銀色ニュース

新たな気持ちでアンティークレース

夏休み、移転作業…と長らくの間WEBショップをお休みさせていただいておりました。
お休み中は大変ご不便をおかけしてしましたが、本日よりショップ再開しております♪
銀色アンティークWEBショップ

今日のところはアンティークレースのみお買い物していただけます。
他のカテゴリは商品チェックと、商品カテゴリの見直しが終わってからご覧いただこうかと考えています。

この夏、日本で蚤の市を開催させていただきましたが、たくさんのアンティークレース好きの皆さんと出会い、お話しする機会がありました。
同じ趣味を持つ人たちとのおしゃべりはとても楽しく、良い出会いとなりました。
そんなレースファンの方々とのお話の中から今後の銀色アンティークの商品展開を考え直すきっかけをいただきました。

そしてショップ(というか自宅の作業場ですが…)を移転して、在庫の管理やディスプレイなど見直すべき点がいくつかあることに気付きました。
蚤の市で出会った商品をただただ真っすぐに素直にお見せして、気に入っていただいた方に購入していただく、この今までのスタイルはずっと続けていきたいと思っています。
と同時に、アンティークのいろはがわかってきたこともありさらに魅力の伝わる「見せ方」を勉強しようと思ってみたり。
WEBショップではなかなかお伝えしにくい雰囲気を上手に見せていければと考えています。

また今年(フランスは9月が新学期なので新しい年気分です)は、今までにない新たな挑戦ももくろんでいます。
新しい生活、新しいご縁、新しいお仕事…新しいってワクワクしますね♪

ventgroslogo

shop

2016-09-05 | Posted in BLOG, アンティークレース, 商品紹介, 銀色ニュースComments Closed 

 

新しい場所から…

真夏の大阪からフランスリヨンに戻ってきて…
新しい家に引っ越ししました。

新居の周りは公園や大学などが多く、緑があふれた景色が広がっています。
石畳はベビーカー使いには少々不便なんですが、欧州らしい風情があるので好き。

現在は段ボールだらけの家で生活中。
本当ならちゃちゃっと片付けて早く通常営業に戻りたいところなのですが…
片付けるそばから邪魔するおチビと、暇を持て余した小学生がいる夏休み、おまけに引っ越しの段取りが悪く家具などがそろわない状態という事もあり、予定よりショップの営業再開が長引いております。
オープンを心待ちにしていただいている皆様、大変お待たせすることになってしまい申し訳ありません。
もうしばらくかかりそうですが、近いうちに再開しますのでしばしお待ちを。

IMG_3138

家財道具の整理の合間に、商品の在庫もちゃんと確認しないと…
と箱を一つ開けたら最後、並べて眺めて作業が止まってしまいます(笑)

 

IMG_3162

アンティークレースの中でもなんとなく気に入って自分のものにしてしまったものもありました。
まだまだ殺風景な新居に少し癒しを与えてくれる気が。

 

IMG_3128

あれもこれも…
アンティークレースを見だすとほんときりがなく、広げたり畳んだり、裏返したり重ねたり…
とその表情の変化を楽しむ遊びを始めてしまいます。

元々写真を撮るのは好きな方なのですが…
数年前から始めたinstagram熱がこの夏から再加熱しており…
プライベート写真を織り交ぜながらアンティークレースの紹介などさせてもらってます。

インスタユーザーの方はぜひ見てくださいね♪

@pinoaya

ひと段落、とはなかなか言えない状況ですが、明日は日曜日なので蚤の市へ出勤してきます。
久しぶりで鈍った勘を取り戻しつつ、夏の間にいただいたリクエストのお品の数々を探してみます。

明日も暑くなりそうですが、今晩から楽しみすぎてワクワクがとまりません♡

それでは皆様、よい週末を!ぼんにゅい♡

2016-08-27 | Posted in BLOG, アンティークレース, 銀色ニュースComments Closed 

 

レース不足の蚤の市!

