フランスの生活

パリのエレガンスを完成させるための刺繍アイテムとは…?

気付けば10年以上もフランスで生活していますが、未だにフランス人の言動に振り回されることが多い日々。
この先、老人になるまでこの国で暮らしたとしても、自分がフランス人化することはないのかもしれません…

そんな私も若かりし頃はフランスに、パリに憧れて夢を見た乙女(笑)でした。
現在は乙女時代から数十年?経過し「エレガンス」という言葉がすっかり似あう年頃に突入。
かつて、フランス人のようにお洒落になりたかった自分を思い出しつつ、今読んでいるのがこの本です。


パリのオートクチュールサロン支配人が教える パリのエレガンス ルールブック

内容紹介
どんなハイソな社交の場に行っても、どんなに格式のある場に行っても、どんな玉の輿に乗っても恥ずかしくない服装、もちもの、振る舞いが、A TO Z 式にまとめてある。実用性はもちろん、フランスらしい風刺の効いた記述もあって、読み物としても、楽しめる。

この本ではエレガンスの定義やヒントが簡潔にわかりやすく説明されています。
序盤を読んでいて目に留まったのが…
「ハンカチはイニシャルのモノグラム刺繍のあるリネンが良い」との一文。
アンティークレースや刺繍が好きな方々にはモノグラム刺繍が施されたリネンのアイテムは根強く人気ですが、パリのエレガンスを語る上でも重要なアイテムだったとは…

アンティークレース・刺繍 ファッション雑貨⇒ハンカチ
銀色アンティークでも刺繍入りハンカチ取り扱ってますよ♪

この他にも、古くからフランスに根付いているエレガンスを教えてくれる古典の教科書のような一冊です。

それもそのはず、著者のジュヌヴィエーヴ・アントワーヌ・ダリオーさんは、1914年生まれのパリジェンヌ。
1914年というと、日本では大正三年、第一次世界大戦がはじまった年です。
私たちがアンティークの刺繍アイテムとして探し求めているハンカチは、もしかしたら彼女たちパリジェンヌが当時使っていた、エレガンスに欠かせなかったアイテムなのかもしれません。
しかもハンカチは小さくシンプルな形なので古くても比較的実用可能な状態で残っているものが多くあります。
彼女たちの生きた古き良き時代のアイテムを、現代のエレガンスファッションに取り入れてみるなんて、面白いですね♪

この本はファッションに興味のある若い人ももちろん楽しめますが…
落ち着きを持つ年ごろのアラフォー・アラフィフ世代のマダムたちにおすすめです。
本物のエレガンスはきっと100年たっても変わらない、アンティークのように時代にブレない魅力があるものだと気付かせてくれます。

アンティーク雑貨を扱う上でいつも議論されていること…
「何年以上経過したものがアンティークか?」問題。
銀色アンティークでは戦前戦後を意識した考え方を支持しています。
戦前生まれの著者のジュヌヴィエーヴ・アントワーヌ・ダリオーさんのエレガンスなエスプリはアンティークアイテムを愛用するうえで参考になること間違いありません。

様々な定義づけのある「アンティーク」問題を考察した、下記の記事もあわせてご覧くださいね。

アンティークとヴィンテージの境界線、フランスの場合

shop
ventgroslogo

2016-02-27 | Posted in BLOG, アンティークレースComments Closed 

 

マルディグラ、謝肉祭の仮装を楽しむ

マルディグラ(仏:Mardi gras)とは、フランス語で「肥沃な火曜日」の意味で、謝肉祭の最終日前日のことです。
この日、子供たちは(一部大人も)思い思いの仮装に身を包みカーニバルを楽しみます。
学校の行事として行われる事も多くこの日が近づくと「仮装の準備はできた?」など、親もそわそわ(笑)

謝肉祭の仮装といえば、仮面舞踏会のようなマスク姿のヴェニスのカーニバルを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ルーツは同じ。
リオのカーニバルも謝肉祭のカーニバルの一つです。
お国が変われば印象が全然違いますね。

古くからの風習だったという事で、アンティークのマスクを見かけることも。
Antiqued Mardi Gras Mask:
ANTIQUED MARDI GRAS MASK
こんなマスクを販売しているところも。
28.99ドルだそうです、お手頃価格です。

