刺繍

花嫁修行と刺繍とレース

刺繍やレースなど手芸を学ぼうと思った時、どんな方法があるでしょうか?
わかりやすい図解がある本を買ってきたり、教室へ通ったり、最近では動画で詳しく手順を教えてくれたり…

その昔、刺繍やレースの手法は母から娘へと受け継がれておりました。
当時はお嫁入り道具として12枚のキッチンリネンにイニシャル刺繍をして持参するのがしきたりでした。
またベッドリネンにも素晴らしいモノグラム刺繍を施して持参することも。
その名残のお品が今、アンティークの刺繍リネンとして人気が高まっています。

ちなみにこのイニシャルですが、花嫁の旧姓の苗字と、嫁ぐ先の苗字のアルファベットを合わせることが多かったようです。
フランスでも昔の日本のように結婚は家と家との結びつきという考え方が強かったようですね。

de1200a.jpg

中には母から習うだけではもの足らずか、レース職人や刺繍工房などに習いに行くマドモワゼルもいたそうです。
当時の記録にはこの講習費が物々交換で支払われていた記録も残っているようです。
例えば肉屋の娘がレースの手法を習いに行った時「私の娘にボビンレースの技術を教える代わりに、牛肉を一切れ差し上げます」という契約が交わされたりしていました。
当時の風習が垣間見れて面白いエピソードですよね。

また花嫁修業以外にも女性が仕事に就くための手に職として研修を受けることもありました。
若い女性を中心に集団で研修を受けるシステムもあったようです。
しかし、レースや刺繍の職人は目を酷使するため、早くから視力が落ちてしまい、長くは続けられない仕事と言われていました。

優雅に見えて厳しい仕事でもあるレース刺繍の職人ですが、夫を早くになくした未亡人にとっては人気のある仕事だっととも言われています。
先ほどの肉屋の娘が見習いに行ったレース職人のマダムもやはり未亡人だったそうです。
楽な仕事ではないとはいえ、手に職があるといつの時代も強く生きていけるのですね…

 

IMG_6730.JPG

 

ボビンレースで有名な le puy の街では、今でも当時の手法そのままに見せてくれる人々がいます。
細い路地でからからと心地の良い音を立ててボビンレースを織る光景が見られます。
リズミカルなボビンの動きは「ボビンのダンス」とも呼ばれているそうで、一度は手ほどきを受けてみたいものだと密かにあこがれております。
花嫁修業には少々、いや随分と遅すぎる手習いではありますが…

IMG_6647.JPG

お嫁に行く日を待ちわびて、一針一針丁寧に施された刺繍や、ボビンを躍らせて織り成したレースで飾られたリネンたち…
今、そのような幸せ名残が感じられるアンティークリネンが人気なのも、なんとなくわかるような気がします。

 

2018-03-11 | Posted in BLOG, アンティークレースComments Closed 

 

昔の人はすごかった…アンティーク手刺繍の世界

昨日の蚤の市はスタンドが少なくあまり収穫がありませんしたが…
小さな、かわいい刺繍小物を見つけました。

この写真では上手く質感が伝わらないのですが、金糸を織り込んだベージュの布。
上品な艶と金糸のきらめきがすてきです。
そんな布地に爽やかな水色の糸で刺繍が施されています。
そして小さなポシェットに仕立てられていました。

IMG_2486

くすんだブルーの糸と金糸入りのベージュの布地がしっくりとマッチしていて品があります。
可憐な模様が裏側までステッチされています。
愛用のスマホがすっぽりと入るサイズなので、専用のポシェットにしようかと思いましたが、昨日iPhone6sを予約したばかり。
4.7インチモデルはちょっと入らないかも。。。

IMG_2487

ラベンダーのような小さなつぶつぶが可愛らしいです。
こういう素朴な野の花を刺した刺繍もすてきですよね。

IMG_2488

素敵な刺繍と言えば、ショップで扱っている商品にも、息をのむほどの刺繍が施されたお品がたくさん。
カラフルな刺繍も素敵ですが、やはり手刺繍の技が光るのは白刺繍かもしれません。

このようなボリュームのある白刺繍が何メートルにもわたりステッチされているのです。
何日?何週間?何か月かかっただろう…?
どんな人がどんなお部屋で刺していたのだろう…?
どんな人とどんなおしゃべりをしながら…?
それとも静かに暖炉の前で…?
思いをはせると妄想の世界が広がります。

g_antique04

カットワークのレースも刺繍から切り出す技法です。
布をカットしても解れてこないようにしっかりと細かいステッチが大切です。
下の写真はカットした部分にチュールレースをはめ込んでおり、更にひと手間かかっています。

gantique

ぽつぽつと丸い刺繍がデザインされたカットワーク布。
簡単そうに見えますが、大きさやボリュームを揃えて形作るのはなかなか難しい技術です。

giniroantique50

縁取りのレース部分すべてカットワークの手刺繍です。
細かい仕事に目を見張りますが、この中盤のマットの縁取りを全て刺しきったその過程を思って気が遠くなります。
昔の人はすごいです。
とても真似できません…と言いながらも、このマットを見ていると不思議と刺繍をしてみたくなるのです。

giniroantiques30

こちらもカットワークの白刺繍。
ボタンホールステッチを細かく刺して、囲んだ部分の布をカットしています。

IMG_0151
現代のものは手刺繍で仕上げている商品だとものすごく高価な値が付きますが、昔は何でも手でするのが当たり前。
そんな昔の人の技をおすそ分けしてもらっているような嬉しい気分になる、古い刺繍雑貨たちです。
そして、そんな気の遠くなるような作業の末に完成した可愛らしい刺繍と気軽に出会える蚤の市に感謝です。

shop
ventgroslogo
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

2015-09-14 | Posted in BLOG, アンティークレースNo Comments » 

 

フランスリヨンで毎月発行、月刊・アンティーク刺繍新聞

古い刺繍新聞と言えばよく見かけるのが「La Broderie Lyonnaise」。
リヨンの街で発行されていた月刊の刺繍図案新聞です。
実際に見たことのあるものでは1905年のものが最も古い号でしたが、それでもNo.150くらいのナンバーがついていたので、実際には1890年頃から刊行されていた計算になります。
中身は小さいものから大きいものまでさまざまな刺繍図案が。
時にはスカラップのカットワーク刺繍で作る付け襟の型紙であったり…
大きなクロスマットを作るための図案だったり…
表紙を開くとどんな図案が載っているか、わくわくどきどきの新聞なのです。

IMG_8984
刺繍の図案としては、100年前も今も何ら変わる事はないので、もちろん実用的につかえます。
ただし、紙は新聞紙なので弱いです。
経年の消耗で更にもろくなっているのが欠点ですが、時を経た図案の魅力はそれ以上。

IMG_8985
イニシャルのモノグラム刺繍が流行だった時代のものには、素敵なアルファベットが。
立体的に刺すのだと、感覚でわかるイラストです。

IMG_8986
こんな花を組み込んだモノグラムでイニシャルを刺繍するのが流行していました。
お嫁入りの道具に、ベッドリネンやキッチンクロスなど一式に自分でイニシャルを刺繍するのが習慣だったとか。
白地に白刺繍で丁寧にステッチされたモノグラム刺繍のリネン類は、当時のものが大切に使われていた状態の良いままで見かけることが多いです。

IMG_8987
この表紙のデザインもすてき。
見かけたら反射的に足を止め手を伸ばしてしまいます(笑)

こんな刺繍新聞を10冊程度入荷しています。
ショップに掲載するのはまだ先になりそうですが、興味のある方はお問い合わせください。
ventgroslogo
shop

Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

 

12