アンティーク雑貨

フランス中が白く可憐な花であふれる日

5月1日はメーデーの日。
毎年祝日で町中のショップやレストランもクローズします。
この日はフランスではすずらんを贈り合う素敵な習慣があります。
相手の幸運を願い「幸運の訪れ」や「無垢な美」などの花言葉を持つこの花を贈るのだそうです。

ほのぼのとして可愛らしいこの風習ですが、元は16世紀に王族や貴族の間で始まったと言われています。
男性が女性のドレスのボタン穴にすずらんを刺し愛の告白を行っていたのだそうです。
何だか日本のバレンタインでーみたいですね(笑)
そしてこのため出会いの場として「すずらん舞踏会」が開催されていたという話もあるそうです。
さぞかし華やかで活気に満ちたサロンだっただろうと想像が膨らみわくわくしますね。

現在は5月1日には街中でいろんな人がすずらんの小さなブーケを販売しています。
普段はものを販売するのには特別な許可をとる必要があるのですが、この日は誰でもどこででもすずらんを売っても良いと法律で決められているのだそうです。
花屋さんの店先はもちろんの事、パニエにすずらんのブーケをたくさん入れて道や広場で売る家族やおばあちゃんの姿も見かけ、誰から買おうかな?と迷うのも楽しみなのです。

またフランス以外のヨーロッパ諸国でもこの季節に春を祝うお祭りが多く行われており、花が咲き乱れる初夏に心躍る人々の気持ちが見て取れます。
特別な理由がなくてもお花を見ると心が明るくなるのはどの時代もどの国でも同じこと。
皆さんも大切な人に日ごろの感謝の気持ちと共にお花を贈ってみるのはどうでしょうか?

さて、銀色アンティークでは新着商品の販売をしております。
アンティーク銀カトラリーとアンティークタブロを取り揃えました。

カトラリーは大変人気でリクエストも多い商品です。
銀の輝きはシンプルなデザインでも食卓に華を添えてくれますが、せっかくのアンティーク品ですのでアールヌーボーの色が強く残っているさらに華やかなデザインのものをセレクトしました。
背面のデザインが凝ったものは当時のフランスのテーブルマナーの名残ですので、フランス製品の特長です。
ぜひご覧ください。

 shop
ventgroslogo

 

あなたならアンティークフレームに何を入れますか?

実用的な雑貨としても人気のアンティークフレーム。
大切な写真を飾るほかにも刺繍やレースをディスプレイしたり、大好きな絵やイラストを入れてみたり。
アンティークならではの雰囲気を生かした使い方がたくさんあります。

現在新着商品でご紹介しているフレームを3つご紹介。
メタリックな素材のアンティークらしさがにじみ出たお品です。

まず一つ目は…カテドラルを象ったスタンドタイプ。

z078b

細工が繊細で目を引きます。
扉がついており、その扉部分には聖心を指し示すイエスキリストと聖母マリアの姿が描かれています。
聖品としても荘厳な魅力に惹きつけられます。

メタルがいい具合に古びた色合い。
何度か修理された痕跡があるのですが、正面のプレートはかなり古いものだと推測できます。
聖品は手間を惜しまずに上質な素材を使って作られているものが多く、このような小さなものでも存在感がにじみ出ています。

z078a

扉を開けるとメダイが。
アルスの司祭だった聖ヴィアンネーで、彫刻家の名前がサインされた立派なメダイです。
信心深いカトリック信者の方が元の持ち主さんだったんですね。
ベッドサイドにおいて、朝晩祈りをささげる癒しの存在だったのでしょう。。。

z078f

カトリック信者ではない方でも、もちろん使っていただけます。
裏面は上部にスライドして取り外すことが出来ます。
お気に入りのものをディスプレイしてください。

メタルアンティークフレーム(聖ヴィアンネーのメダイ付) Metal antique frame with medaille [z078]


 

 

二つ目は真鍮製のフラットタイプ。

z076a

アンティーク感あふれる古びた風合い。
シンプルですが、真鍮の色合いやくすみ具合がたまりません。
内部にはたくさんの薔薇を手にした天使たちに祝福される聖母子の姿が。
ほんのりと温かみのある色で見ているだけで心が安らぎます。
これはホーリーカードをフレームの中に入れてあるのですが、もちろん取り換え可能です。

z076e

フレームの内部にもこだわりが。
ゴールドのエンボス紙で丁寧に額装処理されています。
品があり大人っぽい華やかさが強調されています。
大切に扱われてきたお品特有の温かみも。

真鍮製アンティークフレーム Brass antique frame [z076]


 

三つめはゴールドカラーのスタンドタイプ。

z077a

可憐な花がデザインされたエレガントな雰囲気が魅力。
小さめですが、愛らしい輝きが存在感を出しています。
小さな刺繍やレースを飾るのに使いたいサイズ感。

メタルアンティークフレーム Metal antique frame [z077]


フレームはあくまで中身の写真や絵画を引き立てる脇役です。
が、アンティークのフレームには中身以上の価値があるものも存在することも。
素敵なフレームと、それ以上に大切な「何か」を、ぜひお部屋の片隅に飾ってみてくださいね。

 

【セールのお知らせ】

2016年1月30日(土) から銀色アンティークWEBショップでソルドを開催いたします。
ショップ内商品を割引価格でお買い物していただくチャンスですのでお楽しみに♪

shop
ventgroslogo
Antique blog ranking 雑貨ブログ アンティーク雑貨

2016-01-12 | Posted in BLOG, アンティーク雑貨, 商品紹介Comments Closed 

 

プリンセス

おかげさまで、無事に日本に到着しました。

子連れの飛行機移動は大変でしたが、いろんな人の手助けがあり感謝の気持ちでいっぱいです。

いつもなら日本に着いた途端「暑〜い!」と言ってますが今年は涼しく、逆にリヨンが猛暑のようです。
さてさて、日本帰国直前に行った蚤の市で出会ったプリンセスなアイテムのご紹介です。

  
小さめのプリンセスミラー♡

華やかなフレームが何とも素敵で、間違いなくお部屋をプリンセスな雰囲気にデコレーションしてくれます。

以前はたくさんのミラーをコレクションしてたのですが、久々のデコアイテムとの出会いとなりました。
  
ヴィンテージビーズのネックレス。

フランスっぽいボリューム感です。

フランスのマダム達のアクセサリーとお洋服の組み合わせのセンスは抜群だといつも感心していますが、シンプルなウェアにこのようなネックレスで華やかさを出すのは定番のスタイル。
 
模造パールのネックレス。

ボリュームたっぷりの三連です。

こちらもシンプルなウェアにベストマッチしそうです。

ワンピースなどと組み合わせたら、少しフォーマルな場でも恥ずかしくない華やかさがありますね。

もちろん、ジーンズとシャツなどのカジュアルなお洋服のアクセサリーとしても好バランスです。

普段使いにも、特別な装いにもどちらにも使えそうな、プリンセスアイテムなのです。
これらのお品は、8月2日の蚤の市に持っていきます。

お近くの方はぜひ遊びに来てくださいね!

茶摩で小さな蚤の市

8月2日(日)11:30〜17:00 入場無料

場所:Tea House 茶摩 http://chamatea.com/

大阪市北区浪花町6-2 FleurArakawa (2F)