アンティーク-メダイ・ロザリオ

フランスのアンティークロザリオ:使い方、素材、年代etc…

キリスト教徒の中でもカトリックの信者が祈りをささげる時に手にもって使うロザリオ。
きらきらと光を通すガラスのパーツや、品のある艶の貝のパーツなど、目にも美しいものが多いです。
中でもフランスの蚤の市で見かけるアンティークのロザリオは、長年の祈りと大切に使われてきたくすみ感が合わさった、新品にはない味わい深い雰囲気が特徴です。

ros097d

ロザリオは首からネックレスのようにかけるアクセサリー感覚で見られる場合が多いのですが…
本来は祈りを唱える時に手に持ち、数珠のように繰りながら数を数えるのに使うもの。
そのため、パーツの並びや数に決まりがあります。
ロザリオパーツの詳しい意味合いはこちらが詳しい図解で説明されています。
またこのような一般的なもの以外に数が違うシスター用のロザリオがあったり、自分仕様の数に特注する信者さんがいたりするそうです。

蚤の市ではとても上質で美しいアンティークロザリオに出会えても首にかけるには輪の部分のサイズが小さすぎて頭を通らないことがあったりします。
それでもそういう短めのものはサイズ的に胸元にクロスがしっくりとおさまる理想的なサイズでもあります。
なので、WEBショップではそのような短いサイズのロザリオにはご希望に応じて留め金を無料でお付けするサービスを行っております。
もちろんロザリオ本来の使い方をされる方もいらっしゃると思いますので、あくまでご希望の方のみです。
ご注文いただく際にフォームの備考欄に「留め金希望」と明記してくださいね。

 

ros096a

フランスのアンティークロザリオのパーツは、ガラス製のものが多く、他には貝製、木製、石製、天然素材(木の実、角、骨などなど)などがあります。
またこれらの特徴を模して造られた樹脂製のものは、軽く丈夫でお手入れしやすいので気軽に使えるのが魅力です。
作られた年代は、トップクロスやセンターメダイなどに刻まれた刻印からヒントを得て判断することが可能ですが、大切に使われてきたものはトップクロスだけ取り替えたり、新しくメダイを追加して自分仕様にカスタマイズしたり…と全体の年代を調べるのはとてもむつかしく、不可能に近いかもしれません…

 

ros104a

上写真のように、トップクロスとセンターメダイ以外にたくさんのメダイが追加された個性的なものも。
また、シンプルなロザリオにご自分でお好きなメダイやほかのチャームを追加するのも楽しいカスタマイズです。
敬虔なカトリック教徒の方が見たら眉をひそめられそうですが、ロザリオの本来の用途や意味を知り、敬意を払いながら自分好みの使い方をさせていただきましょう♪

2016年最初の新着商品は1月9日土曜日に販売開始します。
上記のようなアンティークロザリオの他に、銀のがま口アクセサリーや金属製のアンティークフレームなど、いつもより「銀」が多めの新年らしい?ラインナップです。
一点ものばかりですので、売り切れになる前にお急ぎくださいね。

なお、今回消耗があったり訳ありでお値段をお安く設定してる商品が数点あります。
蚤の市らしい古びた魅力があふれた商品とも言えますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

お買い物はWEBショップからどうぞ♪
shop
ventgroslogo
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

2016-01-08 | Posted in BLOG, アンティーク-メダイ・ロザリオ, 商品紹介Comments Closed 

 

アンティークメダイでひも解く、フランスの聖母出現、奇跡の数々。

森の中や草原、夢の中などなど…突然聖母の姿が現れお告げの言葉や約束を告げる、聖母出現。
聖母マリアが人々の前に現れた言い伝えはフランス内にとどまらず世界中で多数あり、公認・非公認を合わせると数千にも及びと言われています。
日本でも島根県の津和野で聖母が現れ、信者に話しかけたという言い伝えがあるそうです。

しかし、カトリック教会や教皇庁が公式に認めた聖母出現は約20程度で、フランス各地で出現した聖母の姿はその後人々に言い語られ、メダイの図柄として描かれることも多いです。
そんな、今なお語り継がれる奇跡の聖母の出現について、メダイの図案と共にまとめてみました。

不思議のメダイ

md400a
中でも一番有名なのはやはり、奇跡のメダイでしょうか…
1830年、パリのバック通りにある修道院で修道女のカトリーヌ・ラブレは子供の声を聞いて目を覚まし、そこで彼女は聖母マリアの出現を目撃したと言われています。
聖母は不思議のメダイを作り身に着けるよう告げ、実際にこのメダイを身に着けた者に奇跡のような出来事が起こったため「不思議のメダイ」と呼ばれるようになったそうです。

