アンティーク雑貨

個性的なアクセサリー Kasiさん

アンティークボタンの特徴を見事に生かしたアクセサリー…

kasi008 kasi009 kasi010 kasi001 kasi002 kasi003 kasi004 kasi005 kasi006 kasi007

createur : Kasi
アートクレイシルバーを中心とした、様々な素材を使い アクセサリーなどを制作していらっしゃいます。
洗練されたデザインが魅力で、各所で個展を開催されていらっしゃるだけあってボタンの雰囲気を見事に生かしたオリジナルの作品が生まれてきました。
すてきな作品に仕上げてくださってありがとうございました♪
他の作品はKasiさんのWEBサイトでごらんくださいね。

銀色アンティークの手芸材料を使って個性的な作品を作ってくださっているハンドメイド作家さまと作品をご紹介させていただいております。

2011-02-11 | Posted in アンティーク雑貨, 雑記Comments Closed 

 

大人可愛いレース使いの布鞄 sacsac reci’tさん

柔らかい色合いの布作品を作ってくださいました。

g_antique

 createur : sacsac reci’t

ボタン部分にアンティークの狩猟ボタンを使ってくださっています。
ナチュラルで優しい風合いの素敵な作品です。
すもーきーな色合いの布がアンティーク素材をよくマッチしているなぁと感心しました。

すてきな作品に仕上げてくださってありがとうございました♪
他の作品はsacsac reci’tさんのWEBサイトでごらんくださいね。

銀色アンティークの手芸材料を使って個性的な作品を作ってくださっているハンドメイド作家さまと作品をご紹介させていただいております。

2011-02-11 | Posted in アンティーク雑貨Comments Closed 

 

アンティークボタンのアクセサリー qza(キューザ)さん

qza(キューザ)さま がアンティークボタンを使ってすてきなアクセサリーを作ってくださいました。

昨年のハンドメイド企画にも参加してくださって、オリジナリティーあふれる数々の作品をお見せいただいた作家さんです。
アンティークボタンのアクセサリー2010
今年は、洗練された女らしい雰囲気が印象的な作品です。
いつも小さなボタンの中から素敵なストーリーを生み出してくれるqzaさんの他の作品はWEBサイトからご覧くださいね。

アンティーク素材を使ったハンドメイド作品

 

モノクロ+淡い着彩

アンティークなポストカードを新しく17点UPしました。
今回は新年を祝うカードと、春の復活祭を祝うものが中心です。
モノクロ写真に淡く色づけされたノスタルジックで幻想的なカードと、流れるような書体で書かれた心のこもったメッセージ…
どちらも時の流れを感じさせてくれる美しさです。
一部をご紹介♪

仲のよさそうな兄妹。
背景も素敵です。

美形の少女。
ポストカードのモデルの少女は皆かわいらしいのですが、彼女は群を抜いて綺麗な顔立ちです。

赤いリボンの少女。
個人的に一番気に入ってる一枚。
大きな赤いリボンとワンピース、背後の湖の風景…心惹かれました。
近頃はペンを取って手紙をしたためる事が少ない時代になってきました。
だからこそ余計に、カリグラフィのような美しい字体に目が行くのかもしれません。
中には『達筆』過ぎて読めそうもないものもあるのですが…
それでもペン先にインクを浸して書かれた抑揚のある文字がそれだけで芸術品のようにも見えるのです。
そんな風に誰かを想う心のこもったメッセージが書かれた美しいカードたち。
見ているだけでも楽しくなってきます。
よろしければ是非ご覧くださいね。
アンティークポストカード

2010-12-14 | Posted in アンティーク雑貨No Comments » 

 

あったか素材と貝カフス Cafe Completさん

素材や風合いにこだわった編み物作家のCafé Completさんからも素敵なハンドメイド作品の画像が届きました。
あたたかいおうち小物、ルームシューズです。

ストラップを留めるボタンの代わりにヴィンテージのカフスを使用してくださいました。

この使い方のアイデアはとっても斬新。
ワンポイントのアクセントになるだけでなくカフス特有の作りを利用してサイズ調整まで出来てしまうのだそうです。
またカフスに使われている貝は装飾性の高いもので、あたたかそうな毛糸と相性抜群に輝きを発しています。
HP⇒ Etsuko Art Embroidery

アンティーク素材を使ったハンドメイド作品、ほかにもあります!

 

レースを使った紙雑貨 紙成鳴美さん

先日より開催していましたハンドメイド企画ですが…
早くも当店のアンティーク材料を使った作品が完成しております。
いち早く画像を届けてくださったポップアップアート作家の紙成鳴美さんの作品をご紹介いたします。
作ってくださったのは誕生日のポップアップカード。

表紙の部分にアンティークレースを使ってくださいました。
レースの雰囲気を生かしてくださって、感激です♪

使っていただいたのはこのレース。
ニードルレースの技法で作られたギュイピールレースです。
細かいステッチと立体感あるボリュームが魅力です。

カードの中身はこのようになっています。
エレガントでかわいらしく、優しい雰囲気が伝わってきます。
お誕生日にこんなにこだわりの詰まった素敵なカードを贈られたら嬉しいですよね♪
ポップアップアートは紙を材料とした『紙雑貨』のイメージが強いですが、こんな風にレースや他の素材を合わせてもバリエーションが広がるのですね。
紙成鳴美さんの作品はこちらのページでご覧になれます。
紙成鳴美’s Pop-Up World

