蚤の市用語(フランス語)

フランスの蚤の市でアンティークレース購入時に気を付けること「アンティークレース用語編」

暦の関係で2週連続お休みになった蚤の市。
さすがに寂しく、どこかそわそわと落ち着かない気分です。

最近はヨーロッパに旅行の際にアンティークショップや蚤の市をスケジュールに入れる方が増えているそうですね。
蚤の市をめぐるツアーのようなものを開催している旅の情報も時々目にします。
ディーラーさんも外国人相手に慣れてきて(笑)英語で対応してくださる人も多くなり、気軽に蚤の市散策を楽しめるようになりました。

しかしながら…
毎週のように通っている蚤の市ですが、それでもやはり時に上手くいかないこと、失敗して凹むことがいまだにあります。
フランスで10年ほどの蚤の市通いを続けてきた中で学んだ「蚤の市でアンティークレース購入時に気を付けること」を覚書的にまとめて、今後蚤の市でお買い物する皆様に少しでも参考にしていただければと思います。

そこで今日は、フランスの蚤の市でアンティークレースを買う時に知っておきたい事項をフランス語単語と共にピックアップ。
「蚤の市でアンティークレースを買う時」と限定的な場面に使う言葉なので、知らない人はフランス人でも「?」な用語もあります。

 

1「アンティークレースはありますか?」

レースはフランス語で dentelle といいます。
アンティークレースを探しているときは「Vous avez des dentelles ancciennes ?」と尋ねます。

 

2レース製品の呼び名

「アンティークレース」と一言で言っても、材料としてのテープ状のレースや衣装の一部に使われていたもの、ドイリーやクロスなどなど…様々な形があります。
古い布 linge ancienne 古布全般をこういう風に言います。ベッドリネンや古着など。
ドイリー napperon 30cmくらいまでのいわゆるドイリーはこのように呼ばれています。
テーブルクロス nappe テーブルクロスもお客様用のものはきれいな刺繍やレースで飾られています。
レース襟 col dentelle 繊細なレースでできた襟の部分だけが売られていることがよくあります。
ペチコート jupon スカートタイプのものはこのように呼ばれます。パンツ(下着)のように使われていた又割れのものもあるので要注意。
胴着 cache corsette 「コルセット隠し」という名称で、女性の胴着です。
部屋着、寝間着 robe de nuit いわゆるネグリジェのようなコットン素材のワンピース型のもの。
ボンネット bonnet 赤ちゃん用のものが多いですが、大人用のも見かけます。頭頂にあたる部分に繊細で美しい刺繍が施されていることが多いアイテム。この刺繍部分の丸いパーツだけで売られていることも。

3レースの種類

フランスの蚤の市で見かけるアンティークレースは、大まかに分けて「ボビンレース」「クロシェレース」「ニードルレース」の3種類が主となっています。
ボビンレース dentelle aux fuseaux 木製ボビンで織られたレース
クロシェレース dentelle au crochet かぎ針編みのレース
ニードルレース dentelle a l’aiguille 刺繍ベースのレース

この中でもさらにvalencienne(ヴァランシエンヌ)やalençon(アランソン)などの種類名称で分類されます。

その他にも…
チュール tulle
チュール刺繍 tulle brodé
刺繍 broderie
カットワーク刺繍 broderie richelieu

 

4詳しくないディーラーさんも

アンティークレースや布物を多く扱っているディーラーさんはこのようなレースの種類について詳しいのは当然なのですが、中にはレースや刺繍についてよく知らない方もいます。
家具や道具類を扱う中でついでのようにレースを並べているような方、男性ディーラーさんに多いです。
細かい違いを訪ねても調子よく「そうそう、貴重なニードルレースだよ!」とか言ってきますが、よくよく見るとクロシェレースだったり(笑)
ディーラーさんの言葉は100%信用しないのが賢い買い物の秘訣かもしれません。

ただし、こんなテキトウディーラーさんはアンティークレースの市場価値に疎いわけで…
繊細で価値の高いアンティークレースをびっくりの安値で売ってくれたりもしますので、ポーカーフェイスで値段交渉してみる価値ありです。
あくまで「こんなぼろい布だから高いわけないよね?」的な態度で押しましょう(笑)

注意点が多すぎてまだまだあるので、続きはその②で!

 

おまけ instagramでプレゼント企画開催中です


アンティークレース&刺繍のドイリーなど10点セットをプレゼント 詳しくはinstagramから!

