アンティークレース

蚤の市で出会ったアンティークレース

このところ、アンティークレース熱が今まで以上に高まり、積極的に蚤の市でアンテナを張っています。
蚤の市ではアンテナを張り、念じていれば良いお品に出会う確率がぐっとUPするような…
今日もたくさんの素敵なアンティークレースに出会いました。
その中から一部をご紹介♪

IMG_8915
葡萄のモチーフがフランスらしいニードルレース。
両サイドのぴこっとしたピコットのような部分が好き♡
葡萄と葉の絡み具合と言い、程よくしなやかにやわらかくなった消耗感や色味といい、個人的に好みの一枚です。

IMG_8917
現在私の中ではヴァランシエンヌレースが熱いです!
ボビンレースの一種ですが、とっても細ーい糸で織りあげられているため、薄手でしなやか。
チュールの空気感が軽やかで爽やかです。
上の写真のレースは幅広目で大きな花のモチーフ、スカラップになっており、控えめなヴァランシエンヌの可憐さとは別に華やかさも併せ持っています。

IMG_8918
これも幅広のヴァランシエンヌですが、素朴で洗いざらしな風合いがナチュラル。
華美すぎない控えめな装飾を楽しめます。
そんな控えめなところもヴァランシエンヌレースの魅力だと思うのです。

IMG_8919
こちらは同じボビンレースでもざっくりとした織地です。
トラディッショナルなモチーフを織り上げた、ボビンレースの見本のような技法のレースです。
このタイプの強みは何と言ってもしっかりと強度があるところ。
取り扱いに神経を使う事なく、お洗濯もがんがんできちゃいます。

IMG_8920
チュール地にコード刺繍が施されたタイプの美しいレースですが、レース以上にラベルに惹かれて購入。
ラベルには素材の「RAYON」の文字があり、化学繊維が用いられている事がわかりますが、このレーヨン繊維は1855年にフランスで特許が取得されており、アンティークレースの素材でも使用されている場合があります。
艶のあるコードを縁取りにステッチされています。

IMG_8921
マシンメイドの立体的なレース。
ボリュームのあるコードでモチーフを縁取る事によって輪郭を際立たせます。
ぐっと表情が華やかになります。

IMG_8922
こちらはニードルレース。
大柄がおおいニードルレースですが、このような可憐なものも素敵です。
モチーフに似合った純白が清楚な雰囲気。

IMG_8914
またもや、幅広のヴァランシエンヌレース。
お気に入りの種類はついつい大目に仕入れてしまいます。
柔らかな雰囲気がなんとも素敵♪

以上、今日であった新着アンティークレースの中からお気に入りを8点ご紹介しました!
ショップに並ぶ日をお楽しみに♪

shop

Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

2015-06-07 | Posted in BLOG, アンティークレースNo Comments » 

 

蚤の市と薔薇の季節

この週末薔薇フェスティバルがおこなわれていたリヨン。
街中が薔薇でデコレーションされ、それはそれは美しいそうです。
街に出てない私は、実際には見てないのですけど。
リヨン市のサイトのPR動画もすてきで、わが町の忘れかけていた魅力をまた思い出させてくれました。

Festival Mondial des Roses – La Rose au Centre Festival Mondial des Roses : Ouverture officielle hier de la déambulation du centre-ville entre la Place des Jacobins et l’Hôtel de Ville. Profitez en ce weekend !La rose au centre : http://ow.ly/NDxNj

Posted by Ville de Lyon on 2015年5月30日

5月の最終日曜日はフランスでは母の日ですのでちょうどよいプレゼントですね。
母の日のイベントなのか、薔薇フェスティバルの関係か、街中で薔薇の花を配ったりしているようです♡

g_antique05

そんな華やいだリヨンに日本からお客様がいらっしゃいました。
数年前より交流させていただいている作家さんで、アンティークレースを求めてフランスを旅されている途中でリヨンに立ち寄ってくださいました。
明日は蚤の市にご一緒させていただく予定です。

今日リヨンに到着されたばかりでお疲れのところお時間を作ってくださり、当店のレースも手に取ってご覧いただくことができました。
作品作りの事や手作り市でのお話など、またアンティークレースのお手入れ方法等々…興味深いお話をたくさん聞かせてもらいました。
こちらも、大好きなレースの話題にお話ししたいことがたくさんありすぎて時を忘れてしまうほど。
同じ共通の趣味についてのおしゃべりは本当に楽しいものですね。

せっかく遠い所からいらっしゃったので、明日の蚤の市ではたくさんのレースが見つかりますように…と願ってます。
それより、とにかく雨が降りませんように!

銀色アンティークのアンティークレースはこちらからご覧ください。

 

ventgroslogo

 

shop

 

やっぱりアンティークボタンが好き!

GWももうそろそろ終わりですが、楽しい連休を過ごしたでしょうか?
ここフランスも5月は祝日が多く日本ほど連続はしませんがお休み多目です。
とはいえ、我が家は大きなお出かけの予定もなく、友人宅に招かれたり近くの公園でのんびり過ごしたり…
普段と変わらない平凡な過ごし方をしています。

蚤の市は天候が悪くなければ毎週日曜日に足を運んでおります。
この頃はイタリア人のバイヤーさんが増えているようで、特にアンティークレースやリネン類を大人買いされていくのを見て負けじと良い品を探して歩き回っています。

最近の銀色アンティークは商品ラインをアンティークレース類、アンティークアクセサリー類、メダイ&ロザリオがメインになってきています。
オープン当初はメルスリーと雑貨類をメインとしていましたので、少しずつ変化しているのかもしれません。
しかし、最初からずっと変わらずに中心的な位置づけの商品といえば、アンティークボタンなのです。

元々、ボタン好きが高じて通い始めた蚤の市。
どこかのおばあちゃんが箱いっぱい、缶いっぱい、瓶いっぱいに集めた様々なボタンを見つけた時の高揚感は今でも健在です。
そんな風に出会ったたくさんのボタンの中から、特に美しいもの、かわいらしいものをご紹介し始めたのが銀色アンティークのはじまりでもあるのです。

なかなか安定した仕入れの難しいアンティークボタンですが、5月1日に10点新しくUPしました。
古めかしさとモチーフがたまらないメタルボタンなどなど、一部をご紹介。

B797-2 B797-3

こちらは消防士のユニフォームボタンです。
蒐集家さんたちに人気のパリスバック♡

 

B804-3

不思議な曲線のメタルボタン。
清楚なマットなシルバーが涼しげです。

 

B805-2

古めかしい一品。
真鍮カラーが味わい深いです。

 

今回は10セットのみですが、また素敵なボタンとの出会いがあればどんどんUPする予定ですのでお楽しみに♪
お買いものは↓ ↓ ↓ こちらから。

shop