ルルドの聖母

md531b
1858年、14歳の少女ベルナデッタが洞窟のそばで薪拾いをしているとき、聖母マリアが出現したといわれています。
洞窟から湧き出る泉は不治の病をも治癒する力があるといわれ、現在も多くの巡礼者が訪れています。
奇跡の泉が湧き出る洞窟を背景に描かれた聖母と、跪いて祈る少女ベルナデッタの姿が特徴です。

シオンの聖母

md581a
イタリアのローマにおいて、反カトリックのユダヤ教徒であったマリー・アルフォンス・ラティボンヌ(Marie Alphonse Ratisbonne)に起こった聖母の出現です。
ユダヤ教徒のラティボンヌを何とかカトリック教会の信者に改宗させようとした友人が、ラティボンヌに奇蹟のメダイをためしに付けて、お祈りをして見ないかと持ちかけました。
半信半疑でメダイを身に着けていると、数日後に偶然葬儀で居合わせた聖アンドレア・デッレ・フラッテ聖堂内で聖母の出現を目撃したそうです。
のちに彼は改宗しカトリックの洗礼を受け、司祭としてシオンの聖母修道会の設立に協力したといわれています。

ラ・サレットの聖母

md663amd703b
1846年、牛飼いの少女メラニー・カルヴァ (Melanie Calvat) と11歳の少年マクシマン・ジロー (Maximin Giraud) の2人の子供が牛の見張りをしている時、まばゆい光と共に美しい女性が山でひどく泣いている姿を目撃しました。
少女メラニーは真珠がちりばめられている白いローブで装われ、そして、金色のエプロン、足には白い靴と大きな頭の飾りとバラの花、小さなチェーンで彼女の首から下がる十字架像を身につけており、高貴な貴婦人の姿だったと言っています。
やはり女子はファッションの詳細まで見て記憶しているのですね(笑)
サレットの聖母のメダイの特徴は、やはり頭を抱え込んで泣いている貴婦人のような聖母の姿です。
また二人の少年少女に向かって話しかける姿も描かれることが多いです。

ファティマの聖母

MD605-3
1917年、ファティマに住むルシア、フランシスコ、ジャシンタら3人の子供の前に平和の天使が現れ、聖母の前に導いたといわれています。
聖母は3人の子供たちに様々なメッセージを託しました。
その後、治癒の力があるとされる泉が湧き出たり、太陽が回転、急降下するなどの奇跡的な出来事が数々起こりました。
メダイの図柄としては、聖母の前に跪く3人の子供の姿が特徴です。

シラクサの涙の聖母

MD617-2
1953年、イタリアのシラクサの一般家庭に飾られてあった聖母の像から涙が流れ出しました。
その涙は奇跡的な治癒の力があり、聖遺物とされているそうです。
涙とされる液体を科学的に分析した結果、人間の涙とほぼ同じ成分であり、まぎれもなく聖母が流した涙だと認定されたそうです。

聖母出現を目撃した人は必ずしも信心深いカトリック教徒ばかりではなかったところが興味深いです。
無学な幼い子供や異教徒でも、聖母出現の証人となることがあり、もしかしたら私もいつかまばゆい光の中に聖母の姿を見ることができるのではないだろうか…?などと想像を膨らませてしまいます。

このように信じられないような奇跡と聖母のお告げを再現したメダイ達。
身に着けていると何か不思議なことが起きそうな、そんな予感がしてきませんか?

銀色アンティークではアンティークメダイをたくさん取り揃えております。
ご興味のある方はぜひご覧くださいね。
銀色アンティークWEBショップ アンティークメダイ

shop
ventgroslogo
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

 

アンティークメダイに刻まれたリヨンのメダイ彫刻一家、PENINのサイン

当ショップ銀色アンティークでも取り扱っているアンティークメダイは、ペンダントトップのような小さなアイテムです。
ですが描かれた世界は芸術的で、立派な彫刻作品とも言える美しいものも少なくありません。

アンティークメダイを扱い始めたころは何の知識もなく、カトリック信者でもない私は図柄の違いや素材の違いなどを見分けることもむつかしい素人でした。
そんな中、メダイに小さく書かれた文字や絵を手掛かりに調べに調べまくって少しずつ分かってきた奥の深いメダイの魅力。
今では蚤の市でも真っ先に目が行くものの一つとなりました。

