アンティーク古着

少年たちのレースファッション

凝ったデザイン、上質のレースで飾られたドレスをアンティーク市で見かけると「お!!」と胸が高鳴りますが、このような素敵なドレスは何も大人用だけではありません。

欧米のカトリックの国では、赤ちゃんが生まれた時に洗礼式用を行う習慣があります。
その際のセレモニードレスは、まだ首も座りかけの赤ちゃんに着せるものとは思えないほど繊細上質、大人顔負けのでデザインで作られているものが多いです。
日本でいうところのお宮参りに似た感じでしょうか…

IMG_0026.JPG IMG_0021.JPG IMG_8941.JPG IMG_8930.JPG IMG_8924.JPG

このようなセレモニードレスは一度着用し、その後は記念と思い出のためにまた箱に入れ、長い間大事にしまわれていることが珍しくありません。
そのため、長い年月を経てもとてもきれいな状態で手に入れることも可能です♪

それ以外にも上流家庭のお子様の持ち物だったのかと思われる、可愛らしいドレスや飾り襟は、アンティークレースアイテムの中でも一つのカテゴリーを作れるほど。
豊富なデザインと、手作り品が少なくないことに親から子へそそぐ愛情の深さが計り知れます。

さて、そんなフリルやレース、刺繍がふんだんに使われたロマンチックな幼児用のドレスですが…
実は女の子用のお洋服というわけではありませんでした。
フランスでは昔、男児にも女の子のようなレース、フリルのドレスを着せる習慣があったようです。
昔と言っても、現在70代の男性の子ども時代の写真にもドレス姿のものを見たことがあるので、それほど大昔の事ではなく、結構最近まで習慣として残っていたようです。

元々は今ほど医療が発達していなかった時代の風習でした。
女児より体が弱かった男児は乳幼児の死亡率がとても高かったそうです。
このため、女の子の恰好をさせて悪魔を騙す、という意味で魔よけだったともいわれています。

この風習はフランスだけのものではなく、日本でも平安時代ごろより同じ風習があったと言われています。
有名な写真で、昭和天皇が幼少期に坊主頭にフリルのワンピースをお召しになったものを見かけたころがあります。⇒参考画像

その昭和天皇がフリルのドレスをおめしになっていたのと同時期、1905年の新聞雑誌「Femina」より、可愛らしい少年コンクールなるものが開催されており、かなりの盛り上がりを見せる人気のコンテンツだったようです。

IMG_3765.JPG

↑全員男子です♡
こちらの13名は3500名のエントリーの中から一次審査を通過し、最終ステージに残った少年たち。
この時代におめかしをして写真を撮れるのはきっと相当な上流家庭のお子様だけだったと思われます。
3500名が少ないように思えるかもしれませんが、エントリーする時点ですでに難関だったと言えそうです。

そして栄えある可愛い男の子ナンバーワンの座を獲得したのは、こちらの少年。
5歳半のポールくんです♡
IMG_3766.JPG

カールした巻き毛、レースの飾り襟はまさしく女の子ファッション。
ですが、このコンクールに参加した男の子たちの中で、このような女児ファッションは珍しくありません。

↓こちらのジャンくんも長い髪にレースの飾り襟。

IMG_3768.JPG

 

↓こちらの少年はオフショルダーで色っぽささえ醸し出しています。

IMG_3767.JPG

「Femina」は女性向けの雑誌だったため、よりフェミニンな衣装が好まれたというのもあるかもしれません。
わが子の健やかな成長を願って女の子ファッションを着せていた親の気持ち…?

余談ですが、第一子に男児をもつ私。
楽しいけれど大変な男の子育児をしていく中で、女の子のお洋服のかわいらしさを何度も羨ましく思いました。
時代が時代ならきっと嬉々としてフリルとレースのドレスを着せていたことだろうと思い、男の子をドレスで着飾らせる親の気持ちの片鱗が理解できたような気がしたのです(笑)

更に余談ですが…
3歳の娘は現在日本語やフランス語をどんどん吸収しているところです。
そんな娘が「男の子はぎゃるそんって言うんだよ」と教えてくれました。
女の子はなんていうの?って聞いてみたら「女の子はぷりんせすって言うのよ」ですって♡
面白過ぎて間違いを正せない自分がいました。
※女の子⇒filleフィーユ です、正解は。

