BLOG

鎌倉でわくわく素材蚤の市

先日は猛暑の中、Tea House 茶摩 さんで開催された小さな蚤の市へご来店ありがとうございました。
おかげさまで、少々多く準備しすぎたかと心配したアンティークレースをはじめ、手芸材料や雑貨類がたくさんの方の目に留まり連れて帰られました。
今年で3年目ですが、できれば毎夏の恒例になればと願っています♪

さて、今日8月19日から鎌倉のアトリエショップ葉っぱ小屋さんでわくわく素材蚤の市が開催されています。
当ショップからもアンティークレースをはじめとした手芸材料の詰め合わせセットを何点か販売しています。

内容はこんな感じです♪

1500円のメルスリーセットの他にアンティークレースばかりぎっしりと詰めた3000円のセットなども。
ここだけの話、利益度外視で詰め込んでおります。
私の元にストックされているより、素敵に生かしてくださる方の元に引き取られた方がレースたちも本望ですよね♡
数に限りがありますのでご興味のある方はお早めに鎌倉へGo!です。
(鎌倉駅西口 左へ100歩)

わくわく素材蚤の市は8月19日~8月31日まで。
営業時間などは葉っぱ小屋さんのWEBサイトでご確認ください。

さて、私事ですが、今から義理の家族が住む南の島へ向かいます。
リヨンに戻ったばかりでまだ時差ボケの残る体ですが、青い海に癒されてきます!

2017-08-19 | Posted in BLOG, 出店(委託)履歴Comments Closed 

 

大阪で小さな蚤の市、今週末です♬

私にとって夏の恒例行事となった、大阪北区のサロンドテ茶摩さんでの蚤の市。今年もいよいよ今週末に行われます。

ちょこちょことご紹介していたアンティークレース以外にも、小さな雑貨なども色々あります。雑貨好きさんもぜひのぞきに来てくださいね〜♬

普段はなかなか直接会えないアンティークファンの皆様とお話できるのが楽しみで今からワクワクしています。

茶摩さんのランチもお楽しみに♡
🌺 8/6 茶摩で小さな蚤の市 [大阪市北区 ティールーム茶摩] 11:30~17:00 入場無料
Tea House 茶摩 小さな紅茶屋

〒530-0022 大阪市大阪市北区浪花町6-2フルールアラカワ2F
Tea House 茶摩

Ⓜ️mapアクセス

http://chamatea.com/chama/chama_map.htm

最寄駅

*地下鉄堺筋線・谷町線(天神橋6丁目駅13番出口)

*地下鉄谷町線(中崎町駅①番出口)

*JR環状線(天満駅)

いずれも徒歩5分くらいです

2017-08-01 | Posted in BLOGComments Closed 

 

小さな蚤の市 in 大阪

毎日暑いですが…蚤の市の準備、頑張っています。

あれもこれも…と持って行きたい気持ちが膨らんで、ディスプレイできる容量を超えてしまいそう(笑)でもせっかくフランスから連れてきたアンティーク雑貨たちなので、皆様のお目に触れることなくまた連れて戻るのも残念です。

欲張りすぎなてんこ盛りの見苦しい配置になってしまいそうですが、ぜひお宝を発掘しに来てください!

ちなみに今回持って来たお品は、できる限りご縁のあった皆様の元で役立ってほしいと思い、赤字覚悟の処分価格にいたします。表示価格からさらにお値引きすることもあるかもしれません!

それでは一部をご紹介♬

レトロな色合いが優しい雰囲気の、蝶の刺繍モチーフ500円。小さなレースやモチーフは100円のプチプライスからご用意しています。

WEB価格の半額以下(当店比)ですよ〜♡

チュールに刺繍の美しいボーダーレースや、アンティーククロシェレースなども多数あります。

手仕事の技を堪能したい人にはこんな本格的なアンティークレースがおすすめです。

木製のソーイングボックスや古いバスケットも処分価格で出す予定です。

実物を手にとって状態や風合いを確認して下さいね。

古い布も厳選して数点持って来ました。こちらもWEB価格よりもお安くなっていますよ!

こちらは個人的に一目惚れした金属ボックスでかなり古いお品です。これも実際に手に取って風合いを確かめてほしいです!