調べるにしても基礎知識がないと解読できないものも多く、聖書関連の解説本を読み漁っていた時期もありました。
(難解すぎてギブアップした本多々ありですが…笑)
当時お客様だったメダイにお詳しい方からアドバイスをいただいたり、解読のヒントをもらったり…という交流もあり、私のメダイ追及の応援をしてもらったこともありました。
メダイの図柄は、聖書の一場面からフランス各地に出現した奇跡の聖母の姿まで多岐にわたっており、一冊この本を読めば大丈夫!というようなものではありません。
買い付けてきたアンティークメダイを一つ一つ丹念に眺め、読み解き、調べ…と何度も繰り返すうちにようやく見分けがきくようになってきました。
そうなると、美術館や教会のステンドクラスやフレスコ画を見るのも楽しくなってきました。

小さな部分まで繊細に彫刻された美しいメダイには、彫刻家の名前が刻まれていることが時々あるのですがよく見かけるサインが「PENIN」のもの。
フランスの発音で「ペナン」と読みます。
よく見かけるのには理由があり、ペナンは4代に渡り活躍を続けてきたリヨンが誇るメダイ彫刻家なのです。
この地方で愛用されているメダイに多いのも納得ですし、4代もの長い間メダイを作り続けてきたためたくさん見かけるのも頷けます。

一人目マリウス・ペナン(1807-1880)はリヨンで活躍していた、ペナン一家最初の最初のメダイ彫刻家でした。
二人目、リュドヴィック・ペナン(1830-1868)はマリウス・ペナンの息子です。
若くして才能を認められ、当時のローマ教皇からカトリックのメダイ彫刻家として公式に認められた一人でした。
彼のサインが入ったメダイはすなわち大変古いもので、歴史的な価値も高いです。
三人目のアドルフ・ペナン(1888-1985)はリュドヴィックの孫です。
彼は国立高等学校ボザールで、アンリ・オーギュストの弟子として学んだといわれています。
4人目、ポール・ペナン(1921-)はアドルフ・ペナンの息子です。
父ポールと同じく国立高等学校ボザールでアンリ・ドロプシーの弟子として学んだそうです。

と、まあたくさん名前が出てきてややこしいのですがこれが4代にわたりリヨンの名メダイ彫刻一家と言われているペナン家の人々です。
美しいメダイにこの「PENIN」のサインを見つけたとしてもそれがどのペナンさんのものなのか?と追及していかなくてはなりません。
ちなみに、私がこれまで扱ったメダイの中で一人目のマリウス・ペナンのものだけはいまだに巡り合ったことがありません。

さて、ペナンのサインですが…
リュドヴィックのものは「L.PENIN」や「L.PENIN a LYON」などと刻まれることが多く、この場合はすぐに判別できます。
またポールのものも「P.PENIN」と刻まれるのでわかりやすいです。
アドルフのものは見分けがむつかしいのですが…「PENIN」とだけ刻まれているものは彼の作のものが多いそうです。

さらに、リュドヴィックの作品は彼の没後画家で彫刻家のポンセにより復刻されたものもあります。
そんな作品には「PENIN PONCET」や「P.P.LYON」などの連名が刻まれています。
P.Pだから4代目のポール作?と間違ってしまいそうですよね。。。

lp01
L.PENIN リュドヴィック・ペナンのサイン

 

ap02
PENIN だけのものはアドルフ・ペナンの作と推測
pp01
P.PENIN は4代目のポール・ペナン
p-p01
リュドヴィック・ペナンとジャン=バチスト・ポンセの合作には「PENIN PONCET」のサインが…

 

お気に入りのメダイを見つけるのは、理屈や知識ではなく見た目のインスピレーション、素直にきれいだなと思う相性が大切だと思います。
でもそれにちょっとした豆知識が加わると、世界が広がり、またメダイを眺めるのが楽しくなってきますよね。

肉眼では確認できない場合もある小さな小さな彫刻家の名前の刻印。
毎晩夜更けにルーペを手に持ちメダイを隅々まで、穴のあくほど見つめながら、今週末の新着アンティークメダイの更新作業にいそしんでおります。

ちなみに今回の一押しおすすめメダイは…
md693a
こちら、オルガンを弾く聖セシリア。
音楽の守護聖人である聖セシリアの貴婦人のように美しい姿を描いたとびっきりエレガントなメダイです。

お楽しみに♪

shop
ventgroslogo
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