8月7日、サロンドテ茶摩さんで開催された1日限定の蚤の市は、大盛況の中無事に終了しました。

暑い中お越しくださった皆様、ありがとうございました。

11時半の開店と同時に、用意していたアンティークレースが飛ぶように旅立って行き…ディスプレイしきれなかったアクセサリーや雑貨類も気づけば品薄に。

午後からゆっくりと来て下さった方には、残念ながら十分な商品をお見せする事ができない事態となってしまいました。

小さなレースモチーフも大人気でした♪


せっかくアンティークレースを求めて足を運んでくださったお客さま、レース不足の蚤の市となってしまい申し訳ありません。次回はもっとたくさん運んでこようと心に誓いました。

蚤の市らしい雑貨も最後には空っぽに…


普段はウェブ上でしか交流する事が出来ないアンティーク好きな方々とお会いできるこの日をわくわくしながら待っていましたが、想像していたよりずっと、楽しく充実した1日となりました。

次回のお話やリクエスト等、たくさんのご縁もありました。慣れない出店で不手際もあったかと思いますが、本当にありがとうございました!

2016-08-08 | Posted in アンティークレース, フランス蚤の市, 銀色ニュースComments Closed 

 

夏季休暇のお知らせ

銀色アンティークWEBショップは今年も夏に休暇をいただく予定です。

2016年6月1日からWEBショップがクローズになります。
店内の商品はご覧いただけますがショッピングカートに入れられないようになっていますのでご注意ください。
なお、営業開始は8月下旬を予定しています。

今回の夏季休暇中に作業場の移転を行うため、ショップのオープンはWEB環境が安定してからとなります。
ご了承ください。

さて「作業場の移転」と言っておりますが、実は家の引っ越しです。
リヨン市内での引っ越しなのですが、10年近く暮らしていた現在のアパルトマンには荷物も思い出もアンティーク雑貨のストックもたくさん詰まっており(笑)荷造りが大変そうな予感です。

場所を新たに心機一転、商品のカテゴリを整理して専門性を高めたショップに変化させていこうと考えており、今後の銀色アンティークにもご期待いただけたら嬉しいです。

【大阪で小さな蚤の市】

昨年夏、大阪で開催されました「茶摩で小さな蚤の市」。
今年もご縁があり参加させていただけることになりました。
日程は8月7日(日)、入場無料ですのでぜひぶらりと遊びに来てください。
場所はTea House 茶摩 (http://chamatea.com/ 大阪市北区浪花町6-2 FleurArakawa 2F) さん。
アンティーク感あふれる素敵なサロンドテです。

昨年の様子は 茶摩で小さな蚤の市2015 でご覧くださいね。

大阪でまた皆様に直接お会いできるのを楽しみにしております!
shop
ventgroslogo

2016-05-24 | Posted in BLOG, お知らせ, 銀色ニュースComments Closed 

 

断捨離セール開催!ご協力ください

緊急に開催することになりました、今年二回目のソルドです。
なぜ「緊急」なのかというと…商品をストックしている場所の引っ越しに伴った蔵出しセールなのです。

対象カテゴリはアンティーク雑貨(額縁、ミラー含む)とアンティーク布。
それ以外も個別に随時追加していく予定です。

本来はのんびりと気に入って引き取っていただける方との出会いを待っている雑貨達なのですが、
今回は店主の私の都合により、積極的にお嫁入り先を探しています。
特に欠陥がある商品ではなく、ストック場所の都合だけでのソルドですので、一度ぜひご覧くださいね。
そして、気になるお品が目に留まった場合はぜひお向かい入れをご検討くださいませ。

ご協力お願いいたします!