Antiqued Mardi Gras Mask:  Antiqued Mardi Gras Mask

こんな仮面をつけて貴婦人たちが楽しんでいたのかと思うとドキドキしますね♪
日本でも仮装を楽しむイベントが増えてきていますが、派手なコスチュームはちょっと…という方。
こんなシックなマスクで仮装するのもとっても素敵です。
合わせた衣装を考えるのも楽しそう。
大人のための仮装アイテムとして今後流行するのではないかとにらんでいます。

また身に着ける以外にもディスプレイするのも素敵。
ちょっと妖艶なミステリアスな雰囲気を演出できます。

さて、そんなマルディグラですが…我が家の子供たちも仮装しました。
小学生の息子は、学校でテーマが「アニメ、バンデシネ(漫画)のキャラクター」と決められており、本人はドラえもんを希望。
フランスでもケーブルチャンネルで一応ドラえもんが放映されているものの、グッズなどが売られているわけでもなく子供たちへの知名度は微妙なのですが…
息子本人の熱望だったので、なんちゃってソーイングで作りました。
2016020903
着古したブルーのパーカーがあったのでこれにフェルトでドラえもんの顔とお腹のポケット、首の鈴をつけただけですが…
一応ドラえもんだという事はわかってもらえたみたいで、日本人のお友達には面白がってもらえたみたいです。
せっかくの力作ですが、この一回で着ることもないのかと思うとちょっともったいない…

ちなみに昨年はちょっと仮面舞踏会風の衣装をこれまたなんちゃってソーイングで作成しまして…
IMG_0423
マスクが似合いそうな道化師でした♪
このような子供用の仮装衣装はおもちゃ屋さんなどで購入することもできるのですが、これはイメージ通りのものが売っていなかったので作りました。
多忙な中でこのような手作りをするのはちょっと大変なのですが、やり始めるととっても楽しく、親にとっても楽しみな行事になっています。

一歳の娘も♡
IMG_1356
蝶々の妖精になっておチビちゃんの集まりに行ってきました(笑)
何だかよくわからないなりに、このかわいらしいドレスと羽がお気に召したようで、ひらひらと家じゅうを走り回っていました。
こうやって小さいうちから仮装を楽しむ習慣が身につくのですね…

ちなみに学校でカーニバルをしたりするときは先生たちもノリノリで仮装を楽しんでいます。
何だか楽しそうでうらやましく、文化の違いを感じてしまうのでした。
shop
ventgroslogo

2016-02-09 | Posted in BLOGComments Closed 

 

風邪の季節、フランスの民間療法

気が早い話ですが、夏休みの日本行きの飛行機を予約しました♪
今年の夏も大阪に1か月半ほど帰りますので、また皆様にお会いできる機会があれば嬉しいです。
いつも夏の飛行機を予約するとうきうきしてしまい、そわそわ落ち着きなく浮足立ってしまいます。
今年も予約完了した夜は寝付けませんでした(笑)
翌日も朝からなんだかフワフワした気分で地に足がついてない感じ…
浮かれすぎだわ、と気を引き締めましたが…なんだか体の様子が変。

熱を計ってみてびっくり、風邪ひいてました…
息子⇒娘⇒私、とめぐってきたウィルスについにやられてしまいました。

風邪をひいたら薬を飲んでゆっくり眠るのが一番…なのですが、現在まだ母乳をあげているのもあってできるだけ薬に頼りたくないのが本音です。
日本だと、のどにネギを巻くとか、玉子酒を飲むとか薬以外の対策いろいろありますが…
フランスではどんな方法があるのかな?と気になりました。
そこでフランスの風邪の民間療法を調べてみました。

ヨーロッパは陸続きなので近隣国の習慣もあるかもしれません。
もちろん、あくまで民間療法ですので体調の様子を見ながら試してみてくださいね。

コーラで栄養補給

g_antique05
フランスでは風邪をひいたらコーラ、というのはよく聞く話。
特にガストロ(胃腸風邪)の食欲のない時の栄養補給として、お医者さんからも勧められることがあります。
確かに熱っぽい体にしゅわっとした甘い炭酸飲料は美味しく感じて、水分補給にもなりますよね。

