アンティーク銀食器

フランス中が白く可憐な花であふれる日

5月1日はメーデーの日。
毎年祝日で町中のショップやレストランもクローズします。
この日はフランスではすずらんを贈り合う素敵な習慣があります。
相手の幸運を願い「幸運の訪れ」や「無垢な美」などの花言葉を持つこの花を贈るのだそうです。

ほのぼのとして可愛らしいこの風習ですが、元は16世紀に王族や貴族の間で始まったと言われています。
男性が女性のドレスのボタン穴にすずらんを刺し愛の告白を行っていたのだそうです。
何だか日本のバレンタインでーみたいですね(笑)
そしてこのため出会いの場として「すずらん舞踏会」が開催されていたという話もあるそうです。
さぞかし華やかで活気に満ちたサロンだっただろうと想像が膨らみわくわくしますね。

現在は5月1日には街中でいろんな人がすずらんの小さなブーケを販売しています。
普段はものを販売するのには特別な許可をとる必要があるのですが、この日は誰でもどこででもすずらんを売っても良いと法律で決められているのだそうです。
花屋さんの店先はもちろんの事、パニエにすずらんのブーケをたくさん入れて道や広場で売る家族やおばあちゃんの姿も見かけ、誰から買おうかな?と迷うのも楽しみなのです。

またフランス以外のヨーロッパ諸国でもこの季節に春を祝うお祭りが多く行われており、花が咲き乱れる初夏に心躍る人々の気持ちが見て取れます。
特別な理由がなくてもお花を見ると心が明るくなるのはどの時代もどの国でも同じこと。
皆さんも大切な人に日ごろの感謝の気持ちと共にお花を贈ってみるのはどうでしょうか?

さて、銀色アンティークでは新着商品の販売をしております。
アンティーク銀カトラリーとアンティークタブロを取り揃えました。

カトラリーは大変人気でリクエストも多い商品です。
銀の輝きはシンプルなデザインでも食卓に華を添えてくれますが、せっかくのアンティーク品ですのでアールヌーボーの色が強く残っているさらに華やかなデザインのものをセレクトしました。
背面のデザインが凝ったものは当時のフランスのテーブルマナーの名残ですので、フランス製品の特長です。
ぜひご覧ください。

 shop
ventgroslogo

 

フランスのブルジョワ家庭で大切に使われてきた、銀食器、白刺繍のリネンなど

今週もフランスの蚤の市から新着商品をお届けしております♪
アンティークならではの繊細な細工とアールヌーボー調のデザインが美しい銀食器、フランスの家庭ではで古くから大切に作り使われてきた白刺繍入りのリネンなど、見ているだけでも楽しいお品ぞろえです。

では一部をご紹介♪

柄の部分のデザインが一風変わっており、アールヌーボーファンの方の心をわしづかみにする雰囲気です。
シルバープレートの刻印もしっかりと入っています。
フランスの古き良き時代を象徴したようなお品です。

セット使いができるデザートにぴったりなスプーン&フォークのペアです。
フォークはオードブル用の形ですが、デザートにもちょうどよいサイズです。
菓子切りにも似ているので和菓子に添えても良いかもしれません。

グラス部分の丸みが何ともたまらない、シルバープレートのカリス。
足がすらりと細く長く、スタイル抜群です。
ディスプレイ用にぴったりです。

ゆらゆらと揺れるタッセルのような動きが美しい手芸パーツです。
髪飾りや帽子のアクセサリーなどに仕上げると素敵ではないでしょうか?

どことなく懐かしくスモーキーなグリーンが魅力のアンティーク布。
織り込み模様がフランスのアンティークらしい品の良さを出しています。

鮮やかな色合いと美しいモチーフがなんとも華やか。
フランスらしいデッドストックの布です。
インテリア雑貨に仕立てたり、バッグを作ったりしてみてはどうでしょうか?
程よくしっかりとした布地です。

フランスで古くから使われている白刺繍がふんだんに施されたリネンの布地です。
すべて手刺繍でステッチされており、現代ではあまり見かけなくなった懐かしさとフランスの美意識を感じさせてくれる一枚です。

同じく、美しくデザインされたモノグラムをボリュームのある白刺繍で仕上げたフランスらしいリネン布。
白地に白のステッチですので、これでもかというほど華やかな図案ですが何とも清楚にシックにまとまっています。

こちら、今回のおすすめ品です。
76cm×59cmのサイズにすでにカットされているため、一枚600円のお買い得価格です。
おまとめ買いで送料がお得になりますよ♪
パッチワークなどに最適なコットン布ですので、ぜひチェックしてください!


