フランス蚤の市

冬の蚤の市

普通フランスで蚤の市の季節と言えば…初夏でしょうか?
もしくは、新学期が始まった9月10月にも多いかもしれません。

しかし、もう何年も毎週欠かさず通っている私にとって、蚤の市の季節と言えば「冬」!
氷点下に近い寒空の下、売る方も買う方も震えながら言葉少なめに取引するのが冬の蚤の市です。
お散歩ついでの家族連れも、観光ついでの外国人も少なめで、行きかう顔ぶれは見覚えのある常連客が多めです。

そんな冬の蚤の市は、寒さとの闘い。
防寒を万全にして挑みますが芯まで冷え切ります。
手指が悴み、欲しいものを手に取って見ても手触りがよくわかりません…
お支払する時も、おつりを受け取るときも財布をうまく開けません…

なのになぜ冬の蚤の市が一番好きかというと…
売主さんたちが商売っ気を失う(ような気がする)季節だから。
店主が温かい家に早く帰りたいから、まとめ買いを提案したらお安くなったり。
そもそも寒くて、マダム店主不在でムッシューに一任しているため、女子受けアイテムを値切りやすかったり。
「もってけドロボー!」的な投げやりな感じで売ってくれることが多々あるのが冬の蚤の市。
寒さのあまり商売魂が萎えちゃうのかもしれません。

そんな中私と言えば、狩人魂が萎えることなく、寒さにへこたれることなくマダム不在の店を狙い(笑)交渉を進めるのです。

ちょっと行ってみたくなったでしょ?冬の蚤の市♡

2017-12-04 | Posted in BLOG, フランス蚤の市Comments Closed 

 

動画で一緒にアンティーク、フランスの蚤の市散策

昨日は小雨の降る寒い日でした。
行くか行くまいか…悩んだ末に足を運んだ蚤の市、幸い大降りにはならず少し仕入れをすることができました。
雨の日は野外のスタンドは屋根がない場合も多く、商品が濡れてしまったり…
布物には残念な状態の土や泥がついて汚れてしまったり…
あまり買い付けには向かない日なのですが。
意外と値切れるので、よい買い物ができたりします。
多少の湿り気や汚れは割り切ってお洗濯することも念頭に置きながら値段交渉です。

IMG_0904

小雨などお構いなしに地面に並べられた家具。
紙モノや古本も濡れています…残念。

 

IMG_0921

ディスプレイでしょうか?
実用品でしょうか?

 

IMG_0926

普通はただいま椅子を新調しようと探し中。
IMG_0883

カラフルでかわいらしい椅子たち。
椅子にばかり目が行きます(笑)

 

そんな蚤の市の雰囲気を動画に撮ってみました。
せっかくなのでYoutubeにUP♡
ユーチューバーデビューしてしまいました(笑)
3分弱です、ぜひご覧ください♪

BROCANT 蚤の市散策 2015/11/22

shop
ventgroslogo
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

2015-11-23 | Posted in BLOG, フランス蚤の市No Comments » 

 

お宝の眠る店、フランスのレトロな古着とアンティーク衣裳

5月、初夏の気持ちの良い日差しの中、蚤の市探索が楽しめる季節です。
フランスではこの季節、多くの蚤の市が各地で開催されますが、私の仕入れはもっぱらいつもの市。
屋内のスタンドは常設の店もあり、最近気になるのは古着とレースを扱うマダムのお店。

昔、舞台衣装のスタイリストを手掛けていたというマダムは、ファッションの歴史的な知識も豊富。
60年~70年頃のレトロな古着にとどまらず、19世紀のドレスまでも扱っている上に、アクセサリーやレース類も豊富な素敵なお店です。
4・5年前から屋内のスタンドで毎週お店を出されています。

古着の扱いのリクエストを最近多くいただいたこともあり、試しにご覧いただこうとマダムにお願いして写真を数点撮らせてもらいました。
レトロな古着はどれも状態の良いものばかりで、もちろん着用出来る状態。
小さなお店に所狭しと掛けられた衣裳類は、古着好きサンにはたまりません。

一部をご紹介♡

IMG_1892
『奥様は魔女』のサマンサが着てそうなキュートなワンピース。
色遣いがたまりません。
60年・70年スタイルの典型的なイメージです。

 

IMG_1893
大胆な模様と色遣いが個性的なワンピース。
派手なのに上品なのは、古着ならではの仕立ての良さと、品質の良さによるものかも。
絶対に友人とかぶる事のないオリジナルなファッションを楽しめそうです。

 

IMG_1894
白地にグリーンのドットが爽やかなノースリーブワンピ。
老若男女誰からも好印象な清楚で清潔感の溢れる一枚。
上品なのに個性的。

 

IMG_1895
そして、100年近く前に着られていたブラウス。
ミシン縫いのものはとても細かいステッチで縫製されております。
1mm以下かも。
ホームメイドのブラウスは手縫いのものもあり、細ーいピンタックの一本一本が手縫いされているのを見ると、ある意味感動を覚えます。
当時はミシン縫いで仕上げられたものの方が高級品でしたが、やはりハンドで仕上げられたものにはそれなりの愛情と価値を感じてしまいます。

 

いずれにせよ、現在まで良い状態で保存されていた古着は、素人目に見てもどれも驚くほど仕立てが丁寧なのが特徴です。
銀色アンティークWEBショップでは古着はそれほど多く扱っておりませんが、リクエストは受けております。
アンティーク感あふれる衣裳、レトロなワンピなどをお探しの方はどうぞお問い合わせくださいね。

ventgroslogo

shop

 

2015-05-27 | Posted in BLOG, フランス蚤の市, 商品紹介No Comments » 

 

123