他にもボタンやアクセサリーなど、ご紹介したいものは山盛りなんですが…またおいおい(笑)

「茶摩で小さな蚤の市」は8月6日(日)11時30分から始まります。最寄り駅は地下鉄の天神橋筋六丁目かJRの天満です。どちらからも徒歩10分もかからない便利な場所ですよ♬八月なので猛暑が予想されますが、涼しい店内でゆっくりとお買い物していただけます。雨でも安心♡

また、この日は特別ランチが食べられるらしいので、気になる方はぜひご予約して下さいね。ランチについて詳しくは茶摩さんまでお問い合わせくださいませ。

🌺 8/6 茶摩で小さな蚤の市 [大阪市北区 ティールーム茶摩] 11:30~17:00 入場無料

Tea House 茶摩 小さな紅茶屋  〒530-0022 大阪市大阪市北区浪花町6-2フルールアラカワ2F

2017-07-23 | Posted in BLOGComments Closed 

 

京都ルマルシェ、雨だけど楽しかった♡

2017年7月16日、京都ルマルシェ無事に終了しました。

開始早々雨が降り出したのですが、パリ祭を楽しむ方々で始終賑わっており、おかげさまでたくさんの人にアンティーク雑貨を見ていただけました。

ご一緒させていただいた、作家のringoさんはこのようなイベントの出店に慣れておられて、色々と助けてもらいました。さすが!

ディスプレイに不慣れなため試行錯誤するも、雨が降って来たので濡れないように避難させたり…なかなか思い通りにはなりません(涙)

たくさんのアンティークレースが旅立って行きました。八月の蚤の市の分はちゃんと残してありますよ♬

古い刺繍新聞は一部500円。八月の大坂の蚤の市にも持って行きます♬

雨が降り、たくさん広げることができませんでした…


こちらはringoさんの作品やコレクション♡

と、お天気は残念だったけどとっても楽しい1日を過ごすことができました。

アンティークレース好きさんとたくさんお話しもできて、良い刺激をもらえたことも収穫でした。

Instagramやブログを見たよ♬と、お声をかけてくださる方もいて、普段は遠い国で皆様にお目にかかれない私ですがつながりを感じました♡

八月はいよいよ「茶摩で小さな蚤の市」です!この夏で3回目、昨年はアンティークレースがお昼前にほぼ売り切れてしまうほどの大盛況でした。今年はそんな事がないようにたーっぷり用意してますので、ぜひぜひ遊びに来て下さいね!

こちらはサロンドテ茶摩さんで開催されるので、雨のしんぱいもありません。他にも個性的な作家さんの作品の展示販売やランチもやっておられますので、ゆっくりと見に来て下さいね。

🌺 8/6 茶摩で小さな蚤の市 [大阪市北区 ティールーム茶摩] 11:30~17:00 入場無料

Tea House 茶摩 小さな紅茶屋 〒530-0022 大阪市大阪市北区浪花町6-2フルールアラカワ2F

2017-07-18 | Posted in BLOGComments Closed 

 

アンティークレース、大放出!の京都ルマルシェ♡

猛暑だったリヨンから大阪に帰省中…ですがこちらも暑い!そんな暑さも楽しめるようなイベント、京都ルマルシェに蚤の市出店することになりました。

こちらではパリ祭が開催され、フランス人🇫🇷歌手のライブや、フランスの味が楽しめるマルシェ、ニューカレドニア旅行が当たる抽選会などなど「ザ・フランス🇫🇷」を楽しめる場所なのです。

そんなフランス一色の会場で、私も蚤の市からそのままごっそりと持ってきたアンティーク雑貨のブロカントをさせていただけることになりました。

それではブロカントに持って行くものをチラリとご紹介♬


アンティークレースは多めにスーツケースに詰めてきたのでたっぷりあります!一番目の写真のような、レースの切れ端を束ねたセットはなんと100円!通常WEB価格よりかなりお安めの値段設定ですので、レースファンの方は要チェックですよ〜

他にもプチブライスの可愛らしいレースや…刺繍の美しいチュールなど、アンティークレースをはじめて手に取る方も、目の肥えた蒐集家の方にも喜んでいただけると思います♬

天使のフィレレースは二枚セットで1500円。

なかなか嵩張りましたが…プリンタートレイもあります!限定1個ですので、お探しの方はお早めに!

