アンティーク紙雑貨

70年前の紙の感触…Lida & Rajanのアンティーク絵本

珍しく絵本に一目ぼれし、購入しました。
「BOURRU  L’OURS BRUN」は日本語で「茶熊のブーリュ」という意味のタイトルです。
春の森で、長い冬眠から目覚めた熊たちの活動を描いたほのぼのしたお話…(まだ全部読んでないのでおそらくのストーリーですが…)

フランスの子供向けの絵本は、絵がとても特徴的です。
描写が細かくちょっと怖いテイストのもの、温かみのある親しみやすいもの、有名イラストレーターのかわいらしさにドキドキしてしまうようなものまで…
人それぞれ好みはあると思いますが、作り手のこだわりを感じるものばかりです。

この絵本はF.Rojankovskyというロシア人のイラストレーターとチェコ出身の作家Lida Durdikovaによるものです。
この二人はPère Castorコレクションとしてフラマリオン社から子供向けの絵本を何冊か発表している人気ユニットでした。
余談ですが、当時アシスタントをしていた作家のLidaはコレクションの創始者に見初められて後に結婚しています♡

IMG_8910

ざらっとした質感の厚手の紙に印刷されています。
懐かしく優しい色味で、ほのぼのした雰囲気が伝わってきます。
活字の字体もタイプライター打ちの行間が垣間見られます。
細部にいたるまで全て「ほのぼの」感に満ち溢れています。
こういう絵本を蚤の市の片隅で見つけた時は、必ず手に取ってしまいます♪

 

IMG_8912

1936年に発行。
和暦で言うと昭和11年、80年近く前のものです。
戦前に作られたものなのですね…しみじみと時代の変化を感じます。
子供たちの絵本は今も昔もどんな時代でも大切にされているわけです。
この本は1947、昭和22年に増刷された版ですがそれでも70年ほどの時が経っています。
終戦直後から何十年もの時を経たとは思えないほどきれいなコンディションを保たれています。

 

797_001

RIDA&ROJAMのユニットでの他の絵本も気になります。
Père Castor シリーズの絵本は1931年より発行されて続けており、初期のものはレアアイテムとして蒐集家の間でも人気です。
個人的に気に入っており、興味深い分野でもありますので私も蒐集家の仲間入りをしようかとも思ったり(笑)

Père Castor シリーズの絵本は今も新しく次々と発行されており、どれもやはり可愛らしいので、書店でもチェックしています。
自宅用にもプレゼント用にも重宝しております。
ventgroslogo
shop
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

 

La vie en FRANCE 商品ラインナップ【ポストカード】

いよいよ今月、11月19日から開催される「フランス生活」をテーマにしたLa vie en FRANCE。

本日はアンティークポストカードのご紹介です。
1910年頃、戦前のものが中心です。

pap031a pap036a

pap050a pap049a

pap048a pap047a

pap045a pap044a

pap041a

 

この季節にぴったりなノエルや新年のご挨拶に使われたもの。
戦地の恋人にあてたロマンチックな恋文などなど。
想像するとドキドキするような裏面のメッセージも、アンティークポストカードの魅力の一つです。

流れるように達筆なフランス語の文章も一緒にお楽しみくださいね。
アンティークポストカードもすべて一点ものです。
ぴん!とくるものがありましたらどうぞお早めに会場に足をお運びくださいね。

この他にもフランスの蚤の市で厳選セレクトしたアンティーク雑貨をお届けする予定ですので、お近くに来た際にはぶらりとお立ち寄りください。

20131119
場所:Gallery KOMPIS ⇒Map
開催期間:11/19(火)~11/24(日)
時間:11:00~18:00(最終日15:00迄)

2013-11-06 | Posted in BLOG, 商品紹介, 銀色ニュースNo Comments » 

 

アンティークなきのこの図鑑

アンティークの標本はミステリアスで眺めているとドキドキしてきます…
このきのこの図鑑も、どこか懐かしい色遣いにガラクタの中から思わず手に取ってみてしまいました。

g_antique

これは、きのこ狩りをした時食べられるものと毒性のあるものを見分けるために作られたイラストボードです。
毒キノコを見分けるための図鑑が現代でもたくさん出版されており、今の時代はきれいな写真が使われています。

現代ならではのツールと言えば…?とさっきちょっと調べてみたらスマホやタブレットPCで利用できるアプリにもきのこ図鑑がありました。
季節になったらちょっと森まできのこ狩りに♪というスタイルが今でも人々にとって自然な事なのですね。

しかし、いくら図鑑でチェックしても良く似たきのこもありますし、素人が判断するのはちょっと心配…
というわけでフランスでは街の薬局にきのこを持って行けば食べられるものかどうかを見分けてくれます。
この国では薬剤師さんになるために、きのこの基礎知識も学ぶのかしら?と余計なことが気になります(笑)

このきのこの図鑑を手に取って眺めている間にも、食べることが大好きな美食家たちが集まってきて、ご自慢のキノコ料理のお話に花を咲かせておりました。

そんな楽しい買付の末銀色アンティークにやってきたきのこ図鑑。
しばし眺めて休息の、午後のひとときなのでした。。。

 

【関連記事】

 


アンティーク・レトロ雑貨ブログランキング

2013-01-25 | Posted in BLOG, アンティーク雑貨No Comments »