2018-06-17 | Posted in BLOG, 雑記Comments Closed 

 

マドモワゼルの夏の装い

夏が近づくと、バカンスの計画を立てそわそわと浮足立つのは今も昔も変わらないようで…
1872年7月21日(日)発行の「RENUE DE LA MODE」にはお嬢様の夏の装いの最新情報が載っていました。
夏服にしては露出が少ないのは、淑女たるもの…な時代背景と、避暑地で過ごす設定でのお衣装だからかもしれません。
IMG_3485.JPG

 

左のご婦人は黒レースを使ったアイテムを纏っているようです。
アイテムの説明書きを読み解いてみると…カジノ用衣装なのだそうです!

まずふんわりと羽織ったこちらの黒レース、これはフード付きのケープです。
チェリーピンクとブルーのリボン飾りが付いているそうですので…想像を膨らませてみてください(笑)
描かれた質感や模様からして、これはシャンティイのシルクチュールだと思われますが、これも想像。

20180603.JPG

ケープの下は…
モスリンのロングワンピース、スカートは二段重ねになっており裾は細かいプリーツフリル。
ワンピースのサッシュベルトにも黒レースのケープと同じチェリーピンクとブルーのリボンが使われているそうです。
腰のあたりに垂れた幅広いリボンがそれでしょうか。

201806032.jpg

ドレスの裾はプリーツフリルの他にリシュリューのスカラップ刺繍やボーダーレースもあしらわれており、さすが最先端のファッションだけあり凝った作りなのが見てとれます!

 

次に右のご婦人がおめしになっているのは、ディナー用ドレス。

バスク風胴着がこの頃流行していたようです。
すとんとしたシルエットの胴着で、腰位置で切り替えがあり、スカートに少しかぶるような裾デザイン。
袖は優美に広がり、レースとプリーツフリルで装飾されています。

201806033.jpg

 

スカートは緑のシルクオーガンジー。
後が長く、前がやや短い形がこの年の流行だったようです。
全体的にたっぷりとしたフレア、膝のあたりに細かなギャザーが入ったデザインです。
更に重ねるようにレース生地の飾りが。
こちらは丸い形で前と後ろに丸くエプロン状に配置されています。
細かなプリーツフリル、リシュリューのスカラップ刺繍やボーダーレースは上記のカジノ用ドレスと共通しているのでしょうか?
丸く広がったデザインで腰のふくらみを強調しています。
こちらも腰に大きなリボン飾りがついておりこの夏の最先端スタイルだったことをうかがわせます。

201806034.jpg

ちなみに記載ではこのリボンはザクロ色なんですって!
想像力を鍛えてください♪

お衣装の他にもカールをきかせたハーフアップのヘアスタイルと存在感のあるイヤリングも、この夏の流行ですのでお忘れなく!

 

【おまけ】

パリの最先端ファッションをお探しのマドモワゼルにおすすめ、マダム・パヤンのお店をご紹介♡

一番人気は「イザベルモデル」
繊細なレースと華やかなリボン使いが今年風♪
モスリン生地の上にヴァランシエンヌレースがたっぷりとあしらわれています。

IMG_3487.JPG

IMG_3486.JPG

この夏の最新「イザベルモデル」はヴィヴィエンヌ通りのマダム・パヤンのお店まで♪
※現存しているかどうかの保証はありません。

6月はフランスでは年度末の月でもあり、大人も子供もヴァカンスの予定に心躍らせております。
私も7・8月は日本での里帰りヴァカンスが楽しみすぎて今から鼻歌歌っています。
関西限定にはなりますが、アンティークレース等手に取ってみていただける場も計画しておりますので皆様にお会いできるのを楽しみしています♪

2018-06-04 | Posted in BLOG, 雑記Comments Closed 

 

アンティーク古着の染み抜き(実践編)

先日蚤の市で、汚れのひどいアンティークのワンピースを見つけました。
濃いシミや全体的な変色など、状態が良くなかったためお値段交渉し何枚か譲ってもらいました。
汚れはひどかったものの、モノグラムの刺繍がとても可愛らしく、破れやほつれ等のダメージもほとんどなかったため染み抜きに挑戦!
(さらに…)

2018-04-29 | Posted in BLOG, 雑記Comments Closed 

 

12