アンティーククロシェレースの見本帳。

チュール刺繍レースの繊細なドイリーたち。


古いバスケットや箱など。

フレーム類も。当店比では半額以下のものも。

その他、可愛らしい小物や雑貨類も沢山です。

今回は、アンティークレースを使った作品を販売しているringoさんの出店にお邪魔してご一緒させていただきます。

数年前からアンティークレースを通じて交流のある素敵な作家さんで、時々我が街リヨンまで遊びにきてくれるringoさん。今年も6月にリヨンでお会いできて、一緒にブロカント散策しました♬

その時に二人でセレクトしたアンティーク雑貨の数々を持っていきますので、パリ祭の雰囲気の中でフランスの蚤の市の空気感をお楽しみください!

京都ルマルシェのイベントは、申し訳ないのですが入場有料となっています。が、それ以上のお得な蚤の市価格のお買い物をしていただけると思いますので、お時間のある方は是非遊びにきてくださいね〜♬皆様にお目にかかれるのが楽しみで今からワクワクしながら準備しています!

🌺 7/16 ルマルシェ [京都百万遍 アンスティチュ・フランセ関西] 15時~20時 ※小雨決行・荒天中止 ℹ️入場有料:前売600円、当日800円

パリ祭の詳細はこちらです。

また、八月には大阪北区のサロンドテ茶摩さんで昨年同様小さな蚤の市を出させていただきます。こちらの方にもたくさーんのアンティークレース、雑貨を用意していますので、7月の京都に来れない方もご心配なく♡ 8/6(日)開催、こちらは入場無料ですよー!

  茶摩で小さな蚤の市vol.5の詳細はこちら

2017-07-11 | Posted in BLOG, フランス蚤の市, 銀色ニュースComments Closed 

 

今年も夏バカンスいただきます。

毎年6~8月に長い夏休みをいただき、ご不便をおかけしておりますが…
今年もバカンスいただきます。

7月と8月の中旬までは日本で過ごし、いくつかの蚤の市イベントにも参加させていただく予定です。
大阪北区のサロンドテ、茶摩さんでも昨年、一昨年のように小さな蚤の市を開催債せていただけることになりました。

【茶摩で小さな蚤の市】
大阪北区のサロンドテ、茶摩さん で8/6(日)に小さな蚤の市が開催されます。
Tea House茶摩

この他にも関西限定になってしまいますが出展させていただけるイベントがあるかもしれません。
決定次第お知らせいたします♪

 

そして…八月にフランスに戻ってすぐに南の島へ行く予定で、リヨンに戻ってきて営業再開できるのは9月になってからになりそうです。
長い期間ご迷惑をおかけするのが心苦しいのですが、家族サービスを優先させてお休みいただきます。

休業中もinstagramやBLOGは随時更新し、新着(あるかどうかわかりませんが…)のお知らせをさせていただこうと思っています。
メールやLINEなども、返信遅めかもしれませんが見ておりますのでお気軽にメッセージくださいね。

なお、WEBショップの方はすでにクローズにしておりますが、個別のご依頼などにつきましても、6月16日(金)までにお取引が完了できるようなスケジュールでお願いすると思いますので、よろしくお願いいたします。

ではでは、だいぶんとフライングですが、皆様もボンバカンス~♡

2017-06-01 | Posted in BLOG, 銀色ニュースComments Closed 

 

Chambrette さんでアンティークレースなどの雑貨を販売中 東京目黒区のギャラリーショップです。

いつもWEB上で皆さんとつながり、フランスからアンティーク雑貨をお届けしている銀色アンティークですが、この度、直接商品を手に取ってお買い物していただける、ショップでの販売(委託)を始めています。

お買い物いただけるのは、目黒区のギャラリーショップ Chambrette です。
作家さんの手によって作り出されたセンスあふれる小物、洋服、アクセサリー…などと並んで、銀色アンティークのアンティークレースがご覧いただけます。

こちらは、毎年 La vie en FRANCE という展示販売イベントでお世話になっているGallery KOMPISさんが、リニューアルしてできたショップ。

ご要望が多いというボーダーレースやレース端布はもちろん、今回は手芸材料としてアンティークのナンバーテープや小さなレースモチーフもお届けの予定です。

また、こちらではワークショップなども開催されているようです。
楽しそうな企画がたくさんですので、ぜひ一度サイトをチェックしてみてくださいね♪


https://chambrette.net/

instagramで新着レース情報をお届けしています♪

ventgroslogo

2017-03-25 | Posted in BLOG, お知らせ, アンティークレース, 銀色ニュースComments Closed 

 

茶摩で小さな蚤の市♪

寒い日々が続いていますが、毎週末は元気に蚤の市に通っています♪
おかげでストックレースの箱がはちきれんばかりに!