ソルド対象商品はこちらからご覧いただけます。
⇒ http://giniroantique.ocnk.net/product-list/40

なお、通常通り2万5千円以上お買い上げの場合は卸売割引(-15%)も併せて適用させていただけます。
割引クーポンコード ventgros を入力してお手続きしてくださいね。
※卸売割引をご利用いただく場合は会員登録(無料)・ログインが必要です。
すでに会員の方は必ずログインをお済ませの上、お買い物してください。

特別卸売会員の皆様は同じく2万5千円以上のお買い物で特別卸売割引(-30%)を適用させていただけます。
※特別卸売会員さまは過去に1度以上卸売りでのお取引をさせていただいた方が対象です。

 

【お知らせ】

昨年夏、大阪で開催されました「茶摩で小さな蚤の市」。
今年もご縁があり参加させていただけることになりました。
日程は8月7日(日)、入場無料ですのでぜひぶらりと遊びに来てください。
場所はTea House 茶摩 (http://chamatea.com/ 大阪市北区浪花町6-2 FleurArakawa 2F) さん。
アンティーク感あふれる素敵なサロンドテです。

 

2016-05-02 | Posted in BLOG, アンティーク雑貨, 銀色ニュースComments Closed 

 

フランス中が白く可憐な花であふれる日

5月1日はメーデーの日。
毎年祝日で町中のショップやレストランもクローズします。
この日はフランスではすずらんを贈り合う素敵な習慣があります。
相手の幸運を願い「幸運の訪れ」や「無垢な美」などの花言葉を持つこの花を贈るのだそうです。

ほのぼのとして可愛らしいこの風習ですが、元は16世紀に王族や貴族の間で始まったと言われています。
男性が女性のドレスのボタン穴にすずらんを刺し愛の告白を行っていたのだそうです。
何だか日本のバレンタインでーみたいですね(笑)
そしてこのため出会いの場として「すずらん舞踏会」が開催されていたという話もあるそうです。
さぞかし華やかで活気に満ちたサロンだっただろうと想像が膨らみわくわくしますね。

現在は5月1日には街中でいろんな人がすずらんの小さなブーケを販売しています。
普段はものを販売するのには特別な許可をとる必要があるのですが、この日は誰でもどこででもすずらんを売っても良いと法律で決められているのだそうです。
花屋さんの店先はもちろんの事、パニエにすずらんのブーケをたくさん入れて道や広場で売る家族やおばあちゃんの姿も見かけ、誰から買おうかな?と迷うのも楽しみなのです。

またフランス以外のヨーロッパ諸国でもこの季節に春を祝うお祭りが多く行われており、花が咲き乱れる初夏に心躍る人々の気持ちが見て取れます。
特別な理由がなくてもお花を見ると心が明るくなるのはどの時代もどの国でも同じこと。
皆さんも大切な人に日ごろの感謝の気持ちと共にお花を贈ってみるのはどうでしょうか?

さて、銀色アンティークでは新着商品の販売をしております。
アンティーク銀カトラリーとアンティークタブロを取り揃えました。

カトラリーは大変人気でリクエストも多い商品です。
銀の輝きはシンプルなデザインでも食卓に華を添えてくれますが、せっかくのアンティーク品ですのでアールヌーボーの色が強く残っているさらに華やかなデザインのものをセレクトしました。
背面のデザインが凝ったものは当時のフランスのテーブルマナーの名残ですので、フランス製品の特長です。
ぜひご覧ください。

 shop
ventgroslogo

 

フランスから日本へ、商品を届けるのに影響の大きな問題。

3月ももう半ばを過ぎましたが…
リヨンでは春のような温かいお天気と凍えるような寒い日が交互に訪れ、まさに三寒四温。
早く外でピクニックできるような季節になってほしい、今日この頃。

日本では桜と共に卒業&入学シーズンを迎えている頃でしょうか?
そんな旅立ちと分かれの季節ですが、我銀色アンティークでもとても残念な事がありました。
2009年のOPENから苦楽を共にしてきた仲間のような存在との別れ。
知らせを聞いてからひと月の間、精神的に落ち込み、銀色アンティークを続けることに迷いが生まれたほど。
未だに今後の活動には不安が残り、業務形態を変えなければならないと思案中ではありますが、それほど影響力が大きかった事件でした。