アンティーク素材を使ったハンドメイド作品

 

恋文

クロードからメラニーへ…
メラニーからクロードへ…
幾度となくやり取りされた、甘い愛の言葉がちりばめられた恋文。


2人が主役の映画を見ているかのような、温かい気持ちにさせられるラブレター。
幸せをほんの少し分けてもらえそうな予感のするカードたちです。
メラニーとクロードの恋文は全部で4枚あります。
別売りですが、4枚並べて彼らの歴史を感じ取っていただきたいお品です。
アンティークポストカードは、明日2010年10月2日土曜日より販売開始です。
お見逃しなく♪
※これまで毎月最終日曜日にまとめてご紹介していた新商品ですが、しばらくの間不定期更新とさせていただきます。
ブログやツイッターで予告をさせてもらいますので、気になる商品はお見逃しないようチェックしてみてくださいね♪

2010-10-01 | Posted in アンティーク雑貨No Comments » 

 

アンティークのポストカード

今回は紙モノ、アンティークのポストカードをご紹介します。
ほとんどが個人的な好みで蒐集したものですので、多少雰囲気に偏りがあるかも知れませんが…

綺麗な瞳に吸い込まれそう…
柊を手に持って新年のご挨拶です。

くるくる巻き毛とむちむち加減がたまらなくかわいい女の子。
ブーケの優しい色合いも素敵♪

ドレスを纏い粉雪に彩られた優雅なマドモワゼルの姿。
幻想的なセピア色のカードです。
気になるのは写真部分だけではありません。
宛名やメッセージが書かれた逆面も私的には重要なのです。
やはりペン先か万年筆を使って書かれているものがたまりませんよね。

奥様から戦場の旦那様へ宛てられた恋文。
小さなポストカードに収まりきれない想いが、溢れてくるようです。
当時はカードにこのように斜めに文章を書くのが流行していたようです。

美しい字体がもはや芸術的。
ボールペンでは到底表現できない優美な流れるような文字にうっとりしてしまいます。
美しいカリグラフィーのような字体を見ていると、自分の悪筆が悲しくなってきますが…
これらのポストカードたちは2010年10月2日土曜日朝に公開UP予定です。
20点ほどですが、銀色目線で厳選したものばかりですので、ぜひご覧くださいね。
※これまで毎月最終日曜日にまとめてご紹介していた新商品ですが、しばらくの間不定期更新とさせていただきます。
ブログやツイッターで予告をさせてもらいますので、気になる商品はお見逃しないようチェックしてみてくださいね♪

2010-09-29 | Posted in アンティーク雑貨No Comments » 

 

珈琲袋&砂糖袋

紙モノ好きな乙女も多いと聞きますが、そんな方にはたまらない古い紙袋のご紹介です♪
その昔ビニールのパッケージなど使われていなかった頃の珈琲袋&砂糖袋。
お砂糖は今でも紙袋で売られている事が多いのですが、素材が現代のものとはやはり違います。

未使用品ですので、古い割にはしゃきっとしたお姿。
手づくりお菓子のラッピングやキッチンで活躍するのはもちろんの事、
アイデア次第でたくさんの使い道が広がっていきそうですね。
カフェ袋&砂糖袋、1枚づつの2枚セットで販売中です。

2010-06-03 | Posted in アンティーク雑貨No Comments » 

 

英国缶 vs 仏国缶

『缶』が気になる今日この頃…
何気に集め出して気付けばどっぷり魅力にはまっている…というパターンに陥りそうな予感です。
形、デザインも様々で元々何が入っていた缶なんだろう?なんて考え出すとわくわくしてしまいます。
歴史や希少価値など気にせずに単純に気に入った雰囲気のものをチョイスできる気軽さが人気の秘密なのかもしれません。
そんな私が選んだ缶は…

スモーキーなブルーグリーンがエレガント
優しいお花や縁取りが全体的に女らしい雰囲気を出しています。
程よく古びた感じが目と心になじみます。

英国生まれ

八角形の桃色缶
こちらも英国製です。
女心をくすぐる色合いと薔薇モチーフ、金飾り…
乙女の心をわしづかみにしてくれる要素が満載のかわいらしい缶です。
かわいらしさの中にも大人っぽさが見え隠れし、元の持ち主が長い間ずーっと大切にしていたんだろうな…と想像が膨らみます。
こちらもやや古びた感がありますが、鮮やかな色合いを包み込み上手くマッチしています。

ロワイヤルなミニ缶2個
深いブルーと濃紺地に描かれたロワイヤルな図柄がエレガントなデザイン缶。
小さいながらも上品な存在感があります。
こちらも英国製。
古びた感じはほとんどなくとてもきれいな状態です。

黄色がかわいらしい丸缶
黄色いボディに金文字ロゴデザイン…
かわいらしくもあり、かっこよくもあり何ともバランスの良いハイセンスにまとまった缶です。
こちらは、なるほどフランス製。
英国製のフェミニンさとは一味違った小洒落た感じが漂います。
どうやら英国製のものが好みのようですね、私。
あの上品で女らしい雰囲気と古びたアンティーク感のアンバランスさがたまらないのかもしれません。
英国缶 vs 仏国缶。
皆様はどちらがお好みでしょうか?

2010-05-19 | Posted in アンティーク雑貨No Comments »