まだまだ受付中です♪

ventgroslogoshop

2017-01-02 | Posted in BLOG, アンティークレース, フランス蚤の市Comments Closed 

 

フランス語10語で完璧!蚤の市での値切りテクニック

フランスに旅行に来て蚤の市を楽しむ方も多くなってきたこの頃、皆さん勉強熱心で少しでもフランス語をお勉強してコミュニケーションの役に立てようとされていらっしゃるようで感心します。
挨拶や簡単な数字だけでも、フランス語で話すと売り主さんの気持ちも和み、ちょっと得をすることがあるかもしれません。

とは言え、普段使わないフランス語を覚えるのは至難の業。
そう簡単ではありません。
そこで、蚤の市で毎週のように買付交渉をしている経験から、すぐに使えて値切りにも役立つフランス語のフレーズをご紹介します。
この10フレーズが頭に入っていれば、スマートにお得に蚤の市でお買い物できることだと思います!

 ・Bonjour !

挨拶の基本である「ボンジュール!」は言うまでもなく大切な言葉です。
フランスでは普通のお店に入った時でも、店員の方に一声ボンジュールと挨拶するのが常識。
バスに乗った時には運転手さんに、窓口で用事をお願いするときもボンジュールから始まります。

蚤の市でも当然この挨拶は欠かせません。
特に小さなスタンドでは売り主さんとの距離も近いので、笑顔での挨拶を心がけるとその後のやり取りもスムーズにいきます。

 ・Vous allez bien?

「ヴ ザレ ビアン?」は調子はどうですか?といった意味の言葉です。
初対面ではあまりいう事もないかもしれませんが、二度目三度目に顔を合わせた時にはボンジュールに続けてぜひ行ってみてください。
この一言で親近感がぐっとわくため、古くからの知り合いのような雰囲気で話してくれるかもしれません。
また、決まり文句ではありますが気遣いの言葉をかけられると嬉しいのは誰でも同じこと。
好感度がUPする一言だと思います。

ちなみに相手からこの言葉をかけられた時は…
「Je vais bien, merci et vous?」ジュ ヴェ ビアン メルシ エ ヴ?
が正しい返答としてフランス語の本には載っているのですが、長すぎて覚えられないという人は。
「Bien! merci !」 ビアン! メルシ!
このくらいに省略しても伝わります。

 ・C’est combien?

「セ コンビアン?」は値段を聞くときの言葉です。
蚤の市の商品は価格を表示していないものもたくさんあります。
気になるお品を見つけた時は気軽に聞いてみましょう。
返答がフランス語で数字を聞き取るのが難しい場合にはメモや電卓アプリなどを使うのが安心です。

 ・Ca date quand?

「サ ダット コン?」は年代を尋ねる時に使う言葉です。
気になるお品があって、その詳しい説明を聞きたい場合などに使います。
売り主さんは知ってる限りの情報を説明してくれるはずですが、たまに適当なでたらめを言って高く売ろうとする人がいるのも蚤の市。
高額の場合は鵜呑みにせずに慎重に判断しましょう。

このような質問をすると、ちょっと知識を持っている人なのかな?という印象を持たれます。
店先にはない秘蔵品を奥から持ってきてくれることがあるかもしれません。
また、店主さんがその分野のオタクスペシャリストの場合は話が長くなるかもしれません(笑)

 ・Un peut moin cher s’il vous plait!

「アン プー モワン シェール シルヴプレ!」はもう少し安くしてください!の言葉です。
もうちょっと安かったら買うのにな…という時に使ってください。
蚤の市は値切るのが当たり前、という風に思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、最初からかなりのご奉仕価格の場合もあります。
そんな場合さらに値切ってしまうと、犬のように追い払われることも(笑)
自分の中で何ユーロくらいなら買う、と大体の値段を決めておいてから尋ねると良いかもしれません。

なお交渉が上手くいかず、値下げしてもらえなかった場合は…
「C’est trop chere…」セ トロ シェール…高すぎます…と残念そうに言ってみてください。
その時の寂しそうな表情が店主の心を動かしたら、もしかしたら値引きしてくれるかもしれません。

また値切る場合は一つだけ購入するのではなく、例えば3つ買うので安くしてほしいなどのまとめ買いが比較的スムーズにいくように思います。
私などは「この箱全部買ったらいくらにしてくれる?」と箱買いの値切りをすることも多いです。

 ・Je vais un peu refrechire…

「ジュ ヴェ レフレシー…」は、ちょっと考えてみます、という場合に使います。
値引き交渉が上手くいかず、買うかどうか迷った時に、後でまた来ます的に使うことも。
ただ、蚤の市ではその数分の迷いのせいで、目をつけていたお品が別の人に先を越して買われてしまう事も良くありますのでご注意を。

ちなみに私は値切ったものの思うような価格まで下がらず、断りたいけど断りづらい時などにこの言葉を残して逃げます(笑)

 ・Merci!

