アンティークレース

アルトワ伯爵と妹クロチルドの肖像 -名画の中のアンティーク-

絵画の中で上品にほほ笑む貴婦人の姿には、何百年の時を経てもうっとりとため息が出ます。
が、肖像画を見る時どうしてもついついお衣装の方に目が行ってしまうのは私だけでしょうか?

一目でシルクと分かるなめらかな質感まで描写した名画の中には、当時の最高級品であったレースも詳細に描いているものが少なくはありません。

かつては金や宝石よりも価値が高いとされていたレース。
それ自体が富と権力の象徴だったと言われています。
自身の身に着け肖像画を描かせることが、当時の有力者のステータスだった事が想像できます。

そんな風に名画の中に素晴らしいアンティークレースを探すのも鑑賞の楽しみです。

本日はレースが素敵な絵画の中でも、とりわけ気に入っているこちらをご紹介したいと思います。


20180205a.jpg
アルトワ伯爵と妹クロチルドの肖像 ルーブル美術館

この絵はフランス国王シャルル10世の幼少期の姿を描いた王家の肖像画です。

仲の良さそうな兄妹の姿が生き生きと描かれています。

この絵が描かれた時6歳だったシャルル10世は、アルトワ伯爵(Conte d’Artois)と呼ばれていました。
妹のクロチルドは4歳だったそうです。
装飾やレースがふんだんに使われたお衣装でおめかししています。
汚し盛りの幼い子供にこれほどの繊細で上質な衣装を纏わせるのは、さすがに王家の家族の品格ですね。

この肖像画、特に妹のクロチルドの衣装に使われているレースの美しさといったら…

4歳の少女はまだ頭にボネをかぶっています。
その縁取りはちらりとしか見えないのに素晴らしく繊細なレースだとわかります。
首元でリボン結びされたシフォンも可愛らしさを引き立てています。

更に大きくデコルテが開いたドレスの胸元には刺繍が施された繊細なレースの装飾が。
そしてスカートに重ねるように贅沢に使われたレースといったら…
これはボビンレースの一種であるフランドルレース(dentelle de Flandre)だと記録されているそうです。
また袖元に幾重にもフリルをつけたレースも、同じくフランドルレースなんだとか…

これほどに豪華な衣装を身に着けて、愛らしく微笑む少女。
たった4歳の女の子なのにやはり衣装に負けない気品が漂っています。

豪華なレースを身に纏った肖像画には、富と権力を見せつけるような押しの強いものもあります。
しかし、この幼い兄妹は自然に気負いなく着こなしているところが素敵です。
生まれながらの気品ですね♪

やはりいくら高価で素晴らしいお衣装で着飾っても「品」がないと、ですね。

こちらの絵は、ルーブル美術館のinstagramから詳細部の拡大もご覧いただけます。
アルトワ伯爵と妹クロチルドの肖像

 

 

 

2018-03-07 | Posted in BLOG, アンティークレース, 雑記Comments Closed 

 

長旅を経たアンティークレースセット、本日よりご覧いただけます

長旅の末、アンティークレースたちが鎌倉へ到着しました。

こちら、アンティークレースセット15点は、先月1月23日にフランス、リヨンから日本へ向けて発送したのですが…手違い?天候?などのトラブルを経て、本日2月17日にやっとこさ宛先まで届きました。

このところ雪などの影響で運輸経路の交通が乱れていたのも一因だとは思いますが、最初の発送後二週間ほどして発送元に返送され、その後再発送…と時間がかかってしまいました。

これまでの配送の経験から大体2週間ほど見ていれば間に合うと計算しましたが、今回は運悪く予定の納期に大幅に遅れての到着となってしまいました。
しかし、これまで何千回も仏→日へ荷物を送ってきましたが、返送されたのはこれが初めてです。

幸い、追跡を付けて発送していましたので、荷物の大まかな状況は知ることが出来ました。
フランスを離れるまで数日間は記録がなく、日本に到着してからはマメに記録が残っているのは、日仏らしい違いです(笑)
荷物が遅延した場合には追跡番号があると心強いですね。

とにかく無事に到着して一安心ですが、予定より大幅に遅れたことにより、お客様ならびに開催者様に大変ご迷惑をおかけした事をお詫びいたします。
申し訳ありませんでした。

さて、気になる荷物の中身ですが…告知していました通りアンティークレースの詰め合わせセットです。
内容を一部ご紹介♪
すでに一か月近く前に手元を離れたレースたちですので、懐かしい感じ(笑)

セットは中が見える透明な袋に入っています。
大体袋の外から内容がわかると思いますが、広げてみるとこんな感じです。

当ショップ比で2~3倍の価格のお品が入っております。
大変人気でお問い合わせも多くいただいているアンティークレースセット。
これからもご要望があれば作っていきたいと思っていますので、お楽しみに♪


ご紹介したレースセットは先日より鎌倉のアトリエショップ 葉っぱ小屋 さんで開催されています「わくわく素材蚤の市」で販売中です。(~2月25日まで)

お近くにお寄りの際はぜひ足を運んでみてくださいませ♪

詳しくはこちらをご覧ください。

shopventgroslogo

2018-02-17 | Posted in BLOG, アンティークレース, 出店(委託)履歴Comments Closed 

 

アンティークレースでカスタマイズファッション

アンティークレースを取り入れたファッションを楽しむ方が増えていますね♪
アンティーク古着を着こなしたり、レースやリネンをふんだんに使い自作したりする上級者さんも多いようです。
古いレースを上手く使うのは難しいように思うかもしれませんが、ワンポイント使いならさりげなく気軽に楽しめます。
今日はそんなワンポイントレースの一例をご紹介♡

レースと言えば、涼しげで夏のイメージがあるかもしれませんが…
冬のファッションに合わせてもぴったりなんです。

中でも一番簡単に、普段のお洋服にプラスできるのは、やっぱりつけ襟タイプの飾り襟です。
丸首のお洋服ならたいていのものにプラスできますが…
こんなベルベット素材に合わせると、クラシカルな雰囲気が引き立ちます。
アンティークの素材ならではの世界観です♪

こちらは子供用のお洋服&飾り襟ですが…
クリスマスや年末年始など、ちょっとしたお洒落が必要な時に普段使いのキレイ目ワンピにプラスするとお育ちの良いお嬢さま風ファッションが簡単に出来上がっちゃいます。

フランスの家庭ではクリスマスは子供も大人もおしゃれして家族全員が集まってお祝いしますので、このようなおめかしスタイルは必需品です。

 

アイボリーカラーのもこもこニットは、同系色のレースと相性抜群。
モチーフタイプのレースなら、ちょこっと縫い付けたり、飽きたら取り外すのも簡単。
端の始末など面倒な事がありませんので、カスタマイズの初心者さんにおすすめです。

既存のシンプルなお洋服をカスタマイズするのが、今世界中で流行っていますよね♪
レースモチーフはお洋服だけでなくバッグや帽子にもぴったりなカスタマイズアイテムですので是非チェックしてくださいね。

ちなみに我が家ではこんなレースモチーフを娘のタイツやズボンの膝補強に使ってます。

 

同じレースモチーフでもこのような繊細なタイプだとよりエレガントな演出ができます。
種類によって可愛らしさや、上品さ、違うタイプの雰囲気を楽しめるのもアンティークレースの醍醐味かもしれません。

どれも、ミシンなど使わずにちょこっと縫い付けるだけでできますので、この冬はぜひアンティークレースを使ったワンポイントカスタマイズにチャレンジしてみてくださいね。

 

2017-12-11 | Posted in BLOG, アンティークレースComments Closed