フランス蚤の市

アンティークレースフォト日記

今週は秋バカンスが始まり、楽しくも忙しい毎日です。
アンティークレースの買い付けとご紹介がなかなか進まないのですが、作業の合間に撮ったフォトでストックやおすすめをタイムリーに見ていただいています。
便利な時代になりましたね(笑)
最新のフォトをご覧いただくにはinstagramを利用していますので、アカウントをお持ちの方はぜひのぞいてみてくださいね。
@pinoaya


10月16日、蚤の市の収穫。
ミニパニエにアンティークチュールレース。ダメージが多いものの刺繍部分が素晴らしかったので値切って仕留めました♡
持ち帰った途端に二歳児に見つけられ、お買い物ごっこが始まる…小さな手にもぴったりのサイズ感のパニエなのです。


de992c

アンティークレースの収穫が少なかったこの日の蚤の市。
リヨンの蚤の市はお手頃価格で良品が手に入るのが魅力だったのに、少しずつ少しずつ様変わりしてきています…
良いレースに出会っても売る気がないかのような高値を付けられては残念だけどあきらめるしかなく…涙
でもお天気が良くて気持ちの良い蚤の市日和でした♪
次回こそはいい出会いがありますように♡♡♡


%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

古い帽子の木箱の中からくしゃくしゃのレースがいっぱい出てきて息が止まりそうになった思い出♡
値段交渉もうまくいき、ムッシューの気が変わらないうちに急いでGET(笑)
家に持ち帰り一枚ずつきれいに広げてみたら想像通りなかなかの上質レースが揃っていて、その日二度目の呼吸困難に。
アンティークレースばかり探していた蚤の市だったけど、この日偶然我が家にやってきた帽子の木箱は整理整頓に、小さな台に、撮影小道具に…と大活躍で今ではなくてはならない存在です。
蚤の市って本当に宝探しのようですね♡


05

縦でも横でも寝かせても使える優れもの。
こういうのずっと探していたけれど、蚤の市でやっと出会えた♡
深い木の色味がたまりません。


img_2773

今週木曜日から秋バカンスが始まり子供たちの学校がお休みになってしまいます。。。
2週間の長いバカンス、どうやって過ごそうか、楽しみなんだけど溜息(笑)
バカンス前の静けさをしみじみと味わいつつ、ストックしているアンティークレースの撮影を進める午後のひとときです。
🌿 🌿 🌿


img_2846

洗礼式で使われたボンネット。小さく愛らしい薔薇の飾りが上品についていて、シフォンのふわふわした感じがなんともいえない空気感を作っています。
こういうふわふわしたものを見ていると本当に癒される…
チュールのスカートとか、実用的ではないと分かっていてもつい娘に着せたくなる…笑
🐩🐩🐩 #アンティークレース


秋のバカンスが始まったフランス、リヨン。
今日は特に予定もないのでゆっくりと朝寝坊して、ゆっくりついでに朝食にパンケーキなど焼いてみた。
子どもたち大喜び♪
おうちフォトにいつも登場するこのレースは私物にしちゃったお気に入り。


02

リボンとレース、フリルで装飾されたオモニエール。これも洗礼式や聖体拝領などの儀式のコスチュームの一つ。ハンカチを入れたらいっぱいになりそうなサイズ感がますます愛らしい、カトリックの盛装を引き立てる小さなポシェットです。
このオモニエールは聖体拝領で身に着けたドレスや腕飾りなどと一緒にきれいな(でもボロボロな)箱に大事にしまわれていました。
家族に代々受け継がれてきたであろう大切な箱を明ける時のドキドキ感と共にお届けできたら嬉しいです♡


03

11月に東京で開催されるLa vie en Franceというイベント。
毎年参加させていただいて今年で4回目になります。
この準備をこつこつと進めながら、今回もお誘いいただいて参加できた事に感謝♡
フランスをテーマに様々な作家さんが表現する世界が素敵なLa vie en FranceⅣは11月22日~27日まで開催されます♪
目黒区の都立大学の近くにある、ギャラリーKOMPISさんに、どうぞ足を運んでみてくださいね。
私は在廊していませんが、フランス、リヨンからアンティーク雑貨をたくさん届ける予定です♪


01

大き目のつけ襟はふわりとかけているだけでエレガント。
つけ襟を留めるのに、アンティークのイヤリングが便利です。
蚤の市できれいだけど片方だけしかない半端なものを安く譲ってもらい、ちょっとしたレースを留めるのに使っています♡
ここ数日ですっかり寒くなったリヨン。
朝晩は白い息がでますが、明日の蚤の市も早起きして張り切って行ってまいります♪