6年以上にわたり、銀色アンティークを支えてくれた、La Posteが2月末をもって閉鎖となりました。
もちろん、La Poste自体はほかの地域に何か所もありますが、当ショップの拠点地の最寄りの小さなオフィスがクローズされてしまったのです。
窓口が2つしかない、お客は地元のおじいちゃんおばあちゃんが多いような、ほのぼのとしたオフィスでした。
ポストの送料は毎年2回改定があり、時には大きくシステムが変わり我々利用者が戸惑うこともしばしば。
そんな時でも親切に丁寧に説明してくれ、問題があれば一緒に解決策を考えてくれるスタッフさんたちは心強い同僚のような、頼りになる上司のような存在でした。

すぐ近くにある安心感も大きかったです。
これからは徒歩で大きな荷物を運ぶのは少々難しい場所のLa Posteを利用することになりそうですが、雨の日やベビーカーを押しての道中はなかなか厳しいものがありそうです。
とは言え、やはり銀色アンティークを続けていくのに必要な発送作業ですので、新しい環境を前向きに受け入れ進んでいこうと心に決めました!
(ちょっと大げさな物言いですが、やはりポストの存在はそのくらい大きいので…)

そして、先日新しく利用するポストを訪れ、慣れない配置の窓口に並びました。
私の番になり、コリッシモの大きな箱を差出し発送手続きをお願いしたら…
なんと、窓口にいたマダムは先日まで毎日のように顔を合わしていた、元最寄りオフィスの彼女でした。
「あら!」とお互い驚き…なんとなく嬉しくなってビズを。
これまでビズしたことはなかったのに(笑)
彼女はこのオフィスの窓口の担当となったわけではなく、しばらくは調整勤務で移動続きだそうなので、毎回会う事は出来ないかもしれません。
でも、このちょっとした再開が、発送手続きに対してネガティブな気持ちになっていた私の心を前向きに変えてくれました。

人間の心って単純ですね♡

というわけで、ラポストさんが遠くへ行ってしまいましたが、銀色アンティークはこれまで通り、皆さんに蚤の市直送のアンティーク雑貨をフランスからお届けし続けます。
発送手続きに関しましては、しばらくは随時行い、場合によっては発送する曜日を決めてのご対応となる可能性もありますが、その際はまたお知らせいたします。

2016-03-16 | Posted in BLOG, 銀色ニュースComments Closed 

 

日本未発売、フランス生まれのレースジュエリー♡

銀色アンティークWEBショップの新商品は…2016年3月5日に販売開始予定です。
今回はフランス在住のデザイナーさんが一点一点丁寧に作られているレースジュエリーの数々を取り扱わせていただけることになりました!
アンティークレースがお好きな方にもしっくりとくるオートクチュールの技術が光る作品は、ぜひ一度身に着けてそのエレガンスを体験してほしいものばかりです。

フランス、リヨンの小さなアトリエで制作された大人の女性に特にお勧めしたいレースジュエリーです。
フランスでは取扱店が何店かあるのですが、日本に向けての販売は現在当ショップのみのお品です。
また、当ショップより新たにアンティークレースを素材に使った作品を作っていただこうと相談中なのです♪

そんなシックな作品の数々をご紹介。
土曜日から銀色アンティークWEBショップでご購入いただけますよ♪

mmg01ammg01

 

mmg02a

mmg02

mmg03a mmg04a

mmg04

年齢が現れやすい首元に自然でエレガントな華やかさを添えてくれる、ふんわりと優しい着け心地のレースジュエリーです。
フランス発のエスプリをぜひご体験ください。
ちなみにフランス人マダムたちにも大変好評で、こちらでは派手で大き目なデザインが飛ぶように売れているそうです。
今回は日本人の肌感やファッションになじむシックなものをセレクトさせていただきました。

なお、このレースジュエリーシリーズはブレスレッドタイプも数点ございます。
こちらはまた後日ご紹介させていただきます!