【アンティーク雑貨セールのお知らせ】

2016年1月30日(土) から銀色アンティークWEBショップでソルドを開催いたします。
ショップ内商品を割引価格でお買い物していただくチャンスですのでお楽しみに♪

shop
ventgroslogo
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

2016-01-23 | Posted in BLOG, アンティーク銀食器, 商品紹介, 銀色ニュースComments Closed 

 

アールヌーボーの銀食器と銀のカリス、上品な輝きが心を浄化してくれそう…

銀の上品な輝き引き寄せられるようにについつい手が伸びてしまった、新年最初の蚤の市でのセレクトは銀食器。
フランスの銀食器は老舗のCHRISTOFLE(クリストフル)が有名ですが、今回はメーカーではなくデザインにこだわって選んでみました。
古い銀のカトラリーは美しい繊細なデザインのものでもお手頃価格で見つかることが時々あります。
今回、銀製品ばかりたくさん扱っているお店との出会いがあったため、今年は銀製品を多めにそろえることができそうな予感です。
というわけで、遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
今年も銀色アンティークをご贔屓によろしくお願いいたします。

それではさっそく一部をご紹介♪

純銀製のカリス。
銀製品を購入するときは刻印を確認するのがお約束ですが、純銀製の証しであるひし形の刻印がありました。
小さな刻印で、見落としてしまいそうでしたが。
装飾はシンプルですが、聖ヴィアンネーのメダイがついています。
この器はとても小さく軽いです。

 

g_antique04

カリスとは…カトリックの聖祭で使われる器で、葡萄酒を入れて使われるものです。
聖爵、ポティールなどとも呼ばれる事があるそうです。
美しくデザインされ、上質の素材で作られているものが多いため、このように銀器の専門店でもコレクターアイテムとして売られていたりします。
こちらは実際に使用されていたもので、愛用の証である使用感が漂っています。
新品同様に大事にしまわれていたお品とは違い、細かな傷などがありますが、それもまた魅力。
数々のミサで人々の祈りを聞いてきた器なのです。

 

こちらもカリス。
シルバープレートのお品です。
掌に心地のよい重みがある持ち心地。
シンプルなデザインが銀の上品な輝きの魅力を引き立てています。

g_antique03

中央のものは、食前酒用のグラスのようなフォームです。
すらりとした足長の姿がとてもエレガント…♡と一目ぼれしました。
丸みを帯びた器の部分の形も好き。
「好き♡」ばっかりで説明になっていませんが(笑)とにかく好みの一品です。

こちら、近日中にショップで販売開始の予定ですが、ご興味のある方は事前予約を承りますのでお気軽にお問い合わせください。
お問合せはこちらから

カトラリーも何本かセレクトしました。
今回は「アールヌーボー」風なデザインを意識して選びました。
シンプルなデザインのカトラリーも、銀の上品さを引き立ててくれるので大好きですが、複雑で美しいデザインのものも華やかで素敵ですね。

g_antique02

花や葉っぱが美しい曲線でデザインされた、曲線美が魅力。
こんなカトラリーを普段使いにしてみるのは何とも贅沢ですよね。
小さなカフェスプーンから、生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

g_antique01

カトラリーの背の部分のデザインも注目です。
フランスではテーブルセッティングでカトラリーを伏せて並べるのが正式だとされていました。
そのため、他国のデザインと違い背の部分の装飾も美しいのが特徴なのだとか。

今ではよっぽどかしこまったレストランでもカトラリーが伏せて置かれていることはありませんが…
なのでフランスの「アンティークカトラリー」の特徴と言ってもいいかもしれません。

g_antique05

銀の小さなカトラリーは毎日の生活にちょっとした贅沢な気持ちと潤いをもたらしてくれるアイテムです。
気軽に取り入れることができますので、ぜひお気に入りを見つけていただきたいです♪

なお、銀食器を使ってみたいけど選び方やお手入れ方法がわからない…という方は下↓の記事をご参考にしてくださいね。
銀の上品な輝きを毎日の食卓にぜひ!

 

【関連記事】

銀食器を暮らしに取り入れるためのお手入れ方法、簡単・その上エコ。

銀食器の刻印 -1- 純銀かメッキかを見分ける方法

銀食器の刻印 -2- 毎日の食卓にシルバーを



shop
ventgroslogo
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

2016-01-04 | Posted in BLOG, アンティーク銀食器, フランス蚤の市, 商品紹介Comments Closed