16

田舎のおばあちゃんのおうちの寝室などには今でもこんなレースのランプシェードがあったりします。
柔らかい光を通したレースの影を見ながら、いい夢が見れそう。


と、レースに囲まれた毎日です。
こんなアンティークレースフォト日記をinstagram@pinoayaで記録していますので見に来てくださいね♪

また買い付けのご依頼は随時承っておりますが、個人で運営しているショップのためご依頼が立て込んでいるときは少々お待ちいただく場合があります。
今ご依頼をいただいた場合は、11月10日頃以降にセレクト開始のスケジュールとなります。
毎週末に仕入れを行っておりますので、ご依頼いただく際には余裕を持った日程でお話いただけると、ご満足いただけるお品をお探しすることが出来るかと思います♪
良レース続々にゅうかしてますよ!

ventgroslogo

shop

 

2016-10-22 | Posted in BLOG, アンティークレース, フランス蚤の市Comments Closed 

 

理想の椅子を求めて。

わたくし事ですが、この夏引っ越しをしました。
新居で暮らし始めて数週間が経ちましたが、なにかと段取りの悪い引っ越しだったためまだ部屋のあちこちに段ボール箱が積み重なっている状態です。
クローゼットの棚板や引き出し、バスルームの収納やタオルかけなど、生活必需品がまだそろっていない不便な生活が続いています…

中でも一番不便なのはダイニングの椅子がない、という事。
今まで使っていた古い椅子はクッション部分の皮が破れているひどい状態なので引っ越しを機に買い替えようと思っていましたが、椅子ってなかなか選ぶのが難しく…
いろんなお店を見ましたがまだ決めかねているところです。
サイズ、材質、デザイン…とこだわりだすとどれもピンと来ないのです。

それなら新品ではないけれど蚤の市で見かけるレトロな椅子はどうだろう?と探してみることに。

ga01

シンプルでなかなか素敵な椅子たち。
同じものがそろっていないためお手頃価格です。
やはり大文と使い込んだ感は否めませんが、元々丈夫な作りでしっかりとしています。
これなら子供らが多少乱暴に扱っても、汚してもストレスを感じずに済みそう。

 

ga02

こちらは元々どこかのカフェで使われていた椅子たち。
数がそろっているどころか30脚もあるそうです!
使い込んだ感はありますが手入れが行き届いた艶がきれい。

 

ga03

今回見た中で一番気に入った椅子たち。
木目や曲線具合、足の細さなど文句なしに素敵でした。
有名な家具メーカーのものらしく、なかなかのお値段だったため購入には至りませんでしたが、予算内だったら家族に相談もせずに独断で買って担いで帰ったかも(笑)
そのくらいひとめぼれしました♡

 

ga05

他にもレトロなものから重厚感漂うアンティーク品まで、蚤の市ではたくさんの椅子が売られています。
上質なものは丁寧に大事に使われていたためきれいな状態で残っているものも多いようです。

 

ga04

中にはこんなものも…
木の枠組みが素敵ですがクッションと布地の部分はボロボロ。
こういうボロい椅子が売られている場合横にさりげなく貼り換え屋さんの宣伝チラシが置かれていたりします。
そうやってまた生まれかわった古い椅子が大切に大切に使われていくのか…と思うとなんだか嬉しくなりますね。
今までも何人も持ち主が変わり違う布地がはられ、違う人の癒しのひと時を支えていたのでしょうか。

結局のところ決断は保留となり、また椅子なしの生活が続くことになりました、とほほ。
かなり不便ではありますが、こうなれば急がずに納得のいく理想の椅子を探し続けようと思います。

銀色アンティークWEBショップは長らくの間夏バカンスと移転作業のためにお休みしていましたが、先日より営業を再開しております。
現在は一番ご要望が多いアンティークレースのみ。
徐々にカテゴリーを増やしていく予定です。
ご不便をおかけしますが、お待ちいただいたかいがあったと思ってもらえるようなお品を取り揃えようと思っていますのでお楽しみに。

ventgroslogoshop

 

2016-09-08 | Posted in BLOG, フランス蚤の市Comments Closed 

 

レース不足の蚤の市!

8月7日、サロンドテ茶摩さんで開催された1日限定の蚤の市は、大盛況の中無事に終了しました。

暑い中お越しくださった皆様、ありがとうございました。

11時半の開店と同時に、用意していたアンティークレースが飛ぶように旅立って行き…ディスプレイしきれなかったアクセサリーや雑貨類も気づけば品薄に。

午後からゆっくりと来て下さった方には、残念ながら十分な商品をお見せする事ができない事態となってしまいました。

小さなレースモチーフも大人気でした♪


せっかくアンティークレースを求めて足を運んでくださったお客さま、レース不足の蚤の市となってしまい申し訳ありません。次回はもっとたくさん運んでこようと心に誓いました。

蚤の市らしい雑貨も最後には空っぽに…


普段はウェブ上でしか交流する事が出来ないアンティーク好きな方々とお会いできるこの日をわくわくしながら待っていましたが、想像していたよりずっと、楽しく充実した1日となりました。

次回のお話やリクエスト等、たくさんのご縁もありました。慣れない出店で不手際もあったかと思いますが、本当にありがとうございました!

2016-08-08 | Posted in アンティークレース, フランス蚤の市, 銀色ニュースComments Closed