 

Maki Marieさんのビジューダンテル、レースジュエリーは下記のようなコンセプトで作られています。

Bijoux dentelle by Maki Marie

あなたの人生、キラキラしていますか?
人生は、時にゲームの様なもので・・・
ダンスを一曲踊る様なもの・・・
魔法の中に生きていますか?
・・・そしたらきっと。。。あなたの人生はマジストラルな魅惑の空間

マキ・マリーのビジュー、(Bijoux dentelle)は、このようなエスプリから生まれた、マキマリーのオリジナルアクセサリーです。
洗練されたフランスのカレ地方のレース、可憐で芸術性の際立つヨーロッパの高級刺繍を使用し、いつの時代も女性の心を捉えて離さない、最高級の素材を土台にビジューは主にスワロフスキー、クリスタル、ボエムがさり気なく光るマキマリーのオリジナル。

クリスタルの結晶が溶け出すような、ピュアな感受性と真の力、マキマリー独特のミステリアスな誘惑の世界。
この上ない本物の贅沢と、ファンタスティックな空間演出を全ての女性の肌へ・・・
いつもあなたが魔法の中に居られるように・・・

プロダクション :    フランス製
デザイン   : Maki Marie Nishikawa

マキマリーのランジェリー、アクセサリーは、全てフランス、リヨンのアトリエで一点一点丁寧に生産され、ビジュー刺繍はオートクチュール仕上げが成されています。

 


 

デザイナーのマキさんは、リヨン在住の日本人。
お知り合いになってからは個人的にも仲良くしていただいており、とても気さくで楽しい方です。
いつもエレガンスを忘れないクラシカルなスタイルをセンス良く取り入れたファッションは、会うたびに目を楽しませてくれます。
京都出身のマキさんのこれまでの活動です。

ランジェリーデザイナー Maki Marie (マキ・マリー)

ランジェリー&アクセサリーブランド、マキ・マリーは、日本人デザイナーマキ・マリー・ニシカワにより、2008年に正式に設立された、フランスのインポートブランドです。
フランスの文化や伝統的なテキスタイルに魅了されたその瞬間から、マキ・マリーのランジェリーの歴史は初まります。

マキ・マリーは、京都芸術短期大学のファッション科を卒業後、フランスに渡ります。
フランスリヨンのモード専門学校、スュプ・ドゥ・モードのランジェリー科にて、フランス独特の立体的なパターンを習得した後、4年間の独自パターン研究、企画デザイン開発の時間を持ちます。独特なマキ・マリーの世界を演出する、 Neck Buraはこの時から存在します。
その後、シャンタルトーマス, ミレジアのダニエル・ペレ等、フランスファッション業界の重要な出会いを糧に、コレクションは都度、変化を遂げます。また、2015年、ルジャビー社の下請け工場のオリジナルブランドのデザイナー経験をフリーランスでこなします。
マキ・マリーのコレクションは、彼女自身の生き方そのものであり、独自のビジュアリゼーションと常に自身のマックスをキープする事、それは時に人生を左右し、魔法の中に生きているような、マキ・マリーの世界を魅せ続けるビジューランジェリーとして、今後、さらに新しいファッションスタイルを意識し、一人でも多くの人に愛されるランジェリー、アクセサリーとして存在し続けます。

 

なお、ショップ内の在庫数以上のご注文をご希望される方はご相談いただければご希望に添える場合もございます。
お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 shop
ventgroslogo

2016-03-03 | Posted in BLOG, 商品紹介, 銀色ニュースComments Closed 

 

フランスでクレープを食べる日、代々伝わるレシピと共に…

フランスでは、ノエル(冬至)から40日後の2月2日はChandeleur(シャンドラー)と呼ばれる祝日(休日ではありませんが…)です。
この日は、クレープを焼いて食べるのが昔からの習慣。
冬から春に季節が変わるChandeleurに太陽をイメージした丸いクレープを焼いて食べて、温かい太陽と共に春がやってくるのを願うのだそうです。

フランスでは、そば粉入りのクレープなど、食事としてもクレープが登場することがよくありますが、この日に食べるのは甘いクレープが多いようですね。
我が家でも今から生地の準備をしておき、家族が帰ってきたらたくさん焼くつもりです♪
クレープのレシピは数多くありますが、我が家ではずーっと変わらない美味しいクレープのレシピで作っています。
このレシピ以外では作る気にならないほど、簡単だけど美味しい伝統的なレシピです。
よろしかったら皆様も試してみてください♪