そんな中2月に大阪で開催される蚤の市に銀色アンティークのアンティーク雑貨を出品します。
一番ご要望が多いアンティークレースをはじめ、アクセサリーや雑貨をセレクトしました。
夏の蚤の市と違い、私は遠いフランスにお留守番(笑)なので商品のみのお届けなんですが、楽しい茶摩姉妹がお出迎えしてくださいます♪

それではお届け商品を一部ご紹介♡

古びた缶。

 

とり年にちなんで(笑)白鳥のブローチ。

 

いろんなレースを束ねて作ったタッセル。
少しずつ雰囲気が違うので、好みのタイプを見つけてくださいね~

 

カルトナージュのジュエリーボックス。
きっちりとした作りです。

 

もちろんアンティークレースもたくさん!
前回の夏の蚤の市で、レースを求めて足を運んでくださったのにお品切れでご覧いただけなかった方々にぜひリベンジさせていただきたい気持ちです。
本当はこの10倍くらいお届けしたいレースがありましたが、荷物の容量も考えて断念。。。
その代わり選りすぐりました。

 

木製の引き出し。
背後の渋い色合いのかごもお届けしてます♪

ヴィンテージのパーツセット。
いろいろ入って500円♪

アンティークアクセサリーも♪
どれも一点ものですので、お気に召したときは即決をお勧めします(笑)

 

他にもいろいろと楽しいお品をお届けしています。
サロンドテ茶摩さんまで足を運んでくださるお客様に感謝の気持ちを込めて、どの商品もWEBショップでご提供するよりも少しお求めやすい価格にしております。

【「茶摩で小さな蚤の市」Vol.4 &KyakyaManiac】

日時:2017年2月5日(日)
Open/ 11:30~17:00 入場無料
場所:Tea House Chama(茶摩) ⇒アクセス

当日は、自家製天然酵母パンのおちゃめパンさんと茶摩さんの特別コラボランチもあるそうです♪
詳細は茶摩さんのブログでご確認ください ⇒茶摩さんのブログ
この日出展される他の作家さまもこちらでチェックできます。
前回、前々回と楽しくご一緒させていただいた作家さんたちの新作が期待できそうです。

本当に、当日この場に自分がいれないのが残念でなりません。

というわけで真冬の大阪で一日限りの蚤の市、お楽しみに!

 

ventgroslogoshop

 

 

 

いろんな素材が集まったイベント♡

うれし、たのし、素材市vol.9 参加出品します!
La vie en Franceでいつもお世話になっている Gallery KOMPIS さんで開催されるイベントに出店参加させていただきます。
フランスにいるため在廊はできませんが、蚤の市雑貨、アンティークレースなどの「素材」を出品させていただきます。

手芸好きさんに限らず女子にはたまらないお品がたくさん見つかりそうです。
お時間のある方はぜひお越しくださいね。

⇒詳しくはこちら

昨年後半よりご依頼を受けて買い付けセレクトする機会が大変多くなってきました。
こちらのブログやSNSをご覧になって直接ご注文をいただいたり…
メールでの堅苦しいやり取りを省略してLINEで簡単にコンタクトを取ったり写真を見てもらったり…
時代は変わってきましたね♪

それでもいつも変わらず古き良きものを見つけることが出来る蚤の市。
今年も可能な限り通って、胸きゅん雑貨を探していきたいと張り切っています。
このところはアンティークレースばかりでしたが…箱や籠が最近のマイブームでもありますので、何とか送料の壁を越えてお届けできるよう模索しています♪

ventgroslogoshop

2017-01-08 | Posted in BLOG, 銀色ニュースComments Closed 

 