メルシ!はお礼の言葉。
ボンジュールの挨拶と同じく、今では誰もが知っているフランス語単語かもしれません。
蚤の市で商品を購入した後は当たり前ですがメルシ!で締めくくりましょう。
もちろん、普通のお店でのお買い物のあとや、街でドアを抑えてもらったとき、レストランでお料理を運んでもらった時などなど、メルシ!を忘れずに。

値引き交渉が決裂した場合も、立ち去る時には一言お礼を言うのがマナーです。

 ・C’est tres gentille!

「セ トレ ジョンティ!」 は親切にされた時にいう言葉。
メルシ、に続けていう事が多いです。
蚤の市の売り主さんは時々信じられないくらいのおまけをつけてくれたり、値引きをしてくれたりすることがあります。
初対面なのに手作りケーキを分けてくれたり、カフェをごちそうしてくれたり(笑)
感動してしまうくらい親切なことをしてもらった時にはこの言葉で気持ちを伝えましょう。

 ・Vous etes toujours la?

「ヴ ゼット トウジュー ラ?」 はいつもここで店を出しているかどうか尋ねる場合に使う言葉です。
例えば来週の蚤の市でもその店でお買い物をしたい場合などには、確認しておけば安心です。
またお店の人もこう言ってもらうと、また来たいと思ってくれたんだなぁと好意的に受け取ってくれますし、場合によってはそのためにリクエスト品を準備しててくれたりもします。
常連客になるかもしれないお客として接してくれるので、探し物のリクエストや相談などにも乗ってくれたりします。
来週もここで店を出すか尋ねたら、一か八か自分が探しているお品を伝えておいてはどうでしょうか。

 ・Bon dimanche!

「ボン ディモンシュ!」 は良い日曜日を!の意味の言葉です。
お買い物を終えて店を立ち去る時には「Au revoire オーヴァー」の挨拶でももちろん良いのですが、ボンディモンシュ!だとより好意的に受け取られる事が多いです。
確かに、ただ「さようなら」と言われるよりも「良い日曜日を!」と声をかけてもらった方が気分が良いものです。
良い気分で買い物を終えるためにも、この言葉、ぜひ使ってみてくださいね。


以上10フレーズ、買付目線での役立つフランス語をあげてみました。
もちろんこの他にも、コミュニケーションをとるのに大切なフレーズはたくさんありますが…
蚤の市で使う言葉から入ってみるのもいいかもしれません。
なお、以前のエントリーで蚤の市でのお買い物で使うフランス語会話を説明しています。
よろしかったら合わせてご覧くださいね。

蚤の市でのフランス語会話 -基本編-

蚤の市の店主さんたちは基本的に皆さんとても気さくな方ばかり。
外国人であるあなたが、片言のフランス語で話しかければ喜んでおしゃべりしてくれることでしょう。
買った時のやり取りは、そのお品を見るたびに思い出す楽しい思い出となることでしょう。
そうやって、新しい物語が付け加えられさらにものに歴史が生まれるのですね…

皆さんも、フランスの蚤の市へ行った際にはぜひこの言葉たちと共にお買い物を楽しんでみてくださいね。
shop
ventgroslogo

2016-02-14 | Posted in BLOG, フランス蚤の市Comments Closed 

 

金属の種類、フランス語では…(覚書)

蚤の市でのお買い物は、売り主さんとの値段交渉や商品についてのおしゃべりなのですが…

最初のころは素材を言われても単語が頭で混乱して大変で、よく会話に出る単語をメモってカンペを作ったりしてました。

先日、手帳を整理していたらぼろぼろになったそんなメモが出てきたので捨てる前に覚書として残しておきます。

IMG_1044

 

■ Argent massif — 純銀 アクセサリーやカトラリーなどに多く用いられフランス製のものには決まった刻印が施されている。

■ Métal argenté — 銀メッキ 銅、鈴、ニッケルなどの合金に銀でめっきを施したもの

■ Bronze — 青銅

■ Cuivre — 銅

■ Or — 金

■ Laiton — 真鍮

■ Fer Forgé — 錬鉄

■ Étain — 錫

 

金属の種類、いまだになかなか覚えられません。

青銅、銅、真鍮などは日常ではあまり使い分けせずに(深く追求せずに)生活していますので(笑)

反対に純銀と銀メッキなどの違いはしっかりと見極めないと適正価格でお買い物できません。

基礎的な刻印の知識も頭に入れておいて、店主の口車に乗せられそうになったら「あら?刻印がちがうわよ?!」とか言ってやりましょう笑

 

2012-09-02 | Posted in アンティーク銀食器, フランス蚤の市, 銀色ニュースComments Closed 

 

12