚤の市日和の週末が多い季節でもあるためか、フランスではこの時期にたくさんの蚤の市が開催されます。
街角の小さな市から広い会場での大規模なものまで、たくさんのイベントをチェックするのが初夏の楽しみとなってきました。

しかし…やはりどんな大規模な蚤の市へ繰り出したとしても、結局毎週通っているいつもの市が一番。
そう思ってしまう愛着があるのも事実です。
商品の充実、価格、売主さんの雰囲気…
どれをとっても私の中では一番好きな蚤の市かもしれません。

IMG_1552

こんな小道を通って会場へ向かいます。
少し前までは、これほど整備されてない野趣あふれる(笑)けもの道のような小道でした。

(さらに…)

2014-05-29 | Posted in BLOG, フランス蚤の市No Comments » 

 

骨董価値を見極める10のポイント

L’info de la Brocante et des Antiquité より、骨董品の価値を見極める10のポイントをご紹介します。

個人的な見解や意訳部分もありますが、なかなか面白い記事でした。
これは大きな家具や絵画などの高価な骨董品を扱うような場面での話なのかもしれませんが、私どものように小さな可愛らしいものを掘り出す際にも頭の片隅に置いておくと良いかもしれません。 (さらに…)

2014-05-18 | Posted in BLOG, フランス蚤の市, 雑記No Comments » 

 

蚤の市日記、5月11日

久しぶりにいつもの蚤の市へ買い付けに行ってきました。
気候も良くスタンドの数もたくさんのこの季節、多くのお品を見て目の保養にもなりました。
久しぶりすぎて、私のお宝アンテナはちょっと鈍めでしたが、のんびりとぼちぼちよ良い買付ができました。

今回のイチオシは…初心に帰ってこんな革バッグを。

IMG_0432
(さらに…)

 

アンティーク好きな6つの理由

アンティーク好きな人々は世界中どんな国にもいらっしゃいますが、蚤の市を巡っているとそんな方とお話しする機会が多くあります。
皆さん、目を輝かせながらアンティークの魅力について語ってくださるのですが、そんな中から私自身が深く共感した「アンティーク好きな理由」について挙げてみました。

IMG_6404

(さらに…)

 

東京で出会える蚤の市

普段はフランスの片隅のいつもの蚤の市にばかり出没する銀色アンティーク店主ですが…
ツイッターやフェイスブック上でいつも素敵な写真や訪れた人たちの声を聴いて、憧れている場所…
それは東京の蚤の市、骨董市、アンティーク市等々…
(さらに…)

2014-04-28 | Posted in BLOG, フランス蚤の市No Comments » 

 

La vie en FRANCE いよいよ明日からです

いよいよ明日から始まります、「フランス生活」をテーマにしたLa vie en FRANCE。

銀色アンティークからはフランスの蚤の市でセレクトしたアンティーク雑貨を展示販売させていただきます。
ラインナップは以下の通り、先日よりちょっとずつご紹介させていただいています。

アンティーク商品のほとんどは一点もの、同じものは2度と手に入りません。
気になるお品がある方はどうぞお早めにお越しくださいね。
またお気軽に手に取ってご覧いただいてお楽しみいただけるようにと思っています。
展示会にいらしたつもりであれこれと見比べてくださいね。

この他にもフランスの蚤の市で厳選セレクトしたアンティーク雑貨をお届けする予定ですので、お近くに来た際にはぶらりとお立ち寄りください。
20131119
場所:Gallery KOMPIS ⇒Map
開催期間:11/19(火)~11/24(日)
時間:11:00~18:00(最終日15:00迄)

2013-11-18 | Posted in BLOG, お知らせ, フランス蚤の市No Comments » 

 

本日の蚤の市での仕入れ品

本日は朝から冷え込みが厳しい一日でしたが、蚤の市に買付けに行って来ました。

IMG_6257

まだまだ冬は始まったばかりですが、寒い中お店もお客も大勢でにぎわっていました。

今日何だか目についたのは女性店主のお店ばかり。
いつもはマダム店主の場合、銀色アンティークWEBショップで扱っているような商品はなかなか値引きしてくれないので敬遠しがちだったのですが…
やはり素敵なアンティークのお品をたくさん揃えていらっしゃるセンスの良い方も多く、ついつい足が止まってしまいます。
そして少しおしゃべりしてみると、さすがのマダムセレクトのお品の魅力に逆らえず、いろいろとお買い上げしてしまいました。

気に入ったお店ではまとめ買いすることが多いので、そこそこ値引きもしてもらえたので大満足。
あまり偏見を持たずに話しかけてみることも、時には大切だと思い知らされました。

そんな今日の戦利品です♪

IMG_6258 IMG_6261
黒いつややかなビーズ刺繍パーツ。
かなりゴージャスなお品です。

IMG_6267 IMG_6269
貴族の生活の様子が描かれたゴブラン織りの古いタペストリー。
インテリアのアイテムとして、お部屋の雰囲気をぐっと引き立ててくれそうです。
日本ではなかなか手に入りにくいものではないでしょうか。

IMG_6262
シルクの刺繍布。
このままでスカーフ代わりに使っていただくこともできそう。
とろりととろけるようなさわり心地です。

IMG_6270
樹脂製のキャンディーみたいな指輪。
アンティークと言うよりヴィンテージと言った方がしっくりくる雰囲気のリングです。

IMG_6265
IMG_6264  IMG_6263
そしてヴィンテージバッグ3点。
状態の良いものはなかなか見つからず、探すのに苦労しました。
特におすすめは上の写真のプチポワン刺繍が施されたミニバッグ。
金具もなかなか素敵な風合いなのです。

IMG_6275 IMG_6274
そして、ガラスやビーズなど様々な素材のアクセサリーパーツ。
一つ一つが存在感抜群なので、アクセサリーの主役になりそう。
グレー系と赤系を厳選してきましたが、後ほど良く見てみるとなかなか素敵なアイテムなので全部買い占めてくればよかったと後悔…
アクセサリーパーツはなかなか手に入らないので、余計に残念です。
まだまだ目利きと決断力が未熟です(涙)

と、今回もいろいろとお買い上げしました。
これらの商品は近いうちに銀色アンティークWEBショップで販売の予定です。
が、気になる商品がありましたらどうぞご遠慮なくお問い合わせください。

というわけで、また月曜日が始まりますが、良い一週間をお過ごしください。
また今週19日より銀色アンティークも展示販売で参加するLa vie en FRANCEが始まります。
お近くに御用の際はぜひお立ち寄りくださいませ。

La vie en France
Etsuko Art Embroideryさんが主宰のイベントでフランス生活がテーマの『La vie en France』に参加させていただきます。
20131119
場所:Gallery KOMPIS ⇒Map
開催期間:11/19(火)~11/24(日)
時間:11:00~18:00(最終日15:00迄)

 

 

 

本日の蚤の市での仕入れ品

夜更けの雷雨が嘘のように晴れた、本日の蚤の市での戦利品です。
IMG_5902 (さらに…)