BLOG, アンティークレース

ダマスク織とランパス織

古く上質な布はなかなかお手頃な価格で手に入れることができず、ショップでは品薄気味のアイテムです。

t096a

つややかな織地が魅力のアンティークランパス布
http://giniroantique.ocnk.net/product/1545





 

中でもダマスク織とランパス織は古布の中でも人気があり、個人的にも好きで扱っている布の種類。
現行品でも根強い人気で、シルクを使った上質なものから新しいものでは化学繊維で艶感を出しているものも。

「ダマスク柄」も人気ですよね♪
当サイト、ショップなどの背景にもダマスク柄を使っております。
アンティークとしっくりくる柄なので、古布でもこの雰囲気のものはとっても人気があるようです。

ダマスク織 (アラビア語دمسق‎)とは、裏地のある綿リンネル羊毛合成繊維の衣服・織物で、 織り方にパターン化された模様を伴うものである。一本の経糸緯糸から編まれ、通常は経糸で模様を織り、緯糸で素地を織る。ツイル・ダマスク綾織り で織られた模様と素地を含む。[1][2]。絹のダマスク織は日本において緞子と呼ばれる。by Wikipedia

Lampas is a type of luxury fabric with a background weft (a “ground weave”) typically in taffeta with supplementary wefts (the “pattern wefts”) laid on top and forming a design, sometimes also with a “brocading weft”. Lampas is typically woven in silk, and often has gold and silver thread enrichment.by Wikipedia

ランパス織は艶のある織地に金糸銀糸などが施された華麗なものが良く知られています。
そのような高級品は美術館などで保管されているのですが、蚤の市でも時折価値の高そうな古ーいものも見かけます。
ランパスの雰囲気はどことなく和風、アジア風に見えることもあるのですが、
実際に18世紀にはシノワズリと呼ばれる中国風のモチーフで織られた布も多く織られており、今でも骨董ファンに人気です。

【おまけ シノワズリのランパス布】
t040a


銀色アンティーク WEB STORE  アンティーク布
 ←古布のお買いものはこちらから♪

過去に取り扱った古布はこちらでまとめてご覧になれます。

2013-03-09 | Posted in BLOG, アンティークレースNo Comments » 
Comment

コメントを書くにはログインが必要です