ユーカリオイルの蒸気で症状を緩和

g_antique06
ボウルに熱湯を入れ、ユーカリのエッセンシャルオイルを数滴たらします。
頭からタオルをかぶり、ボウルの蒸気を吸い込みます。
ユーカリオイルは清涼感のある香りなので、最初はちょっとむせることがあるかもしれませんが、じきに慣れてきます。
鼻詰まりの時、喉の痛みがある時などに即効性があります。
抗菌作用や殺菌効果もあるオイルです。

ちなみに、フランスでもエッセンシャルオイルを使ったナチュラルな美容、健康法は人気があります。
良質のオイルが手に入りやすいので、フランスのお土産にエッセンシャルオイルを買って帰るのも良いかもしれません。
私がいつも購入しているのは…こちらのショップ Aroma Zone  日本からも注文できますよ。

はちみつとタイムで喉をいたわる

g_antique07
喉が痛い時にはちみつとタイムをお茶にして飲む、という人もいらっしゃるようです。
はちみつが喉に良いのは万国共通ですね。
私のかかりつけ医は咳止めシロップを飲むのとはちみつを舐めるのは効果がさほど違わない、といつもおっしゃっています。
またお茶にして飲むと体が温まりますよね。

ニンニクを喉に巻く

薄くスライスしたニンニクをガーゼに包んで喉に巻くだけ。
喉が痛いとき、扁桃腺がはれている時などにフランス人から勧められたことがあります。
匂いが気になりますが、ネギを巻くのと似ていますよね。
私はまだやったことがありませんが、ぜひお試しください(笑)

ホットワインで体を温める

g_antique06
フランスの冬の飲み物といえば、vin chaud(ヴァンショー)、ホットワインですね。
赤ワインにスパイスや果汁などを加え、熱くして飲むと体の芯から温まります。
風邪がひどいときにはアルコール摂取はどうかと思いますが、風邪の引きはじめには効果抜群。
日本の玉子酒のような感じでしょうか?

ジャガイモ湿布で熱を下げる

ジャガイモのスライスをガーゼに巻き、頭や首筋に充てる。
しばらくすると熱が引き、中のジャガイモは水分が飛んで乾いた状態になっているそうです。
おうちにあるもので簡単にできるので、どうしても薬を飲みたくない場合に試してみてください。

お酢の力で熱を下げる

お酢を浸したガーゼを軽く絞り、おでこに充てる。
これだけで熱がどんどん下がるのだとか。
匂いがたまらなさそうですが、鼻詰まりの風邪だと感じないかも(笑)
この方法はとても効果が高い!という方がいらっしゃいました。
熱が下がるか、ぜひ一度試してみてください。

塩湯の足湯で体を温める

Relaxing foot bath with white orchids
お湯に塩を溶かして足湯にすると体が温まるので、風邪をひいているときの寝る前にすると効果的だそうです。
なお、レモン果汁を入れたお湯で足湯すると一日の疲れが和らぐ、など足湯の民間療法は結構あるみたいです。
簡単なので、風邪でなくても冷え性の人は試してみる価値ありですね。

ウォッカで背中をマッサージ

迷信っぽいですが…
ウォッカを少量手に取り、背中をマッサージすると体が温まり風邪が治るのだとか。
ヒリヒリしそうなきもしますが、酒飲みさんに試してほしい(笑)療法です。


 

基本的に風邪の時は体を温めるのが良いとされているのは日本と同じですね。
以前は熱がある時は冷水シャワーを浴びるか、水風呂に入るのが良い、などと言われていたようですが、最近はほとんど聞きません。
試してみたいものから胡散臭いもの(笑)までいろいろとある民間療法ですが、薬に頼れない時に一度チャレンジしてみてください。

【アンティーク雑貨セールのお知らせ】

2016年1月30日(土) から銀色アンティークWEBショップでソルドを開催しております。
30%OFF、50%OFFと徐々に下がる予定です。
ショップ内商品を割引価格でお買い物していただくチャンスですのでお見逃しなく♪
shop
ventgroslogo

2016-02-03 | Posted in BLOGComments Closed 

 

123