アンティーク古着の染み抜き(実践編)

先日蚤の市で、汚れのひどいアンティークのワンピースを見つけました。
濃いシミや全体的な変色など、状態が良くなかったためお値段交渉し何枚か譲ってもらいました。
汚れはひどかったものの、モノグラムの刺繍がとても可愛らしく、破れやほつれ等のダメージもほとんどなかったため染み抜きに挑戦!
“アンティーク古着の染み抜き(実践編)” の続きを読む

初夏のフランス風物詩 vide grenier

フランスでは「屋根裏部屋を空っぽにする」という意味の vide grenier (ヴィッドグルニエ)が今でも盛んに開催されています。
その名の通り屋根裏部屋や地下倉庫などに眠っている不要なものを持ち寄って売る、フリーマーケットのような催しです。 “初夏のフランス風物詩 vide grenier” の続きを読む

マドモワゼルのお衣装

100年前のファッション誌に出会う

蚤の市の片隅で、1905年発行のフランスの女性誌「Femina」を見つけました。

Feminaは1901-1954にかけてフランスで発行されたファッション雑誌。
ブルジョワジー層が対象で、ゴージャスな紙面には当時の女性の憧れが詰まりに詰まってあふれ出ています。
フランスの有名な文学賞「フェミナ賞」は、後にこの雑誌のタイトルからつけられたんだそうです。

100年前のファッションやレースについての貴重な資料になると思い購入したものの、読み始めると当時の華やかな世界に引き込まれ、つい時間を忘れる面白さ。
写真やイラストがふんだんな、何ともフェミニンなページの数々にうっとりしながら眺めるのは至福のひと時です。

“マドモワゼルのお衣装” の続きを読む

ヴィクトリアンの黒ガラス

喪服から流行した「黒」

19世紀のヨーロッパでジュエリーなどを中心に流行したカラー「黒」。
もともとは喪服からきているのはご存知でしょうか?
最愛の夫を亡くしたイギリスのヴィクトリア女王は何十年もの間喪服で過ごしていました。
その時にジェットのモーニングジュエリーを身に着けていたことから「黒」の流行が広がったと言われています。
※ジェット(JET:英)…日本では黒玉と呼ばれる樹木の化石を加工したもの。ジェ(JAIS:仏) “ヴィクトリアンの黒ガラス” の続きを読む