クレープ生地のレシピ

【材料】
・卵 2個
・塩 一つまみ
・砂糖 30g
・牛乳 300cc
・小麦粉 120g
・バター 50g

【作り方】
1、ボウルに卵を割り入れてよくほぐします。
2、砂糖と塩を加えよく混ぜます。
3、牛乳を加えさらによく混ぜます。
4、小麦粉(ふるっておくとなお良し)を加え混ぜ合わせ、ラップをしてしばらく置いておきなじませる。
5、とかしバターを↑の生地に加え、よく混ぜる。
6、フライパン(テフロン加工がお勧め)を火にかけて均一に熱し、オイルを薄く引き、生地を流し入れて薄くのばし焼き上げる。

※生地を寝かせる時間は30分から数時間程度

クレープを薄くきれいに焼くのには少々慣れが必要です。
私も最初の一枚は必ず失敗して、つまみ食いとなってしまいます(笑)

なお、Chandeleurの日にクレープを焼くときは、左手にコインを握りながら焼くしきたりもあります。
右手のフライパンのクレープが上手に返せたらこの年の幸運が約束されるのだとか。
ぜひ試してみてくださいね♡

 

【アンティーク雑貨セールのお知らせ】

2016年1月30日(土) から銀色アンティークWEBショップでソルドを開催しております。
30%OFF、50%OFFと徐々に下がる予定です。
ショップ内商品を割引価格でお買い物していただくチャンスですのでお見逃しなく♪

shop
ventgroslogo

2016-02-02 | Posted in BLOG, 銀色ニュースComments Closed 

 

フランスの伝統的な技が光る刺繍作家、Etsuko Les belles Broderiesさん

日本から届いた荷物に入っていたもう一つの嬉しいもの。
それはリヨンで知り合って以来6年?7年?のお付き合いになる刺繍作家のEtsukoさんの作品です。
Facebookでご紹介されているのを拝見して、すぐに「買います!」と注文した、ひとめぼれのお品です。

Etsukoさんには毎年東京で開催されているフランスがテーマの展示販売イベント、La vie en Franceの主催者でもあり、銀色アンティークもお世話になっているのです。
今回はその関係で荷物を送っていただいたのですが…日本のように便利なグッズがなかなか手に入らないフランス生活を熟知されているEtsukoさん、いろいろと嬉しい小物を同封してくれました♪
持つべきものは美意識の高い友達だなぁと、胸が熱くなってしまいました。
IMG_1114

こんなかわいらしい小箱に入っていました。
きっと「あれ」が入っているに違いない…と胸が高鳴ります。

IMG_1115
おお♡やっと会えたね(笑)
箱をぱかっとあけたら、待ち焦がれていたものが…
モノトーンの色合いがたまらなくシックなんです。

IMG_1116

これがひとめぼれのお品です。
リュネヴィル刺繍というフランスの伝統的な技法を使ったビーズ刺繍の髪飾り。
丸い部分が一つで小さなブローチになったものも以前に購入させていただき、こちらも愛用中♡
g_antique03

こちらも大人っぽく甘すぎない雰囲気で大活躍です。
モノトーンとは少し違った柔らかな色合いです。

 

IMG_1117

髪につけるとこんな感じ。
普段使いでも、華やかすぎない程よい感じ。

こちらの作品にご興味のある方はEtsukoさんのサイトからご覧くださいね。
Etsuko Les belles Broderies

またアンティークレースを使った作品も予定されているらしいので、そちらもお楽しみに♪

 


【アンティーク雑貨セールのお知らせ】

2016年1月30日(土) から銀色アンティークWEBショップでソルドを開催しております。
10%OFFから始まり、30%OFF、50%OFFとさらに下がる予定です。
ショップ内商品を割引価格でお買い物していただくチャンスですのでお見逃しなく♪


アンティーク素材を使ったハンドメイド作品

2016-02-01 | Posted in BLOG, 銀色ニュースComments Closed