フランスの蚤の市でアンティークレース購入時に気を付けること「アンティークレース用語編」

暦の関係で2週連続お休みになった蚤の市。
さすがに寂しく、どこかそわそわと落ち着かない気分です。

最近はヨーロッパに旅行の際にアンティークショップや蚤の市をスケジュールに入れる方が増えているそうですね。
蚤の市をめぐるツアーのようなものを開催している旅の情報も時々目にします。
ディーラーさんも外国人相手に慣れてきて(笑)英語で対応してくださる人も多くなり、気軽に蚤の市散策を楽しめるようになりました。

しかしながら…
毎週のように通っている蚤の市ですが、それでもやはり時に上手くいかないこと、失敗して凹むことがいまだにあります。
フランスで10年ほどの蚤の市通いを続けてきた中で学んだ「蚤の市でアンティークレース購入時に気を付けること」を覚書的にまとめて、今後蚤の市でお買い物する皆様に少しでも参考にしていただければと思います。

そこで今日は、フランスの蚤の市でアンティークレースを買う時に知っておきたい事項をフランス語単語と共にピックアップ。
「蚤の市でアンティークレースを買う時」と限定的な場面に使う言葉なので、知らない人はフランス人でも「?」な用語もあります。

 

1「アンティークレースはありますか?」

レースはフランス語で dentelle といいます。
アンティークレースを探しているときは「Vous avez des dentelles ancciennes ?」と尋ねます。

 

2レース製品の呼び名

「アンティークレース」と一言で言っても、材料としてのテープ状のレースや衣装の一部に使われていたもの、ドイリーやクロスなどなど…様々な形があります。
古い布 linge ancienne 古布全般をこういう風に言います。ベッドリネンや古着など。
ドイリー napperon 30cmくらいまでのいわゆるドイリーはこのように呼ばれています。
テーブルクロス nappe テーブルクロスもお客様用のものはきれいな刺繍やレースで飾られています。
レース襟 col dentelle 繊細なレースでできた襟の部分だけが売られていることがよくあります。
ペチコート jupon スカートタイプのものはこのように呼ばれます。パンツ(下着)のように使われていた又割れのものもあるので要注意。
胴着 cache corsette 「コルセット隠し」という名称で、女性の胴着です。
部屋着、寝間着 robe de nuit いわゆるネグリジェのようなコットン素材のワンピース型のもの。
ボンネット bonnet 赤ちゃん用のものが多いですが、大人用のも見かけます。頭頂にあたる部分に繊細で美しい刺繍が施されていることが多いアイテム。この刺繍部分の丸いパーツだけで売られていることも。

3レースの種類

フランスの蚤の市で見かけるアンティークレースは、大まかに分けて「ボビンレース」「クロシェレース」「ニードルレース」の3種類が主となっています。
ボビンレース dentelle aux fuseaux 木製ボビンで織られたレース
クロシェレース dentelle au crochet かぎ針編みのレース
ニードルレース dentelle a l’aiguille 刺繍ベースのレース

この中でもさらにvalencienne(ヴァランシエンヌ)やalençon(アランソン)などの種類名称で分類されます。

その他にも…
チュール tulle
チュール刺繍 tulle brodé
刺繍 broderie
カットワーク刺繍 broderie richelieu

 

4詳しくないディーラーさんも

アンティークレースや布物を多く扱っているディーラーさんはこのようなレースの種類について詳しいのは当然なのですが、中にはレースや刺繍についてよく知らない方もいます。
家具や道具類を扱う中でついでのようにレースを並べているような方、男性ディーラーさんに多いです。
細かい違いを訪ねても調子よく「そうそう、貴重なニードルレースだよ!」とか言ってきますが、よくよく見るとクロシェレースだったり(笑)
ディーラーさんの言葉は100%信用しないのが賢い買い物の秘訣かもしれません。

ただし、こんなテキトウディーラーさんはアンティークレースの市場価値に疎いわけで…
繊細で価値の高いアンティークレースをびっくりの安値で売ってくれたりもしますので、ポーカーフェイスで値段交渉してみる価値ありです。
あくまで「こんなぼろい布だから高いわけないよね?」的な態度で押しましょう(笑)

注意点が多すぎてまだまだあるので、続きはその②で!

 

おまけ instagramでプレゼント企画開催中です


アンティークレース&刺繍のドイリーなど10点セットをプレゼント 詳しくはinstagramから!

まだまだ受付中です♪

ventgroslogoshop

2017-01-02 | Posted in BLOG, アンティークレース, フランス蚤の市Comments Closed